■学 歴

1967年 4月 お茶の水女子大学文教育学部入学
1971年 3月 同大学文教育学部卒業(英米文学専攻)
1982年 6月 米国ニューヨークのコロンビア大学入学
1983年 8月 同大学修士課程(MA)修了
(フルブライト奨学生、比較教育学/女性学専攻)
1987年 4月 上智大学法学部学士入学
1987年 7月 同大学法学部中退
1996年11月 ノルウェー国立ヘードマーク大学客員研究員
1997年 2月 同終了 (ノルウェー自治体における女性の地位を調査研究)

 ■職 歴
1971年 4月 (財)国際文化会館企画部員(74年3月まで)
1974年 4月 私立桐朋女子中・高校英語科教員(78年3月まで)
1978年 4月 東京都立高校英語科教員(野津田高、駒場高を歴任)(87年2月まで)
1987年 5月 東京都議会議員1期目就任
1989年 7月 東京都議会議員2期目就任(93年6月まで)
1995年 4月 仏教大学社会福祉学科非常勤講師 (96年まで)
1997年 4月 法政大学法学部政治学科兼任教員(00年3月まで)
2000年 9月 豊中市男女共同参画推進センター「すてっぷ」館長
2001年 8月 武生市男女共同参画センター名誉館長(02年3月まで)

1993年 6月 以降は、新聞などのメデイアに女性政策の評論を発表し、年数十回の講演をこなし、大学で「フェミニズム論」を担当。同時に海外に年2~3回調査に出かけるなどの活動を続けている。

 



PROFILE 
BOOKS 
ARTICLES & ESSAYS 



サイト内の一切の画像・文章の
無断転載を禁じます

Copyright (c) 2001
MARIKO MITSUI WORLD
bekokuma@hotmail.com

MAIL HOME
 
 ■社会活動歴
1970年代
  • 「家庭科の男女共修をすすめる会」「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」「日本婦人問題 懇話会」会員
  • 教職員組合婦人部として教育現場の男女平等推進に携わる
1980年
  • ミニコミ誌『団地のおんな』を創設し編集発行
1982年
  • アメリカで女性団体に入り議会ロビー活動学ぶ
1983年
  • 「わたしたちの男女平等法を創る会」に加わり、男女雇用機会均等法の市民案提言をする
1989年
  • 米政府招聘による全米女性指導者・政治家との交流プログラムに参加
  • ・ ノルウェーの男女平等オンブッド(オンブズマン)事務所を日本人として初めて訪問。同国クオータ制とオンブッド制を日本に初めて紹介し普及活動開始
1991年
  • ノルウェー政府招聘による同国女性政策の視察調査
1992年
  • 「全国フェミニスト議員連盟」創設に加わり初代代表
  • 「アジア太平洋女性政治センターCAPWIP」(本部マニラ)創立に加わり理事に
  • 米政府招聘による全米3州での巡回講演会「変わりゆく女性の役割」講師。エミリーズリストを訪問し日本に初めて紹介する
1993年
  • 日本国憲法に男女平等条項を書いたベアテ・シロタ・ゴードンの講演会を日本で初めて企画主催
  • ワシントンで開催された「開発と女性国際会議」(主催AWID)のセッション「女性と政治」にて日本代表として講演(アジア財団招聘)
1994年
  • 欧州委員会(EU行政部)招聘によるEU女性政策機構の現地調査、取材
1995年
  • ノルウェー政府招聘による同国男女平等推進行政の調査
  • 『女性ニューズ』(全国婦人新聞社)特派員として第4回国連世界女性会議に参加し取材報道(北京)
  • ノルウェー子ども家族相とその夫による男女平等施策についての講演会の企画・招致(主催兵庫県)
1996年
  • 日米比3カ国「女性の職場問題共同研究」日本代表団一員
  • ノルウェー男女平等オンブッドを招き国際シンポジウムを企画、運営(東京/大阪/秋田)
1997年
  • 女性議員ゼロの自治体を減らす「なくせ!女性ゼロ議会」プロジェクトの企画に加わり全国運動を組織
  • ノルウェー男女平等の政治視察を企画し訪問団リーダーとなる
1998年
  • 「女性連帯基金」の創設に関わり理事(副代表)
  • 国際会議「女性政治家のためのグローバルネット」(於マニラ)日本代表団団長
1999年
  • 「99女性と政治キャンペーン」の企画に加わり地方に女性議員を増やす運動を組織化。『99女性と政治キャンペーン報告書』(同事務局発行)編集に携わる
  • internetによる女性の意見交換の場「fem-net」世話人
  • 子育て中のノルウェー女性国会議員(政党党首)を招きシンポジウム「ノルウェー男女平等のヒミツ」を企画運営(東京/九州/仙台)
2000年
  • ドイツ選出EU議会議員を招き日独シンポジウムの企画運営(東京/神奈川)
  • ノルウェー国会議長と男女平等オンブッドを招きフォーラム「こうして創った世界一男女平等の国」を企画運営(東京/京都/高知)
  • 日本初の「女性と選挙」に特化したホームページ開設に関わる
    http://www1.jca.apc.org/fem/senkyo/
  • 「50対50キャンペーン」という女性議員を全体の50%に 増やすプロジェクト創設に加わる
2001年
  • ノルウェー国王夫妻来日記念講演会にて「サーモンより美味しい土産品」講演(ホテル・ニューオータニ)
  • 「ノルウェー男女共同参画ツアー」を企画し、ホライゾン(日本)とCome2(ノルウェー)旅行会社の手配により視察団20人のツアーリーダー
  • スカンジナビア政府観光局と連携し、セミナー「スカンジナビアからのメッセージ:女性の視点で語る」を企画。大阪、東京、長野、富山を各地女性団体と共催で巡回講演。