「発達障害児者の問題行動」

その理解と対応マニュアル

1997年暮から書き始めた標記の本がついに完成しました。バージョン1.5
から5年もかかっての改定です。今度は、電子版はありません。
図や表をたくさん入れて読みやすくしようと試みております。


どんな形式の本なの?

左の写真のような表紙です。
パステルカラーで、抽象的な矢印が特徴的な顔をしています。タイトルは、「発達障害児者の問題行動」になりました。そして副題が、「その理解と対応マニュアル」です。オーソドックス路線です。
表紙以外はすべて白黒です。
分量は、B5版で約90ページです。図や表もたくさん入っているので、一気に読める分量です。

どうやったら手に入るの?

一般の書店で入手可能です。ただし、このての本を生真面目においている書店は最近少ないので、注文になると思います。

書名:発達障害児者の問題行動(その理解と対応マニュアル)
著者:志賀利一
発行所:筒井書房
ISBN:4-88720-268-7
価格:\1,100+税

また、下記にFAXで注文する方法もあります。スピードなら、こちらが有利です。

FAX:03-3991-9634
「スペース96」宛に上記の書名ならびに著者名を(希望する冊数も)記入し、送信すると、振込用紙つきで郵送されてきます。発行元のエンパワメント研究所の所在地ですから、常に在庫ありです。

ところで内容は?

目次は次の通りです。

イントロダクション

  • 5つの事例
  • マニュアルの目的
  • 問題行動とは
  • 問題解決の流れ
  • 理論的な背景

Chapter 1 PLAN(計画)

  • 行動に名前をつける
  • 常用を整理する
  • 問題が続いている原因を取り除く対処計画
  • 予防的な対処計画
  • 計画の検証
  • 対処の決定


Chapter 2 Do(実行)

  • 実行する
  • 記録をつける
  • 予測しなかった事態に対処する


Chapter 3 See(評価)

  • 記録を整理する
  • 継続か修正かを決定する


Chapter 4 Tips(事例集)

  • 問題行動が起きない分析
  • 計画的な無視の効果
  • 周囲が許容できる戦略
  • 問題が小さいうちに
  • 何が関係しているかわからない
  • コミュニケーションアプローチ
  • 奇抜なアイデアに溺れない
  • 多様な専門的意見


これからが本当のスタート

  • 問題行動をなくす名人はいない
  • 長期的なゴールを設定する

参考資料

付録

けっこう、すっきりした構成にしました。事例も豊富にとりあげ、親しみやすくしたつもりです。


(おまけ)

3月はじめには、分担執筆した「ジョブコーチ実践マニュアル」が出版されます。こちらも、エンパワメント研究所出版となりますので、問い合わせ先等は、上記と同様です。ご期待ください。


戻る