会社設立手続き、会社設立登記は自分でできます。株式会社設立の方法を12のステップで解説!

会社設立手続きを自分でやる!





 9. 会社設立登記の申請



| 登録免許税の納付 | 設立登記申請書類の綴り方 | 会社設立登記の申請 |

法務局へ提出する書類一覧
 @ 法務局へ提出する書類
  • 会社設立登記申請書
  • 登録免許税貼用台紙(収入印紙貼付済みのもの)
  • 定款(認証を受けたもの)
  • 払込があったことを証する書面
     (内容は「4.出資の履行」を参照)
  • 資本金の額が会社法及び会社計算規則の規定に従って計上されたことを証する書面
  • 就任承諾書
  • 取締役の印鑑証明書
    取締役会設置会社は、代表取締役の印鑑証明書
  • 委任状
  • 印鑑届書
  • OCR用申請用紙
 A 必要に応じて追加する書類
  • 設立時取締役及び設立時監査役の選任を証する書面
  • 設立時代表取締役の選定を証する書面
  • 設立時代表取締役の就任承諾書
  • 発起人の一致を証する書面
  • 設立時取締役(及び監査役)の調査報告書
  • 検査役の調査報告書
  • 財産引継書
  • 会社設立につき官庁の許可を要するときは、その許可書又はその認証がある謄本
  • 株主名簿管理人を置いたときは、その選任に関する発起人の過半数の一致があったことを証する書面及びその者との契約を証する書面


登記申請書類のまとめ方
 登記申請書類は、ひとまとめにして管轄法務局の商業登記の窓口に提出します。  書類のまとめ方は、まず次のように第1グループと第2グループに分けてそろえます。  第1グループは、会社設立登記申請書を一番上に、次に登録免許税の印紙貼用台紙、 その後に他の添付書類をまとめ、委任状を最後にしてホチキスで留めます。  ホチキスの針が通らない場合はこより等で結んでも構いません。  第2グループは、ホチキス留めをせず、ただ重ねます。  最後に、申請書が一番上になるように第1グループと第2グループを重ね、 クリップでまとめて完成です。  なお、会社設立登記申請書に押す申請人または代理人の印鑑で、 会社設立登記申請書と印紙貼用台紙に契印をするのを忘れないで下さい。 しつこいようですが、くれぐれも収入印紙自体には割印はしないで下さい。
第1グループ 第2グループ

  • 会社設立登記申請書
  • 登録免許税 収入印紙貼用台紙
  • 定款(謄本)
  • その他、必要に応じた添付書類

  • OCR用申請用紙
  • 印鑑届出書


会社設立登記申請書1
会社設立登記申請書2
会社設立登記申請書3

copyright (c) 会社設立手続きを自分でやる!