会社設立手続き、会社設立登記は自分でできます。株式会社設立の方法を12のステップで解説!

会社設立手続きを自分でやる!





 4. 設立時役員の選任



| 取締役及び監査役 | 代表取締役 |

取締役会非設置会社の場合、代表取締役の選定は任意です。

代表取締役

 代表取締役を選定する必要があるかどうかは、取締役会を設置する会社であるか否かで異なります。

(1) 取締役会を設置しない会社の場合
 取締役会を設置しない会社の場合、原則として各取締役に代表権があります。例えば、取締役がA、B、Cの 3名で、特に代表取締役を定めなかったとすると、A、B、Cがそれぞれ会社を代表する取締役となります。  この場合、「取締役」として全員の氏名が登記されるとともに、 「代表取締役」として全員の住所及び氏名が登記されます。
 これに対し、上記の会社でA、B、Cのうち、Aを代表取締役と定めた場合は、当会社を代表するのは Aのみとなり、B及びCには代表権がありません。この場合、A、B、Cが「取締役」として、 さらにAが「代表取締役」としてそれぞれ登記されます。 複数の取締役がいる場合、一般的には後者のように取締役の中から代表取締役を定める形態をとる会社が多いでしょう。

(2) 取締役会を設置する会社の場合
 取締役会を設置する会社の場合、取締役の中から必ず代表取締役を選定する必要があります。

(3) 代表取締役の選任

取締役会非設置会社の場合
 定款で定めていない場合は、発起人の過半数の一致によって決定します。

 * 設立時代表取締役の選定決議書(取会非設置) (Word A4)  /  [ テキスト版 ]

取締役会設置会社の場合
 必ず代表取締役を選定します。 原則として取締役の過半数の一致により選定します。

 * 設立時代表取締役の選定決議書(取会設置)(Word A4)  /  [ テキスト版 ]

 * 設立時代表取締役の就任承諾書(Word A4)  /  [ テキスト版 ]


copyright (c) 会社設立手続きを自分でやる!