S様邸造園工事  2007.2〜4

施工協力
作庭:  平澤造園 平澤稔郁
鉄工: 阿部工房

S様邸造園工事について

ご夫妻は隣接する保育園の先生です。
年中休みも有るか無いかの生活をしていらっしゃるので
少々ほったらかしても形が崩れないような庭を作りたいと
考えました。また仕事と私生活の動線の区別が
お忙しい生活の中で心のスイッチの入り切りに一役
買ってくれればと願ってデザインしました。 

お庭を造る前の様子です。
背景の瓦屋根と新しいレンガタイルのお家をさて
どうつなぎましょうかと考えました。

裏は傾斜になっていて踏み込み辛く
雑草取りが毎年悩みの種でした。

裏に玉石で土留めを築き,土地を平らにならして
防草シートを敷き詰めて砂利を敷きました。

一個40sはありそうな大きな玉石を使っています。
最近は小さな玉石で手早く土留めを作ることが多いですが
大きな石を使うとどっしりとして見ごたえがあります。

保育園の駐車場に無造作に植えられていたモミジを
掘って移動してきました。 
駐車場では縮こまって見えた木がのびのびと
枝を広げたように大きく立派に見えます。

泥土間のアプローチを洗い出しているところです。

泥土間を打って養生をしているところ。
洗い出したのはこの翌日です。
玄関を出てこのアプローチを通って
右に行くとご夫妻の仕事場である保育園に出ます。

こかげ設計オリジナルの手すりです。
H鋼とステンレスパイプでつくりました。

レンガ敷きのアプローチの縁を作ります。
左の若い人は平澤造園の2代目です。

玄関ポーチのタイルと泥土間アプローチ
レンガのアプローチが交差します。

アールの泥土間に沿って丁寧にレンガをカットしていきます。
平澤造園の2代目のきれいな手仕事です。

レンガはへリングボーンという敷き方にしています。
こうすると道路に向かって所々勾配をつけるために
土地を折る折り目が目立たないのです。

リビングの前には階段ポーチと花壇を作ります。

蔵のような離れの前に立水栓を作ります。

昔使っていた井戸がコンクリートむき出しになっていたのを
枕木を井桁に組んで隠しました。
お庭のいいアクセントになりました。

カーポートをつけて生コンの洗い出しの土間を作ります。
多治見からの骨材のきれいな生コンを運んでもらいました。

立水栓の上に板をのせて靴洗いのたわしを
置いたりするのに使って頂いてます。

赤いレンガと緑の芝生、手前には20本の枕木を
アールに切った黒々としたアプローチが続いています。

枕木と駐車場の隙間にはタイムを植え込みました。
今ではびっしり生えそろって枕木を縁取っています。

阿部工房さんに玄関横のH鋼の手すりに合わせて
ポストを作ってもらいました。

ご夫妻が保育園で働いていらっしゃるので
ポストのハンドルには銀のスプーンをつけてもらいました。


TOPへ