F様邸造園工事   2008.2〜3

施工協力

作庭: 楽庭舎  山田雅人

F様邸造園工事について

新築時に外構工事は完了されていました。

中庭は手付かずでただ草取りするだけの土地
もてあましているという状態でした。

子育て真最中のご夫妻が植物の手入れが出来なくても
出来るだけ形の崩れない庭をということで
四角をモチーフにごくシンプルなデザインにしました。

完成後すぐにお庭でパーティーをされたそうで
「お庭を実感しました!」と喜んで頂けて嬉しかったです。

施工前の状態です。
テラスとリビングから出る
階段のための型枠を組んでいます。

重機が入らない場所なので真冬に汗を流して作業をしていました。

色々物を置いておりますが・・・テラス完成。 

山田さんと応援に来てくれた大塚さんが二人で石を張りました。
大塚さんも石張りがうまい!

テラス完成後 池とベンチなどの製作が始まりました。

右が楽庭舎の山田さん 左が大塚さんです。 
(若者二人組み。あとは皆40代になっちゃった。)

前後しますが 池を作る前の状態です。

まずあふれ水のための排水をとりました。

小さい池ですので池の底には排水口を設けず
オーバーフローとポンプのみでお水の入れ替えを
して頂くようにしています。 

池の形を掘り 防水シートを保護する
マット
防水シート コンクリートブロック モルタル

玉石の装飾で仕上げます。

池の完成。
夏は後ろの壁で少しは水面に影が出来ますが

生物を入れたときに水温が上がり過ぎないように40cmの深さにしました。

池正面。
後ろに樹木が欲しいですね。

お客さまが後で植えてくださる予定です。
池の両側はお嬢さんたちと一緒に身近なお花と野菜で
いっぱいにするといいですね。

時間が遡りますが 枕木フェンスを建てているところです。 
既存の枕木を立て直して
新しい長い枕木を足しました。

一見いつもの
枕木建てですが ここは山田さんが一番工夫をしたところです。
枕木の高さも間隔も指定どおり
ミリ単位でぴったりに仕上げました。 

何せ木フェンスを取り付けるのは私 植野の仕事ですので
後から融通が利かないのです。

テラスの石張りの中にゴールデンレトリバーのメルを繋ぐ
アンカーを埋め込みました。これでメルもリビングの中の

ご主人様の様子がいつも見られて安心できます。

余った枕木で庭の東端に作った立水栓です。

蛇口もうちの倉庫で転がっていたものをご提供。

単純でいい感じです。

雨水 汚水の掃除口もレンガでぴったり囲みました。

山田さん Good job!

建物前面から奥に控えたところまでレンガにしました。

もったいないようですがこうするとテラスからは
コンクリートの土間が見えないので庭がぷっつり切れた感じが和らぐのです。

コンクリートを打ったのは真夏に一番涼しいところに
メルをおいてあげたいというお施主様のご希望でした。

一番奥には穴掘り用に土の部分も残してあります。

真ん中の砂を被っている部分は芝生です。早く緑になるといいですね。 
レンガの赤い
色と対比して鮮やかに映るでしょう。

枕木ベンチの枕木は唐松を燻したもので子供が触っても安全です。
ベンチの前の
正方形は砂場です。
夏には飴菓子みたいな
パラソルの花を砂場の横に咲かせてください。


TOPへ