N様邸造園工事  2004-6〜7

施工協力
平澤造園   平澤稔郁



N様邸造園工事について

現代的和風の外観の家屋に合った駐車スペース件玄関アプローチを作りました。
当初建築サイドで予定していたタイルの玄関ポーチを変更し
曲線を重ねた木曾石張りのポーチと階段で車を止めた場合の動線を確保しました。

南側の崖下に落ちないように土留めとフェンスを張ることも最重要課題でした。

建物完成後間もない現場です。

南側の間知石ブロックの天端は鉄筋を入れて補強する必要がありました。
この上にさらに鉄筋を挿しながらCBを積んでお子様が落ちない高さで
フェンスを取り付け土地を平らに整地しました。

生コン一発打の洗い出し土間ですが
雨にぬれたときだけ模様が浮き出るように
40ミリの長良川の玉石を生コンが乾くまでに叩き込みます。

石工事はいかに散らかるかが良く分かります。
この状態が2週間ほど続きました。施主様もじっと我慢です。

4tユニックの上にもまだ石がいっぱいです。
現場で使う量の三倍は持ってきています。

平澤親方 気合入ってます。

石土間が出来上がってきました。

平澤親方「植野ちゃん、目地に苔張っとけよ!」
私「はいはい(マジですか・・・)」

石の目地には売ってる苔は生えないのです。
コンクリートの側溝などに生えてる葉巻苔を死ぬほど
採集しなくてはなりません。

お次は玄関ポーチ。

玄関ドアのすぐ横になんと下水の蓋が・・・。
意地でも石を加工して隠す平澤氏。

側溝の際の石垣兼プランターです。
石垣の裏には通路も確保せねばならないので
薄い石を選んで積みます。

石垣と生垣の完成。
竹は地下茎ではなく株で繁殖する蓬莱竹を九州から
取り寄せて使いました。丈夫で美しい竹です。

目地に苔を張りました。
ええ 張りましたとも!

ああ 完成してよかった・・・

どうなることかと思いました。(^^;

TOPへ