戦時下の聖教拝読ならびに引用の心得

1.下の中の「勅命」「教勅」は、引用の際は「恩命」若くは「教命」となし、「恩命」「教命」若しくは「おほせ」と拝読すること
  1. 『本典』行巻「是以帰命者本願招喚之勅命也」
  2. 『本典』信巻「招喚諸有群生之勅命」
  3. 『文類聚鈔』「奉持如来教勅」
  4. 『文類聚鈔』「超捷易往之教勅」
  5. 『文類聚鈔』「招喚諸有衆生之教勅」
2.下の引用若くは拝読せざること。
  1. 『本典』化巻の「菩薩戒経言、出家人法不向国王礼拝、不向父母礼拝、六親不務、鬼神不礼巳上」
3.下の中「号後鳥羽院」「号土御門院」及「号佐渡院」の「号」は「号したてまつる」と拝読すること。
  1. 『本典』流通分
  2. 『御伝鈔』下巻一段
4.下の二文は空白とし引用若くは拝読せざること。
  1. 『本典』流通分の「主上臣下背法違義成忿結怨」
  2. 『御伝鈔』下巻一段の「主上臣下法にそむき義に違し、いかりをなしあたをむすふ」
5.下の二文は引用若くは拝読せざること。
  1. 『本典』流通分の「不考罪科猥」
  2. 『御伝紗』下巻一段の「罪科をかんかへす、みたりかはしく」
6.下の中「今上」は「今上天皇」と拝読すること。
  1. 『本典』流通分
  2. 『御伝砂』下巻一段
7.下の中の「真影」は「影像」若くは「みすがた」と拝読すること。
  1. 『本典』流通分
  2. 『御伝砂』上巻五段・下巻第七段
  3. 『報恩講私記』
  4. 『御文章』第三帖
8.下の三段は拝読せざること。
  1. 『御伝鈔』上巻第三段(六角夢想段)
  2. 下巻第四段(箱根霊告段)
  3. 下巻第五段(熊野霊告段)
9.下は空白とし、引用拝読せざること。
  1. 『御伝砂』上巻四段「聖徳太子、親鸞上人を礼し奉て曰」
10.下の「陛下叡感をくだしたまひ」と拝読すること。
  1. 『御伝砂』下巻一段「陛下叡感をくだし」
11.下三首の和讃は一般に拝読せざること。
   11−1.『高僧和讃』二首
  1. 「源空勢至と示現しあるひは弥陀と顕現す、上皇群臣尊敬し京夷庶民欽仰す」
  2. 「承久の太上法皇は本師源空を帰敬しき、釈門儒林みなともにひとしく真宗に悟入せり」
   11−2.『正像末和讃』一首
  1. 「救世観音大菩薩聖徳皇と示現して、多々のごとくにすてずして阿摩のごとくにおはします」
12.
今後聖教若くは祝辞弔詞の朗読、又は説教講演会等に於て、皇室に関する辞句に接する場合は、特に威儀を正しくし一礼して敬意を表すべきこと。

(昭和15年(1940)4月5日)



同朋(基幹)運動 トップに戻る

トップページへに戻る