お 斎

お斎の話
お年寄りに聞いたところ、報恩講のお斎はすごい御馳走であったと言います。こういう甘い味付けのものはそうそう食べられることが無かったようです。
今は、お斎を造っておられる人々の労力を食べていると思います。ファミレスでは食べられないですから。
おくどさん 報恩講の時に活躍する「おくどさん」です。つい最近まで薪を使ってましたが、今はガスを使っています。
※おくどさん=かまどのことです。
お斎 下ごしらえ中です。年に一度しか使いませんので、掃除から始まります。
お斎 お斎の材料が出そろったところです。
お斎 飛竜頭(がんも)・牛蒡・干瓢・椎茸・大根・人参・エンドウ・白和え、ほとんど我が家の畑で父(住職)が作ったものです。
基本的に精進料理。さすがにみそ汁の出汁は違いますが。
お斎 出番を待つ、お斎です。このお盆もこの時だけしか使いません。
お斎 みなさん方が食べておられる様子です。門徒さん以外にも近隣の方もいらっしゃいます。
ちょっと言いにくいですが、食べた以上法要にもお参りしてほしいな。

報 恩 講 風 景
全 景 報恩講時のお寺の外観です。
お 斎 お昼に出す、食事(お斎)の出来るまでです。
荘 厳 報恩講時の内陣の荘厳です。
法 要 法要風景です。

トップページへ に戻る