棚原山

重たく成るのをかえりみずこんなページを造ってしまいました。
まぁ、御約束ということでm(_ _)m
おまけに、報恩講の様子をまとめたページも創ってしまいました、
民俗学の資料としてご覧下さい。 報恩講風景

トップページへ に戻る←興味の無い方はここを押して。


上の写真は、光輪寺の本堂に揚がっている山号額です。
棚原山と云うのは、我が町、香寺町の最高峰でといってもたいした高さでは有りませんが。
その山の中腹にかつて建っていた寺の末裔が光輪寺というわけです。


 
本堂 で、その光輪寺の本堂が左の写真です。
築百年以上

これは、桜の時季の写真です。

親鸞聖人銅像 本堂の横の土手に有る。
浄土真宗の開祖親鸞聖人の銅像です。
ちょうど、山桜が親鸞聖人に笠をさしているようです。
銅像ですから、これからの時代。酸性雨が少し心配。

赤い花は椿で、父が好きで結構集めてます。
本願寺に縁のある、ト半椿なんかもあるのですが写真撮りそびれました(ーー;)

外陣 これが本堂の中です。
欄間の上に「天人」(飛天?天女?)が舞ってます。
この間、ホームステイで来ているアメリカの女の子から、
天人に固有名詞は無いのかという質問を受けました。
キリスト教の説く天使には、
サキエル・シャムシェル・ラミエル・ガギエル
イスラフェル・サンダルフォン・マトリエル サハクイエル
・イロウル・レリウル・バルディエル ゼルエル・アラエル・アルミサエル・タブリス
とかいう固有名詞があるそうな。
はて、仏教の天人に固有名詞ってあるのかしら?
ここで、弥陀の浄土を表している本堂に、なぜ天人がいるのだ?
などと云うことになると、宗論の泥沼に陥りますのでパス。
内陣 本堂の御本尊の安置されている空間(内陣)です。
本尊は、阿弥陀如来様で、宮殿(くうでん)といわれる建物の中に、立っておられます。

これは、平素のお飾りで、三具足。
十二月に報恩講には、蝋燭立て二つ、花立て(花瓶)二つ、香炉の
五具足になり、光輪寺では、香炉台が、梅型から洲浜台に変えます。

そんで、右が?です。
近影

兵庫県神崎郡香寺町

 

 

浄土真宗本願寺派  棚原山  光輪寺