沖    和史様
    御意見拝見しました。こういうふうに言えば御分かり願えるかと思います。実は
先月、ある方のテープを起こしました。それは起こす人が起こしたくないというこ
とで、起こさなかったので、それではと私が起こしたようなことでした。そして彼
が起こしたくないといったことがよく分かりました。
    木像よりは絵像、絵像よりは名号ということで、門徒でも木像を安置している
人は信心がないですな。というくだりがありました。
    本堂の御本尊の木像をやめて名号本尊にしょうとしまして、順調に運んでいまし
たが、いざ実行という時に反対が出まして、そのままになりました。それでせめて
ということで、御開山の対局の本願寺前住職をはずし、新しく絵所で描いていただ
かれた聖徳太子さんにされました。でも御顔が外をむいていらっしゃるので描き直
しを依頼されましたところ、出来ないということで、とうとう高田の絵所に依頼し
て出来あがつたのでした。名号本尊が実現していたら布教ももっと順調に出来たで
あろうにとおっしゃっていました。同じような経緯で蓮如上人にされたかたもあり
ます。ちなみに私方も同じ経緯をたどりましたものですから、余間を廃止して内陣
だけで、法然上人のお姿を安置しています。賛は「本願章」のただ念仏一行をもっ
て本願となしたまうなりの所です。
    もしその人が自分のことを棚にあげて申しておられるなら、それで起こしたくな
くなったことかと思います。彼にも苦労があります。
    そこで、論理の斉合性さへ確保されたらそれでいいというものではありません。
いくら抽象化して斉合性を確保したところで、納得出来ない場合は出て来るもので
す。私は自分の本籍がお浄土にあるとは信じられないのです。ですからお浄土は参
るところでありますし、その意味で往生の素懐をとげることもあり得るとは分かり
ます。しかし、還浄という言葉は、軽々しく使われるべきものではありません。観
想の念仏でなく口称念仏を選ばれたところに現実の無批判な肯定でなく現実批判の

立場が確立されたのでありますのに、下手をしますと天台の本覚法門から密教に通
ずる教えになりましょう。
    次に還浄運動について、運動である限り、それは広がりが予想されます。ここの
ように張り札も玄関幕もないところにまで影響するでしょう。迷惑な話です。せめ
て、そのような運動に手を貸さないでくださいませんか。あれから滋賀県から報せ
がありました。教団連合で還浄運動をすすめてはどうかと話が出ていると。どうや
ら本願寺派が火元らしいと。
かって神宮大麻を「奉安せざるを可とす」としてたことを奉安するに変えるに当
って教団は真宗協和会を使って、みんなでわたればこわくないというようにやりま
した。当然、責任の所在は不明となります。やらせですが、どうやらまたその手を
使うようです。ですから、あなたのような姿勢は対策的だと申し上げるわけです。
    それからどうして尊住という言葉をお使いになるのですか。おそらくお寺さんだ
けにでしょうに。私はとてもいやです。真宗では門徒も僧侶もひとしくサンガの一
員と聞き習っています。そして、門徒も僧侶も「僧」だと教えられました。それが
私の斉合性です。その意味で根っからの平民主義者ですから。どうか私には使わな
いでください。もしあなたが門徒の方に○○番地、尊住、○O様といつもお使いに
なっておられるのならとやかく申しませんが。ご自分でどうもおかしいと思われま
せんか。
    私は私の意見を撤回する意志をもちません。
    総長の返事は来ましたらお報せします。何れまたの機会に。

1999・12・11    尺一顕正    合掌。

 


基幹運動本部トップに戻る
トップページへに戻る