トップページへ に戻る
勧学寮トップページへ


二種深信

〔題意〕
二種深信の釈義を窺い、信機信法は二種一具であって、信機は捨機の義であり、信法は託法の義であって、捨機即託法の他力の信の相状を二種深信とする旨を明らかにする。
〔出拠〕
『散善義』の深心釈に、「深心と言ふは即ち是深く信ずる心なり。亦二種有り。一には決定して深く、自身は現に是罪悪生死の凡夫、昿劫より已来常に没し常に流転して、出離の縁有ること無しと信ず。二には決定して深く、彼の阿弥陀佛の四十八願は衆生を摂受したまふこと、疑無く慮り無く彼の願力に乗じて定めて往生を得と信ず。」
「往生礼讃」前序に「二には深心。即ち是真実の信心なり。自身は是煩悩を具足せる凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知し、今弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下十声一声等に至るに及ぶまで、定めて往生を得と信知して、乃ち一念に至るまで疑心有ること無し。故に深心と名づく。」とある。
〔釈名〕
「二種」とは機法の二種で、機とは性得の機(衆生本分の機)、法とは摂受衆生の法を指す。「深信」とは『観経』に説くご三心の中の第二の「深心」を本願成就文の「信心歓喜」を以て釈されたもので、本願の信楽にあたる。
〔義粗〕
宗祖の釈義によれば、『観経』の三心には顕説要門の義と隠彰弘願の義とがある。今は弘願の深心の義、すなわち本願の信を機法の二種に開いて二種深信とされるのである。
機の深信とは、性得の機のありのまま(機実)を知ることで、無有出離之縁と知らせていただくことである。無有出離と知らされるから自力の功なきことを知り、自力無功を知るから己のはからいを捨て離れる。故に信機は即捨機である。
法の深信とは、摂受の法のあるがまま(法実)を知ることで、如来の願力はよく無有出離の機を摂受したもうと知らせていただくことである。願力の摂受を知るから法体の独用なることを知り、法体の独用と知るから願力に乗託する。故に信法は即託法である。
法体の摂受に全託する故に己のはからいが悉くとれ、己のはからいがとれるから法体に全託する。
他力に一任するのでなければ自力を離れたといえず、自力を離れたのでなければ他力に任せたとはいえぬ。よって二種深信は捨機即託法・捨自即帰他であって、法体他力を仰ぐ疑蓋無雑の一心(信楽)のほかはない。それを機法両面より顕わされたのが二種深信である。故に宗祖は『二巻鈔』に、二種深信の文を挙げて、「今斯深信者、他力至極之金剛心、一乗无上之真実信海也」と明示されている。
したがって、二種の中の機の深信を自力とすることは宗義に違する。『二巻鈔』の七深信を並ペられるところに、第一の深信を「自利の信心也」としてあるのは、第二の法の深信と一具でないものを自力なりとされるのである。二種深信は一具であって、前後起でもなく、二心並起でもない。また、信後も性得の機相は変わらぬから二種深信は初後一貫する。
〔結び〕
二種深信は本願の信楽を二種に開いて示されたもので、機実・法実を信知することは、捨機即託法であって、この信は初後一貫する。