トップページへ に戻る
勧学寮トップページへ


称名報恩

〔題意〕
本願には信心と称名とが誓われているけれども、信心が正因であって称名は正因ではなく、その称える心得からいえば、報恩感謝の営みにほかならぬ旨を明らかにする。
〔出拠〕
「正信偈」(龍樹章)
弥陀仏の本願を憶念すれば、自然に即のとき必定に入る。ただよくつねに如来の号を称して、大悲弘誓の恩を報ずべしといへり。とあり、
化身土文類には、ここに久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。至徳を報謝せんがために、真宗の簡要を_うて、恒常に不可思議の徳海を称念す。とある。
〔報名〕
「称名」とは本願の乃至十念で、弥陀の名号をロに称えること。「報恩」とは能称の行者の意許(いこ)(こころもち)を示すもので、仏恩報謝の義である。
〔義相〕
第十八願には三心と十念とが誓われてあるが、成就文には「聞其名号信心歓喜」の「一念」に「即得往生住不退転」と述成せられている。故に「乃至」を冠する因願の「十念」は信相続の行業であって、正因ではない。したがって称名の体徳をいえば正定業であるが、これを称える行者の意許を言えば、摂受したまえる如来の恩徳を感謝する思いのほかはない。
すなわち信心が正因であるに対して、相続の称名は報恩の義を成ずるのである。
七祖の釈にあっては、おおむね念仏往生・称名正定業の義を主とされるが、それと共に称名報恩の義も窺われる。
『易行品』弥陀章の長行には、本願の意を述ぺて「若人念我(三心)、称名(十念)」等と機受の全相を示し、偈には、成就文の意によって「人能念是仏無量力功徳(信)、即時入必定(得益)、是故我常念(相続の称名)という。この偈頌の意によって、宗祖は『正信偈』に「唯能常称如来号」等と称名報恩の義を示されるのである。
また、『安楽集』には、龍樹菩薩の『大智度論』を引用して、「報恩のために念仏する」の意を示され、宗祖はこれを信巻の真仏弟子の釈に引用されてある。
その他、『礼讃』前序には雑修の失を挙げて「不相続念報彼仏恩」と言い、『往生要集』には『西方要決』の「当念仏恩報尽為期、心恒計念」という文を引かれている。宗祖の釈にあっては、信心正因の義を明らかにすることによって、相続の称名はおのずから報恩の義となる。
「正信偈」龍樹章に「憶念弥陀仏本願(信)自然即時入必定(益)唯能常称如来号(称名)応報大悲弘誓恩(報恩)と讃じ、化身土文類には真仮三頗の釈が終わって本典製作の意を述ぺるところに「為報謝至徳、○真宗簡要、恒常称念不可思議徳海」と示されてある。
第二十願の行者のごときは己の称功を往因とするゆえに知恩報徳の義を成ぜず、第十八願の行者は如来の願力に全託するゆえに知恩報徳の義を成ずるのである。
覚如上人に至つて、『ロ伝抄』や、『最要抄』などに、信一念に往因決定し、多念の称名は報恩であると明示せられ、蓮如上人はこれらを相承して『御文章』のいたるところに信因称報の義を述べられたのである。
称名が報恩になる理由として、仏徳讃嘆の故に、仏化助成の故にという二義が挙げられる。しかし、如来に対するご恩返しというつもりで称名するのではなく、行者の思いはただ摂受の仏恩に感謝するのほかはない。
また称名を策励すべきか否かについては、誤まって機功をつのるような策励は不可であるが、几情に流れて懈怠しないよう励むべきである。
〔結び〕
称名は正因ではなく、信心の相続相であって、信心が正因なるに対し報恩の義を成ずる。