トップページへ に戻る
勧学寮トップページへ


念仏為本

〔題意〕
念仏為本といわれる釈意を窺い、念仏為本の義は信心正因の義と相違するものではないのであって、称名正因の義と同じではない旨を明らかにする。
〔出拠〕
『選択集』の標宗の文に、南無阿弥陀・往生之業・念仏為本とある。
〔釈名〕
「念仏」とは称念仏名、「為本」とは為正の義である。よって「念仏為本」とは、余行は往生浄土の正しき業困でなく、称名念仏をもって往生の正しき業因とするという意味である。
〔義相〕
「往生之業念仏為本」という語句は、もと『往生要集』の第五助念方法門の第七総結要行の中に出づるもので、法然上人の『往生要集大綱』によれば、この念仏はいまだ助念仏の位であって、第十八願の念仏ではない。しかるに法然上人は『要集』の第八念仏証拠門の意により、この語を用いで、『選択集』の標宗に第十八願の念仏としてかかげられたのである。
なお、『要集』の一本には「念仏為本」が「念仏為先」になっており、『選択集』もまた為先になっている一本がある。
為本も為先も、諸行に対して念仏を往生の正しき業因とするという意に変わりはない。
真宗では「念仏為本」とある本を用いている。
この念仏為本の義は善導大師の釈義を承げるもので、善導・法然両師は機受を本願の「乃至十念」のところで語って念仏往生といわれる。けれども、能称の功において困の義をいうのではなく、因体は名号に結帰する。ゆえに『選択集』の本願章には念仏を選取せられた理由として、勝易の二義を挙げてあるが、その勝の義は名号について示されてある。したがって、易の義も一応は観難称易をいうのであるが、機の善悪を簡ばず一多の優劣を見ない称名であるから、能称の功を認めるものではなく、機受無作の義となる。三心章に「涅槃之城、以信為能入」と信疑決判せられるのもこの意である。ゆえに念仏為本の義は信心正因の義と相違するものではない。
法然上人が念仏為本といわれたのは、外、諸行に対して念仏をもって法体の徳を語られたもので、行中に信を摂めて示す一願建立の法門であり、宗祖が信心正因といわれたのは、内、行から信を別開して、信心のところに法体の徳を具することを顕わされたもので、五願開示の法門である。
宗祖は信文類に、第十八願を挙げるに五名を出されてあるが、その最初に「念仏往生之願」と示されている。これは法然上人の立名を承けられたもので、宗祖の顕わされる信心正因の義は善導・法然両師の念仏往生の義を開顕するものなる旨を顕わされるのである。もとより、宗祖も諸行に対しては念仏をもって示されることは、善導・法然両師と同じであって、行文類の行一念釈、また一乗海釈の念仏諸善比校対論のごときがそれである。
〔結び〕
法然上人の念仏為本の義は、第十八願の「乃至十念」において機受を語るもので、能称の功をもって因とするのでなく、因体は所称の名号である。ゆえに宗祖の示される信心正因の義と相違するものではない。