トップページへ に戻る
勧学寮トップページへ


彼此三業

〔題意〕
「彼此三業不相捨離」の釈義を窺い、衆生の称・礼・念の造作は信相続の行業であって、初起一念に三業を揃えて帰命するのではない旨を明らかにする。
〔出拠〕
『定善義』に、『観経』の第九真身観
の「念仏衆生摂取不捨」を釈しして、親縁・近縁・増上縁の三縁を揚げる中、その親縁の釈に「一には親縁を明かす。衆生行を起して口に常に佛を称すれば、佛即ち之を聞きたまふ。身に常に佛を礼敬すれば、佛即ち之を見たまふ。心に常に佛を念ずれば、佛即ち之を知りたまふ。衆生佛を憶念すれば、佛も亦衆生を憶念したまふ。彼此の三業相捨離せず。故に親縁と名づく。」
とあり、『御文章』三帖目第七通には、「されば南无阿弥陀仏の六字のいはれをよくこゝろえわけたるをもて、信心決定の躰とす。しかれば南无の二字は衆生の阿弥陀仏を信ずる機なり。次に阿弥陀仏といふ四の字のいはれは、弥陀如来の衆生をたすけたまへる法なり、このゆへに機法一躰の南无阿弥陀仏といへるはこのこゝろなウ。これによりて衆生の三業と弥陀の三業と一躰になるところをさして、善導和尚は「彼此三業不相捨離」と釈したまへるも、このこゝろなり。」
とある。
〔釈名〕
「彼」とは阿弥陀仏、「此」とは念仏の衆生を指す・「三業」とは身・ロ・意の行業である。そこで、「彼此三業不相捨離」とは、念仏の衆生の口称・身礼・心念を、阿弥陀仏が聞・見・知したまい、行者と弥陀とがあい離れず常に親しい関係にあることをいう。
〔義相〕
『観経』の第九真身観に「光明偏照十方世界、念仏衆生摂取不捨」と説かれているが、その摂取不捨の義について、
『定善義』には、
親縁,近縁・増上縁の三縁を出されている。その親縁の釈に「彼此三業不相捨離」の義が示されてある。親縁とは、雑行の行者が阿弥陀仏と疎縁なるに対して、念仏の行者が阿弥陀仏と親しい関係にあることをいう。その親しいとは、行者が口に弥陀の名号を称うれば弥陀はこれを聞きたまい、身に弥陀を礼敬すれば弥陀はこれを見たもう。また心に弥陀を念ずれば弥陀はこれを知りたまい、阿弥陀仏と衆生の三業とがあい雛れないことである。弥陀の聞・見・知は直ちに三業とはいえないけれども、衆生の三業に相従して彼此三業という。また、称・礼・念のあとに更に憶念を出されているのは、三業の中では、意業を本とするからである。
彼此の三業があい離れないのは、法蔵因位の三業の行徳を全うずる名号を衆生が全領し、それが機相にあらわれて衆生の称礼念となるからである。すなわち信の体が法体名号であるから、その相続の起行も不相捨離の義を成ずるのである。しかるに、この彼此三業不相捨離の義をもって、初起一念に三業の相があるとするのは誤りである。
その故は、衆生起行と言い、ロ常・身常・心常と言われてあって、「行を起こす」のは信一念より後であり、「常に」というのは相続のことであるからである。
『御文章』(前揚)の釈は、まず機法一体の義を示され、次に善導の彼此三業不相捨離の釈をもってその義を証するのである。すなわち、われらの信(機)は名号(法)のほかになく、名号(法)を全うじて信(機)となる。故に信後の起行にあらわれる称・礼・念も阿弥陀仏の法と離れないというのである。
〔結び〕
彼此三業不相捨離というのは、弘願念仏の衆生は、その相続の起行において阿弥陀仏とあい離れないことを示すのであって、初起の一念に、衆生の上に三業の事相があるということではない。