トップページへ に戻る
勧学寮トップページへ


機法一体

〔題意〕
機法一体という用語は種々の意味に用いられるが、今は蓮如上人の示された機法一体の義を窺うもので、南無の機(信)は阿弥陀仏の法よりおこさしめられるのであって、名号のほかに別に衆生の信心の体はない旨を明らかにする。
〔出拠〕
一例をあげると、『御文章』三帖目第七通に、「しかれば南无の二字は衆生の阿弥陀仏を信ずる機なり。次に阿弥陀仏といふ四の字のいはれは、弥陀如来の衆生をたすけたまへる法なり。このゆへに機法一体の南无阿弥陀仏といへは、このこゝろなり。」とある。
〔釈名〕
「機」とは受法の機で、衆生のタノム機(信)を指し、「法」とは如来のタスクル法(名号)を指す。「一体」とは本来機法の体が一つであるという意である。
よって、「機法一体」とは、行信は不二で、体は一名号であるということである。
〔義相〕
機法一体を論ずるのに、二字と四字とに分釈する場合と、六字を皆機、皆法と釈する場合とがある。二字四字分釈いうのは、「南無」の二字を能帰の信、すなわち「衆生の弥陀をタノム機」とし、「阿弥陀仏」の四字を所帰の法、すなわち「如来の衆生をタスクル法」とする。このタノム機とタスクル法とが、一の南無阿弥陀仏に成就されているから機法一体という。
しかるに、このように二字と四字とに分釈するのは拠勝為論であって、剋実通論すれば六字が皆機、皆法である。
『御文章』三帖目第二通に、「その他力の信心といふは、いかやうたることぞといへば、たゞ南无阿弥陀仏なり」(六字皆機)とか、同じく一帖目第十五通に、「南无阿弥陀仏の体はわれらをたすけたまへるすがたぞとこゝろうぺきなり」(六字皆法)とあるのがそれである。『散善義』の二河譬に、「一の白道を衆生の願往生心(信楽)にたとえると共に、また如来の願力の道とされてあるのは、この六字皆機皆法の義に同じである。
十劫正覚のとぎ、如来の方に「タノメタスクル(信じざせて摂取する)の法」を成就せられてあるから、これを衆生が領受したとき、「オタスケをタノム(摂取の願力を信受する)の機」が成ずる。タノム者をタスクルのでなければ摂取の法に非ず、摂取の法を領受したのでなければタノム機ではない。よって、タノム機(宿)はタスクル法(法体)と別ものではなく、信は法体名号よりおこさしめられるのである。
〔結び〕
南無の機(信)と阿弥陀仏の法(摂取不捨の願力)とは別のものではなく、衆生の信も如来よりおこさしめられるものであ る。