トップページへ に戻る
勧学寮トップページへ


タノムタスケタマヘ

〔題意〕
蓮如上人の「タノム」「タスケタマヘ」といわれる語義を窺い、それは摂取の願力をたのみにし、如来の勅命にしたがい、その救済を信ずる義であって、仏に向かって救済を希願請求する義ではない旨を明らかにする。
〔出拠〕
蓮如上人の『御文章』に多く出ている。一例を挙げると、五帖目第一通に、(末代无智の……こゝろをひとつにして阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて、さらに余のかたへこゝろをふらず、一心一向に仏たすけたまへとまうさん衆生をば、)とある。
〔釈名〕
「タノム」とは「たのみにする」「あてたよりにする」の義で、帰命・帰依の「帰」や、「信」の和訓である。
「タスケタマヘ」の「タマヘ」は許諾の義で、「タスケタマへ」とはたすけたもう如来の願力にまかせることである。
〔義相〕
「タノム」については、宗祖は、行文類に六字釈の帰命の「帰」の字の釈に、「帰説(帰悦)也」と示されて、ヨリタノムナリと左訓を施され、『唯信抄文意』には「本願他力をだのみて自力をはなれたる、これを唯信といふ。」と述ぺ、信文類には、「憑大悲弘誓」等とある。
また、『御文章』二帖目第七通には、「その正行に帰するといふは、なにのやうもなく弥陀如来を一心一向にたのみたてまつる理りばかりなり。」
とあり、また五帖目第六通にも、「一念に弥陀をたのみたてまつる行者には、无上大利の功徳をあたへたまふこころを、『和讃」に聖人のいはく、「五濁悪世の有情の選択本願信ずれば…」
等とあって、「タノム」は願求の意ではなく、信順・帰命の義であって、本願の信楽にあたるのである。
「タスケタマヘ」は文法上命令形であって、請求の意とも許諾の意ともなるが、今は摂受の法をこうむった(本願招喚の勅命を受けた)心相を示すのであるから、如来の仰せにしたがい、その救済にまかせるという許諾の義である。
「タスケタマヘ」は、どのようにタノムのかという内容を示されるのであって、「タスケタクマヘトタノム」とは、衆生が如来に向かってお助けを請求する意ではなく、「タノメタスクル」という如来の勅命を領納して、これに信順する義である。
〔結び〕
タノムとは、たのみにすることであり、タスケタマヘとはタノム内容を明らかにされたもので、たすけたもう弥陀の願力にお任せしてこれをたのみにする義を示されるのである。