U.S. Export Control   米国の輸出規制

  米国の輸出規制 >>  BIS各種ガイダンス >>  暗号 >>  EAR非対象暗号品目  

 暗号

  暗号と輸出管理規則(EAR)

  1. EAR非対象暗号品目

  2. EAR該当品>
  ・ a. 5A002.a
      (及び5D002c.1)
    ・ i. データ秘匿
       のための暗号
    ・ ii. 鍵長規制基準値
    ・ iii. 暗号機能有効化
       の手段
    ・ iv. カテゴリー5
       パート2の
       5A002 a.1からa.4
    ・ v. 適用除外注釈

  3. 許可例外ENC及び
   マスマーケット品目

   ・ a マスマーケット
   ・ b 740.17(a)
   ・ c 740.17(b)(2)
   ・ d 740.17(b)(3)
   ・ e 740.17(b)(1)

  4. 報告及び審査
   a. 自己番号分類報告
   b. 半年毎の販売報告
   c. 番号分類審査の提出

  5. 輸出許可
   a. 輸出許可が
     必要とされる場合
   b. 輸出許可の種類
   c. 申請書の提出方法

  6. FAQs ⇒

  7. 連絡先 ⇒

  ※2017.8.15付 情報セキュ
     リティ関連の改正

  ※2016.9.20付 情報セキュ
     リティ関連の改正

 暗号関連リンク

RESOURCES:

 カテゴリー5、パート2
      :簡易参照ガイド
 フローチャート1
 フローチャート2
 ENC/マスマーケット表
 ネットワークインフラ

Quick link to Regulations:
 官報 2017.8.15付(PDF)
 官報 2016.9.20付(PDF)
 740.17 許可例外ENC
 742.15 暗号品目
 カテゴリー5、パート2
 772 ー 定義
 Part742付表8
 Part742付表6

  EARの対象とならない暗号品目

この品目については、輸出、再輸出、又は移転されない限り、関連するEAR上の義務はありません。 EARにおいて、具体的に定義された用語があります。 輸出、再輸出、及び移転の定義に関するガイダンスについて§734を参照しなさい。

米国原産成分がde minimis量未満の特定の外国製品目は、EARの対象とはなりません。 EAR 734.4参照。

一般に入手可能なもの:

一般に入手可能な暗号品目であって、更に以下に記載されるものは、輸出管理規則の対象とはなりません。 §734.3(b)(3)及び§734.7は、何が一般に入手可能であるか及び何が一般に公開されているものかを規定しています。 一般的な例には、オンラインで掲載されている無料のアプリ又は無料のダウンロードで入手可能なマスマーケットソフトウェアがあります。

具体的には:

1. マスマーケット暗号オブジェクトコードソフトウェアであって、"一般に入手
  可能なもの"


 ・ 一旦、マスマーケット品目が(BISによる番号分類(5D992.c)又は自己番号分類要件を伴う自己番号分類の後に)740.17 (b)(1)又は(b)(3)の関連項に適切に番号分類され、その後にもし当該ソフトウェアが"一般に入手可能"とされた場合、当該ソフトウェアはEARの対象となりません。
    ・ 例えば、スマートフォン又はコンピュータ用に作成されたアプリであって、マスマーケット基準(カテゴリー5 パート2の注3で規定される基準)を満たすもののうち、無料で入手可能とされるものは、"一般に入手できる"とみなされます。 この場合、あなたは、自己番号分類報告要件を伴う5D992.cとしての自己番号分類(又はBISへの番号分類請求の提出)により、740.17 (b)(1)又は(b)(3)に基づくマスマーケット要求事項を最初に一度だけ順守しなければなりません。 その後、当該品目が一般に入手可能とされた場合(例えば、無料のダウンロード)、それ以降はEARの対象でないとみなされます。

"一般に入手可能"な暗号ソースコードは、一旦、§742.15(b)によりEメールでの届出が送信されたなら、EARの対象とはなりません。

・ 一般的な例には、オンラインで無料で入手可能なオープンソースの暗号ソースコードがあるでしょう。

"一般に入手可能"な暗号オブジェクトコードは、対応するソースコードも"一般に入手可能"であって、かつ、§742.15(b)で指定されるところにより届出が行われている場合、EARの対象とはなりません。

注1:許可例外TSU(§740.13)に基づいて2016年9月以前に行われた届出は、§742.15のもとに引き続き有効です。 新たな届出は不要です。

注2:オープンソースコード自体が一般に入手可能であって、EARの対象とならない可能性がありますが、ある品目が、一般に入手可能なオープンソースコードを単に組み込んでいる、或いは単に呼び出しているという理由だけで、一般に入手可能であるとはみなされません。 むしろ、暗号機能を持つ新規の品目が作成されたものであって、EARのもとに全体として評価される必要があるでしょう。