U.S. Export Control   米国の輸出規制

  米国の輸出規制 >>  BIS各種ガイダンス >>  暗号 >>  鍵長の規制基準値  


 暗号

  暗号と輸出管理規則(EAR)

  1. EAR非対象暗号品目

  2. EAR該当品>
  ・ a. 5A002.a
      (及び5D002c.1)
    ・ i. データ秘匿
       のための暗号
    ・ ii. 鍵長規制基準値
    ・ iii. 暗号機能有効化
       の手段
    ・ iv. カテゴリー5
       パート2の
       5A002 a.1からa.4
    ・ v. 適用除外注釈

  3. 許可例外ENC及び
   マスマーケット品目

   ・ a マスマーケット
   ・ b 740.17(a)
   ・ c 740.17(b)(2)
   ・ d 740.17(b)(3)
   ・ e 740.17(b)(1)

  4. 報告及び審査
   a. 自己番号分類報告
   b. 半年毎の販売報告
   c. 番号分類審査の提出

  5. 輸出許可
   a. 輸出許可が
     必要とされる場合
   b. 輸出許可の種類
   c. 申請書の提出方法

  6. FAQs ⇒

  7. 連絡先 ⇒

  ※2017.8.15付 情報セキュ
     リティ関連の改正

  ※2016.9.20付 情報セキュ
     リティ関連の改正

 暗号関連リンク

RESOURCES:

 カテゴリー5、パート2
      :簡易参照ガイド
 フローチャート1
 フローチャート2
 ENC/マスマーケット表
 ネットワークインフラ

Quick link to Regulations:
 官報 2017.8.15付(PDF)
 官報 2016.9.20付(PDF)
 740.17 許可例外ENC
 742.15 暗号品目
 カテゴリー5、パート2
 772 ー 定義
 Part742付則8
 Part742付則6

  鍵長の規制基準値

     ≦56 対称、≦512 非対称、及び≦112ビット楕円曲線

カテゴリー5 パート2には、暗号について特定の鍵長の基準値を含んでいます。

具体的には、5A002.aは、"対称鍵の鍵長が56ビットを超えるか同等"と書いています。 更に、この用語は5A002のTechnical Note 1で定義されており、以下を意味します: 56 ビットを超える鍵長を用いた"対称 アルゴリズム"は、カテゴリー5 パート2で規制されます。 従って、56ビット以下の鍵長を持つ品目は5A002.aで規制されません。 パリティビットは鍵長に加算されないことに注意してください。 対称アルゴリズムは、暗号と復号の双方に対して同一の鍵を使用します。

非対称アルゴリズムは、暗号と復号に対して数学的に関連する異なる鍵を使用します。 "非対称アルゴリズム"は、そのアルゴリズムの安全性が次のいずれかに基づいている場合、カテゴリー5 パート2で規制されます:
  − −512ビットを超える整数の素因数分解(例えば、RSA);
  − −有限体上の乗法群における512ビットを超える離散対数の計算(例えば、有限体上のDiffie- Hellman方式);又は
  − −このTechnical Noteの2.b.2項に規定するもの以外の群における 112ビットを超える離散対数(例えば、楕円曲線上のDiffie-Hellman方式);

従って、≦56 対称、≦512 非対称、及び≦112ビット楕円曲線の鍵長を持つ品目は、5A002.aで規制されません。 この場合、カテゴリー5 パート2の他のエントリー及びCCLの他のカテゴリー(例えば、カテゴリー4又はカテゴリー5 パート1)をチェックしなければなりません。 他のいずれのカテゴリーでも規定されていない場合、その品目はEAR99に番号分類されます。