U.S. Export Control   米国の輸出規制

  米国の輸出規制 >>  BIS各種ガイダンス >>  暗号 >>  半年毎の販売報告  

 暗号

  暗号と輸出管理規則(EAR)

  1. EAR非対象暗号品目

  2. EAR該当品>
  ・ a. 5A002.a
      (及び5D002c.1)
    ・ i. データ秘匿
       のための暗号
    ・ ii. 鍵長規制基準値
    ・ iii. 暗号機能有効化
       の手段
    ・ iv. カテゴリー5
       パート2の
       5A002 a.1からa.4
    ・ v. 適用除外注釈

  3. 許可例外ENC及び
   マスマーケット品目

   ・ a マスマーケット
   ・ b 740.17(a)
   ・ c 740.17(b)(2)
   ・ d 740.17(b)(3)
   ・ e 740.17(b)(1)

  4. 報告及び審査
   a. 自己番号分類報告
   b. 半年毎の販売報告
   c. 番号分類審査の提出

  5. 輸出許可
   a. 輸出許可が
     必要とされる場合
   b. 輸出許可の種類
   c. 申請書の提出方法

  6. FAQs ⇒

  7. 連絡先 ⇒

  ※2017.8.15付 情報セキュ
     リティ関連の改正

  ※2016.9.20付 情報セキュ
     リティ関連の改正

 暗号関連リンク

RESOURCES:

 カテゴリー5、パート2
      :簡易参照ガイド
 フローチャート1
 フローチャート2
 ENC/マスマーケット表
 ネットワークインフラ

Quick link to Regulations:
 官報 2017.8.15付(PDF)
 官報 2016.9.20付(PDF)
 740.17 許可例外ENC
 742.15 暗号品目
 カテゴリー5、パート2
 772 ー 定義
 Part742付則8
 Part742付則6

  半年毎の販売報告の提出方法

許可例外ENCに対する半年毎の報告要求事項は、輸出管理規則(EAR)の740.17(e)で見つけることができます。 特別な指示事項については740.17(e)(i)及び(ii)を参照してください。
半年毎の報告は、EARの§740.17(b)(2)及び§740.17(b)(3)(iii)で定める品目に対してのみ、すべての仕向地(カナダを除く)への輸出及びカナダからの再輸出に義務付けられています。

特定の暗号品目及び取引については、この報告要求事項から除外されます(本節の§740.17(e)(1)(iii)を参照してください)。 これらの除外条項には、以下のものを含みます:

・ 64ビット以下の対称鍵を持つ暗号貨物若しくはソフトウェア
・ 無償かつ不特定多数の者のダウンロードにより輸出される(若しくはカナダから
  再輸出される)暗号品目
・ 銀行事業若しくは金融事業のため、米国の銀行、金融機関若しくはその子会社、
  系列会社、顧客若しくは契約者から或いはこれらに向けての暗号品目
・ ソースコードのバンドル若しくはコンパイルにより開発された外国製品

 提出するもの
  ・ 貨物分類自動追跡システム(CCATS)の認可番号
  ・ 輸出された(又はカナダから再輸出された)品目の名称
  ・ 流通業者又は再販業者:流通業者又はその他の再販業者(米国企業の子会
    社を含む)に輸出される(又はカナダから再輸出される)品目については、流
    通業者若しくは再販業者の名前及び所在地、輸出若しくは再輸出される品目
    及び数量、並びに、もし流通過程の一部として輸出者により収集されている
    なら、最終需要者の名前及び所在地
  ・ 直接販売:直接販売を通して輸出される(若しくはカナダから再輸出される)品
    目については、受取人の名前及び住所、輸出される品目及び輸出数量。
  ・ 暗号品目を使用している外国の製造業者及び製品
    詳細については§740.17(e)(1)(i)(C)を参照してください。

 提出時期
  ・ 1月1日から6月30日の間に発生した輸出に関しては、報告書の提出期日は
    その年の8月1日までです。
  ・ 7月1日から12月31日の間に発生した輸出に関しては、報告書の提出期日は
    翌年の2月1日までです。
  ・ これらの報告書は、電子形式で提供しなければなりません。
  ・ 電子提出のための推奨するファイル形式には、スプレッドシート、表形式の
    テキスト又は構造化テキストを含みます。
  ・ 輸出者は、彼らのビジネスモデルをより良く反映するための異なった報告の
    取り決めをBISに要求することができます。
  ・ 報告書は、電子的にBIS(crypt@ BIS.doc.gov) 及びENC暗号請求コーディネー
    タ (enc@nsa.gov)に送ることができます。必要とする場合にのみ、報告書を
    収載したディスク及びCDを以下の宛先に送付することができます:
    商務省、産業安全保障局、国家安全保障技術移転管理部、14th Street and
    Pennsylvania Ave., NW Room 2705, Washington, DC 20230 Attn: Encryption
    Reports, 及び   Encryption Reports宛、及び
    Attn: ENC Encryption Request Coordinator[ENC暗号請求コーディネータ]
    9800 Savage Road, Suite 6940 Ft. Meade, MD 20755-6000


鍵長の拡張の報告

本節の(b)(2)又は(b)(3)項に従って番号分類され許可例外ENCが認可された後に、機密保持又は鍵交換アルゴリズムのために、使用されている鍵長をアップグレードするのみの改造が行われる貨物及びソフトウェアについては、報告することが求められます。 当該品目は、以前に認可された許可例外ENCの条項のもとに、番号分類の再提出なしに輸出又は再輸出することができます。

鍵長の拡張を報告するために提出するもの:

 ・ 暗号機能についてその他のいかなる変更もしていないことの証明
 ・ 元々の貨物分類自動追跡システム(CCATS)の認可番号
 ・ 新しい鍵長

鍵長の拡張を報告するために提出する時期及び提出先:

 ・ アップグレードされた製品の輸出又は再輸出の前に、報告書がBIS及びENC暗号請求コーディネータによって受理されなければなりません;並びに
 ・ 報告書は、crypt@bis.doc.gov 及び enc@nsa.govに電子メールされなければなりません。