U.S. Export Control   米国の輸出規制

  米国の輸出規制 >>  BIS各種ガイダンス >>  暗号 >>  暗号機能有効化の手段  
 暗号

  暗号と輸出管理規則(EAR)

  1. EAR非対象暗号品目

  2. EAR該当品>
  ・ a. 5A002.a
      (及び5D002c.1)
    ・ i. データ秘匿
       のための暗号
    ・ ii. 鍵長規制基準値
    ・ iii. 暗号機能有効化
       の手段
    ・ iv. カテゴリー5
       パート2の
       5A002 a.1からa.4
    ・ v. 適用除外注釈

  3. 許可例外ENC及び
   マスマーケット品目

   ・ a マスマーケット
   ・ b 740.17(a)
   ・ c 740.17(b)(2)
   ・ d 740.17(b)(3)
   ・ e 740.17(b)(1)

  4. 報告及び審査
   a. 自己番号分類報告
   b. 半年毎の販売報告
   c. 番号分類審査の提出

  5. 輸出許可
   a. 輸出許可が
     必要とされる場合
   b. 輸出許可の種類
   c. 申請書の提出方法

  6. FAQs ⇒

  7. 連絡先 ⇒

  ※2017.8.15付 情報セキュ
     リティ関連の改正

  ※2016.9.20付 情報セキュ
     リティ関連の改正

 暗号関連リンク

RESOURCES:

 カテゴリー5、パート2
      :簡易参照ガイド
 フローチャート1
 フローチャート2
 ENC/マスマーケット表
 ネットワークインフラ

Quick link to Regulations:
 官報 2017.8.15付(PDF)
 官報 2016.9.20付(PDF)
 740.17 許可例外ENC
 742.15 暗号品目
 カテゴリー5、パート2
 772 ー 定義
 Part742付則8
 Part742付則6

  暗号機能有効化の手段

5A002.aには、その暗号能力が"暗号有効化"なしに使用可能であるか、すでに有効になっている品目が含まれます。

暗号機能有効化の手段(Cat 5P2) −暗号機能有効製造者により実装される安全な仕組みによって、使用者が品目の暗号機能を有効化する又は使用可能にするあらゆる手段をいう。この仕組みは次のいずれかに対して一対一で対応するものに限る:

1. 装置又はソフトウェアと一対一で対応するもの;又は

2. 一人の顧客が有する複数の同種の装置又はソフトウェアのために顧客と一対一で対応するもの。

"暗号機能有効化の手段"の定義に対するTechnical Note:

1. ″暗号機能有効化″手段及び仕組みは、ハードウェア、″ソフトウェア″又は″技術″として実装される。

2. ″暗号機能有効化″の仕組みには、例えば、シリアルナンバーを基にしたライセンスキー又はデジタル署名の証明書等の認証手段がある。


すなわち、暗号が使用されることができない場合、5A002.aで規制されないでしょう。 また、その暗号が、有効とされるために、"暗号機能有効化の手段"(すなわち、ライセンスキー)を必要とする場合、暗号機能のない品目又は暗号機能が有効となる前の品目は、5A002.aで規制されないでしょう

。 逆に、"暗号機能有効化の手段"(すなわち、ライセンスキー)なしに使用可能な暗号機能を有する品目は、5A002.aで規制される可能性があります。 また、有効にされている"暗号機能有効化の手段"を必要としない品目も、5A002.aで規制されるでしょう。