U.S. Export Control   米国の輸出規制

  米国の輸出規制 >>   DDTC各種ガイダンス >>   輸出管轄権 >>  輸出管轄権に関するQ&A  


貨物管轄権(CJ) よくある質問(FAQ)−                       2013.10.04更新
 
  Q1 目的:CJとは何ですか?
  Q2 輸出許可管轄権:私の品目は、米国軍需品リスト(国務省)で規制されますか、それとも商務省規制
     品リスト(商務省)で規制されますか?
  Q3 登録要求事項:我々の会社は、CJ請求提出の前に登録する必要がありますか?
  Q4 CJ提出者:誰がCJ請求を提出することができますか?
  Q5 USML品目の再審議:私の製品に対する管轄権が変わったと私は確信しています。私の製品の
     商務省リストへの可能性のある移動に対して、私はCJの手続きを使用することができますか?
  Q6 USMLカテゴリーの再審議:私の製品に対するUSMLのカテゴリー及び/又はサブカテゴリーが
     変わったと私は確信しています。新たなUSMLの番号分類を取得するために、私はCJの手続きを
     使用することができますか?
  Q7 輸出許可要求事項:私は、CJの審査手続きを通じて私の品目を輸出することができますか?
  Q8 機密扱いの情報:私の品目が機密扱いの情報を含んでいる場合、私はCJの手続きを使用すること
     ができますか?
  Q9 同様の若しくは類似の品目に対する請求の提出:私には、非常に類似しているいくつかの品目が
     あります。それらの品目を包含する1つのCJを提出できますか、又は類似の品目について1つの
     カタログ[一覧表]を提出できますか?
  Q10 外国軍への民生用品目の販売:私は外国軍に私の民生用品目を販売しようとしています。この
     ことにより、その品目はUSMLになり、国務省の輸出許可を必要としますか?
  Q11 CJ完了のスケジュール:CJの決定を得るのに、どれくらいの期間がかかりますか?
  Q12 L-100/C-130スペアパーツ管轄権:L-100/C-130スペアパーツの輸出許可管轄権に関して変更が
     ありましたか?
  Q13 DS-4076提出パッケージへの補足文書のアップロード:DS-4076様式に関係書類及びその他の
     付属書類をアップロードする方法は、DTradeのDSP様式で行ったのと同じ方法ですか?
  Q14 補足情報の提出:私には、既に提出されたCJの補足として役立つ可能性があるいくつかの追加
     情報があります。CJは、DDTCポータルサイトでEFS[暗号化ファイルシステム]を通して電子的に
     提出しました。CJを取り消して、やり直すことなく電子的なCJの補足を追加する方法がありますか?
     私は、要求を受けた機関に、その情報を直接的に提供することができますか?


Q1: 目的:CJとは何ですか?
A1: 貨物管轄権請求(又はCJ)の目的は、ある品目又はサービスが米国軍需品リスト(USML)でカバーされ、それ故に武器輸出管理法(AECA)及び国際武器取引規則(ITAR)に基づいて米国国務省により執行される輸出規制の対象となるか否かを決定することにあります。 USML及びITARのその他の関連する章(特にITAR§120.3及び§120.4)をチェックした結果、ある品目又はサービスの輸出管轄権に確信が持てない場合、あなたはCJの決定を請求しなければなりません。
Go to Top of Page

Q2: 輸出許可管轄権:私の品目は、米国軍需品リスト(国務省)で規制されますか、それとも商務省規制
    品リスト(商務省)で規制されますか?
A2: 国防機器取引管理部(DDTC)は、あなたの品目の貨物管轄権(CJ)審査に着手し、公式のCJ 決定をするこ となく決定的な回答を提供することはできません。 しかし、大部分の製造業者は、国際武器取引規則 (ITAR)§120.2、§120.3 及び§120.4(CJ プロセス関連)並びにITAR§121.1(米国軍需品リスト又は USML)を調べることによりこれらの品目を自ら分類することができます。 民生用とみなすことができた、 いくつかの品目(例えば、狩猟用ライフル及び商業衛星)が輸出目的においてUSML 上で捕らえられるため、これらのセクションのすべてをチェックすることが重要です。 ITAR の関連するセクションを調べ た後でも、あなたの品目がUSML で規制されるかどうか確信が持てない場合、CJ 請求を提出しなさい。 CJ 請求提出のためのガイドラインは、http://pmddtc.state.gov/commodity_jurisdiction/index.htmlでオンラインで見出すことができます。
Go to Top of Page

Q3: 登録要求事項:我々の会社は、CJ請求提出の前に登録する必要がありますか?
A3: CJ 請求の提出に先立って、DDTC による登録は不要です。
Go to Top of Page

Q4: CJ提出者:誰がCJ請求を提出することができますか?
A4: 我々は、必要な背景と販売情報のため、製造業者が請求を提出する方が良いと考えています。 しかし、 指定された代理人が製造業者のためにCJ 請求を提出することができます。 そのような場合、CJ 請求パ ッケージに、会社役員により署名された会社のレターヘッドに製造業者からの権限委任状、メールアド レス及び電話番号を含まなければなりません。 USML品目の再審議:私の製品に対する管轄権が変わったと私は確信しています。
Go to Top of Page

Q5: USML品目の再審議:私の製品に対する管轄権が変わったと私は確信しています。私の製品の
    商務省リストへの可能性のある移動に対して、私はCJの手続きを使用することができますか?
A5: 現在USMLで対象としている品目又はサービスの審理に関してCJ請求を用いることができます、その結果としてその品目又はサービスが商務省の輸出許可管轄権に移動する可能性があります。
Go to Top of Page

Q6: USMLカテゴリーの再審議:私の製品に対するUSMLのカテゴリー及び/又はサブカテゴリーが変わっ
    たと私は確信しています。新たなUSMLの番号分類を取得するために、私はCJの手続きを使用する
    ことができますか?
A6: いいえ、CJの手続きは、既存のUSMLカテゴリー又はサブカテゴリーの番号分類を請求する目的では使用されません。 そのような請求は、CJの手続きによってではなく、一般書簡(GC)のもとに国防機器取引管理部の輸出管理理事会に提出されます。
Go to Top of Page

Q7: 輸出許可要求事項:私は、CJの審査手続きを通じて私の品目を輸出することができますか?
A7: DDTCからのCJ請求への応答によって、品目又はサービスに対する適切な輸出許可権限を決定します。 それは、輸出許可或いは輸出の認可ではありません。 CJの決定が審査手続き中の間にあなたの品目の輸出又はサービスの実行を望む場合、輸出の前にDDTCに登録され、かつ、適切な認可を得なければなりません。 登録及び輸出許可に関する情報については、DDTCのウェブサイトをチェックしてください。
Go to Top of Page

Q8: 機密扱いの情報:私の品目が機密扱いの情報を含んでいる場合、私はCJの手続きを使用することが
    できますか?
A8: 機密扱いの情報が、その様式又は様式の添付書類の中に含まれていたり、言及されていてはなりません。 機密扱いの情報に関係する問題については、DDTC対応チームに連絡してください。
Go to Top of Page

Q9.同様の若しくは類似の品目に対する請求の提出:私には、非常に類似しているいくつかの品目があり
    ます。それらの品目を包含する1つのCJを提出できますか、又は類似の品目について1つのカタログ
    [一覧表]を提出できますか?
A9: CJの様式は、単一の品目を対象にし、グループや、ファミリー又は一覧表を対象にしていません。
Go to Top of Page

Q10: 外国軍への民生用品目の販売:私は外国軍に私の民生用品目を販売しようとしています。このこと
    により、その品目はUSMLになり、国務省の輸出許可を必要としますか?
A10: あなたの品目がUSMLで規制されていなければ、DDTC からの輸出許可は不要です。 たとえ、その品目を 外国軍に販売していても、それは正当です。 最終需要者によって輸出の管轄権は決定されません。
Go to Top of Page

Q11: CJ完了のスケジュール:CJの決定を得るのに、どれくらいの期間がかかりますか?
A11: それは請求の複雑さと審査機関の勧告に従って変わります。 我々は、60 日でCJ 請求を完了することを 目標としています。 しかし、スケジュールは電子提出能力の導入も手伝って、かなり短くなりました。
Go to Top of Page

Q12: L-100/C-130スペアパーツ管轄権:L-100/C-130スペアパーツの輸出許可管轄権に関して変更が
    ありましたか?
A12: このテーマのアナウンスについては、http://pmddtc.state.gov/licensing/aircraft_parts.htmlに進 んでください。 このページに、このトピックに関する関連の官報の通達及び共通的なQ&A が収載されて います。
Go to Top of Page

Q13: DS-4076提出パッケージへの補足文書のアップロード:DS-4076様式に関係書類及びその他の付属
    書類をアップロードする方法は、DTradeのDSP様式で行ったのと同じ方法ですか?
A13: いいえ、関係書類は、DTradeの輸出許可申請書について行われるものの様には、D-4076にはアップロードされません。 各付属資料は、提出パッケージの中にDS-4076とともにアップロードされる別々の文書となります。 すべての追加書類のファイル形式は、以下のタイプでなければなりません:
BMP、CSV、GIF、JPEG、JPG、PDF、PNG、RTF、TIF、TXT及びXML。
Go to Top of Page

Q14: 補足情報の提出:私には、既に提出されたCJの補足として役立つ可能性があるいくつかの追加情
    報があります。CJがDDTCポータルサイトでEFS[暗号化ファイルシステム]を通して電子的に提出さ
    れました。CJを取り消して、やり直すことなく電子的なCJの補足を追加する方法がありますか?
    私は、要求を受けた機関に、その情報を直接的に提供することができますか?
A14: この時点では、電子的に提出されるCJに添付される補足情報は、電子的にアップロードできません。 付加情報を提供するために二つの方法があります。
  T. この情報は、DDTCResponseTeam@state.govへのオープンな電子メールにより送られることが
    できます。標題の行にCJ事案番号を記入しなさい。電子メールの本文には、その情報に該当
    するDS-4076のブロック番号、及びその情報を要求している他の米国政府機関等の補足情報
    の一つ以上の提出理由を示しなさい。
  U. その情報にオープンな電子メールで送りたくない独自に所有する情報を含む場合、CJの事案
    番号、当該情報に対応するCJのブロック番号、及び、例えば、他の米国政府機関が当該情報
    を要求している補足提出の理由を含むことを適切に標示したCD上のPDFとしてDDTCの政策
    課に届けられなければなりません。該当するアドレスは以下の通りです:
      Directorate of Defense Trade Controls[防衛取引管理部]
      Attn:
      DTCP PM/DDTC, SA-1, 13th Floor
      2401 E Street, NW
      U.S. Department of State
      Washington, DC 20522-0113
いずれの場合も、この情報は、公式の電子CJファイルにダウンロードされ、省庁間の専門調査委員会に配布されます。 正式にDDTCに提出される情報のみが、CJの審査プロセスにおいて考慮することができます。
Go to Top of Page