米国の輸出規制
U.S. Export Control   米国の輸出規制

  
米国の輸出規制 >>  BISガイダンス >>  輸出許可に関するFAQ

輸出許可に関するFAQ

民生品目に対する輸出許可要求事項の指針となるFAQ *
 [訳者注]原文に記載されているリンク先が変更になっており、該当するURLに置き換えています。

* このページは、輸出を行うことに不慣れな人、及び特に輸出規制に不慣れな人に、私たちの規則及びそれらをいかに使用するかについての一般的な理解を与えることを意図しています。 しかし、ここで提供されるいかなる内容も、EARに相談することの代わりにはできません。

私の出荷品には輸出許可が必要ですか?
その可能性があります。 商務省からの米国の輸出許可要求事項は、あなたの取引に特有のいくつかの重要な要素によって作動される可能性があります: 輸出される実際の品目(貨物、ソフトウェア又は技術)、それはどこに行くのか、誰がそれを使用する予定であるのか、及び何のためにそれを使用するのか。 これらの要素のいずれかがあなたの取引において変わる場合、その輸出許可要求事項も変わる可能性があります。

商務省は、どのような種類の品目を管轄していますか?
産業安全保障局(BIS)は、輸出管理規則(EAR)の施行及び執行を行っています。 EARは、大部分の市販品の輸出及び再輸出を管轄しています。 私たちは、BISが管轄する品目を、それらが民生用途と軍事若しくは拡散用途の双方を持つゆえに"デュアルユース"品目と呼んでいますが、明らかな軍事利用のない単に民生用の品目についてもEARの対象としています。

商務省は、すべての輸出を管轄していますか?
商務省は、すべての商品、サービス及び技術を管轄しているわけではありません。 他の米国の政府機関が、より特殊な輸出を管轄するため輸出規制の責務を有しています。 たとえば、あなたが軍需品を出荷しようとする場合、あなたの品目は国務省国防機器取引管理部の輸出許可管轄の対象となる可能性があります。 財務省海外資産管理局(OFAC)は、対象とする外国、テロ支援組織及び国際的な麻薬密売人に対して経済制裁及び通商制裁の施行及び執行を行っています。 BISのウェブサイトで、輸出規制の責務を持つ各種の米国政府機関に対するリソースリンクを特定しています。 一覧表に進みなさい。

輸出できない制限国のリストがありますか?
制限事項は、国から国の間で、及び品目から品目の間で変わります。 最も制限される仕向地は、禁輸国及びテロ活動支援指定国(キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン及びシリアを含む)です。

それでは、私の出荷品に輸出許可が必要か否かを知るには、どのようにすればよいですか?
第一段階は、あなたの品目の輸出規制分類番号(ECCN)を知ることです。 ECCNのエントリーは、商務省の規制品リスト(CCL)で見つけら、特定の仕向地に対する輸出許可要求事項を示す規制理由を特定します。 輸出許可のその他の理由により、取引当事者及び当該品目の最終用途についての懸念に関連するあなたの出荷品に対して輸出許可が必要とされる場合があります。

すべての品目はECCNを持ちますか?
多くの市販用の商品は商務省の規制品リストにはなく、ECCNを持ちません。 これらの商品は、EAR99として指定されます。 EAR99の品目は、一般的に低レベルの技術、コンシューマ商品等にあたり、ほとんどの状況において輸出許可を必要としません。 しかし、あなたが計画しているEAR99品目の輸出が禁輸国に向けられるか、懸念される最終需要者に向けられるか又は禁止されている最終用を支援するものである場合、あなたは輸出許可の取得を必要とする場合があります。

商務省の規制品リストをどこで見つけられますか?
商務省の規制品リスト(CCL)< 邦訳>(輸出管理規則の§774 Supplement No.1)は、政府印刷局の電子的な連邦施行規則(e-CFR)のウェブサイトによってオンラインでアクセスできます。 そのファイルは、すべてのCCLを収載しており、検索(Ctrl+F)が可能です。 あなたは、そのファイルからカットアンドペーストすることができます(例えば、あなたとともに持ち歩けるよう、ファイル全体をMS WORDフォーマットにカットアンドペーストすることができます)。 この内容は、官報で公表される48時間以内に更新されます。 e-CFRの詳細については、ここをクリックしなさい。

では、私の品目がEAR99である場合、そのことは、輸出許可が不要であることを意味しますか?
EAR99の品目は、通常、"輸出許可不要"を表わす記号"NLR"のもとに出荷されます。 しかし、あなたが計画しているEAR99品目の輸出が禁輸国に向けられるか、懸念される最終需要者に向けられるか又は禁止されている最終用を支援するものである場合、あなたは輸出許可の取得を必要とする場合があります。

EAR99とNLRとの違いは何ですか?
EAR99は品目に対する番号分類です。 それは、特定の品目が輸出管理規則(EAR)の対象となるが、商務省の規制品リスト(CCL)の輸出規制分類番号(ECCN)によって特に定められていないことを示します。 番号分類では当該品目を規定していますが、当該品目の出荷品に対する認可は、その取引の状況によって変わる可能性があります。

NLRは、"輸出許可不要"の記号を表わします。 NLRは、EAR99の品目又はCCLに掲げる品目のうち当該仕向地に対して輸出許可が不要であるもののいずれにも用いることができます。 しかし、EAR99の品目の輸出であって、禁輸国に向けられるもの、懸念される最終需要者に向けられるもの又は禁止されている最終用を支援するものについては、輸出許可を必要とする場合があります。

もし私が私の品目がEAR99に分類され、NLRのもとに出荷できると判断した場合、私は何をする必要がありますか?
あなたは、輸出申告書又は自動輸出シシテム記録上のあなたの輸出に対する認可として"NLR"を明示します。 SEDに署名することにより若しくはAESを介して提出することにより(又はあなたの運送業者にそうすることを指示することにより)、あなたは、あなたの品目がNLRが適格であることを保証しています。 あなたは、また、あなたのNLRの判断及び輸出取引に関連する記録を5年間保管しなければなりません。

許可例外とは何ですか?
許可例外は、輸出管理規則(EAR)の対象となる品目であって、許可例外が適用できなければECCN及び仕向地に基づいて輸出許可が必要となるものを、規定されている条件のもとにあなたが輸出又は再輸出することができる認可です。

禁止されている最終需要者又は最終用途は何を意味するのですか?
あなたの品目が拡散活動(例えば、懸念国における核、生物/化学又はミサイルの拡散活動)を支援することになることを知っているか知るべき根拠を有している場合、輸出許可が必要とされます。 輸出管理規則の§744は、最終需要者及び最終用途規制に関連する特別な規則を詳細に説明しています。

輸出許可要求事項は、私が品目を送る方法により変わりますか?
いいえ、変わりません。輸出許可要求事項は、出荷又は伝送の方法にかかわらず同じです。 これには、インターネットを介した技術の品目の発送又は書類カバンで携行される品目を含みます。 [注:輸出許可要求事項は変わりませんが、許可例外の適用可否は変わる可能性があります(すなわち、 BAG又はTMP)。]

私は企業ではありませんが、ちょうど今、友人に何かを海外へ送っているところです。 このことは、私の品目が輸出許可を必要とするか否かについて私が心配する必要がないことを意味しますか?
何かが渡されているか否か、販売されたか否かについては、あなたの発送品の輸出許可要求事項には影響を及ぼしません。 あなたは、依然として輸出許可が必要か否かについて判断する必要があります。

私が送っているものが2500ドル未満であるか否かは重要ですか?
いいえ、発送品の価額は輸出許可要求事項には影響しません。 しかし、発送品の価額はSED又はAES記録の提出についての要求事項に影響する可能性があります。 輸出許可が必要とされる場合、価額に関係なく輸出申告書が同様に必要となります。

私は、私の運送業者に、輸出申告書又はAES記録上の輸出許可に関連する情報を実際に記入してもらうことができますか?
あなたの品目のECCNを判断し、関連するあらゆる輸出許可要求事項を判断するのに、あなたの品目の技術的な評価が必要とされるので、あなたの運送業者は、通常は、あなたの要求事項について判断することができません。 あなたは、適切な輸出認可に対して最終的な責任があります。

私の取引先が、ここ米国で彼らの運送業者に品目を送るよう私に依頼した場合はどうですか?
この場合でも私に義務がありますか? はい、あります。 あなたの取引先が米国の運送業者に当該品目を出荷するよう指示しているからだけでは、その輸出取引における義務をあなたから解放することはありません。 適切な輸出認可を確定し、かつ、必要な場合には輸出許可を取得する責務はあなたの義務です(ただし、あなたの取引先が輸出許可の責務を、彼らが米国に所在する他の当事者(例えば、運送業者)に任せていることを書面で示す何らかのものをあなたに与えている場合を除きます)。 いずれにせよ、あなたは輸出申告書上で"輸出者"として現われ続けます。 この場合、順守を確実なものとするために講じることを当該運送業者が行うため、あなたは当該運送業者に具体的な情報を与える必要があります。 あなたは、米国の主たる受益者(USPPI)として輸出申告書に挙げられ続けます。

私がここで開始する前に行った過去の輸出から若干の記録を手に入れていますが、実際にその同じ情報を再度使用することができますか?
必ずしもできるとは限りません。 輸出許可要求事項は、取引に固有のものです。 もし品目、仕向国、最終需要者又は最終用途が変わった場合、その輸出が適格とする認可の種類に影響を及ぼす可能性があります。

私の会社は長い間輸出していました、そして、私はこれまでECCN又は輸出許可要求事項について聞いたことがありません。 この要求事項は新しいものですか?
いいえ、この要求事項は新しいものではありません。 あなたが輸出する品目が商務省の規制品リストの特定のECCNにリストされておらず、あなたが出荷する仕向地に対して輸出許可を必要としないことを、あなたの会社のどなたかが既に判定したかも知れません。 番号分類は時間とともに変わることに注意してください。 輸出者は出荷品に対して適切な認可を判断する責務があるので、あなたは商務省の規制品リストを見直すか、番号分類請求を提出することが望まれます。

あなたが適切な認可なしに輸出を行ったことに気付いた場合、あなたはあなたの会社の経営者に通知し、BISに自発的に開示することを考慮しなければなりません。

私は私の品目に対する別表B番号を知っていますが、そのことはECCNを決定する際に助けとなりますか?
いいえ、助けとはなりません。あなたが出荷を行う際にECCNと別表B番号の双方を知っている必要がありますが、両者には相関がありません。

別表B番号とは何ですか、また、どのようにすれば入手できますか?
別表Bの貨物コードは、通関統計目的で製品を特定するために使用される10桁の数字コードです。 国勢調査局の海外貿易部は、電話301-763-2238であなたを援助することができます。 別表Bの検索エンジンで利用できます。

私は商務省から電話で公式のECCNの決定を入手できると教えられました。 これは本当ですか?
いいえ。ECCNは当該品目の技術的な特性に基づいており、それが番号分類されるためには詳細な分析が必要です。 商務省は、あなたに電話でECCNを提示することはできません。 しかし、オンラインリソース及び当該品目のあなたの技術的な理解を使用して、当該品目の自己番号分類をいかに行うかについて、私たちはあなたに援助することができます。 我々は、また、番号分類のための公式な請求を提出する手順を説明することができます(これは、通常4〜6週間かかります)。 輸出者支援部は、私たちのWashington DCにある本部(電話:(202)482-4811)及び私たちのカリフォルニアにある西部地方事務所(電話:(949)660-0144又は(408)998-8806)から利用できるカウンセラーを置いています。

私には、私の番号分類請求への回答を待つ時間がありません。 これに代わるものがありますか?
あなたが、あなたが輸出しようとする品目の生産者でない場合、その品目はその生産者自身が輸出している場合、その生産者によってすでに番号分類されている可能性があります。 あなたの品目のECCNを判定する最も速い方法の1つは、その生産者に相談することです。 多くの企業は、彼らのウェブサイトでECCNをリストしています。

私は、1996年に商務省によって行われた公式の番号分類を見つけました。 今でもこれを使用することができますか?
商務省の規制品リスト及びECCNはしばしば変更されますー時には品目がCCLに追加され、またある時には品目の仕様が変更されたり、削除されたりします。 これに加えて、あなたの品目は以前に番号分類されたものとは異なる技術特性を持っている可能性があります。 あなたの品目の番号分類に影響を及ぼす可能性がある商務省の規制品リストへの変更に遅れないでいることが重要です。

一旦私が私のECCNを確定したなら、私は何をすればよいのでしょうか?
一旦あなたが品目の番号分類を行ったなら、次のステップは、品目の"規制理由"及び最終仕向国に基づいてあなたが輸出許可を必要とするか否かについて確定することです。

あなたは、ECCNとカントリーチャート(§738 Supplement No.1)を比較することからこのプロセスを始めます。 ECCNとカントリーチャートは、まとめると、単に品目の技術的パラメータと最終仕向国に基づいて輸出規制の対象となる品目を明らかにします。

私は私の取引先をどのように審査すればよいのでしょうか?
特定の個人及び組織は、米国の輸出品を受け取るのを禁止されています。 他の者は、ECCNと国に基づいて或いはEAR99の指定に基づいて通常であれば輸出許可を必要としない品目でさえも、その取引が輸出許可された場合にのみ商品を受け取ることができます。 あなたの輸出又は再輸出取引に関連する種々のリスト(例えば、輸出権利剥奪者リスト及びエンティティリスト)があります。 これらのリストは、BISのウェブサイト邦訳>で入手できます。
これに加えて、BISは、BISのウェブサイトに、"knowing your customer"[顧客確認]及び取引において可能性のあるレッドフラグに関する ガイダンス邦訳>を持っています。

適切な輸出認可を取得しなかった場合、何が起こりますか?
輸出の順守に対する責任は輸出者にあります。 米国の輸出関連法令の違反に対して行政上及び刑事上の罰則があります。 行政上の違反ごとの最高の罰金は5万ドルです。

私は小規模な経営者です。 これらの規則にはすべての者が従わなければなりませんか?
はい、その通りです。 大部分の低レベルの製品又はデュアルユース製品は、指定記号EAR99を持ち、NLRの指定記号のもとでの出荷が適格であることを心にとめておきなさい。 この指定記号を持つ製品は、特定の禁止された仕向地、最終需要者又は最終用途に対してのみ輸出許可を必要とします。

私が輸出許可を申請しなければならない場合、オンラインでそれを行うことができますか?
はい、できます。 輸出許可を取得するには、インターネットベースの電子的な輸出許可システム(SNAP-R)を使用しなさい。 あなたは、電子的な輸出許可申請書又は番号分類請求を提出する前に、企業認証番号(CIN)を最初に取得しなければなりません。 SNAP-RとCINに関する詳細な情報については、BISウェブサイト邦訳>にアクセスして見てください。

私が追加の質問があるか、具体的なガイダンスを必要とする場合、私が電話をすることができるどなたかがおられますか?
援助は利用できます。 輸出者支援部は、私たちのWashington DCにある本部(電話:(202)482-4811)及び私たちのカリフォルニアにある西部地方事務所(電話:(949)660-0144又は(408)998-8806)から利用できるカウンセラーを置いています。

インターネットで利用できる情報がありますか?
はいあります。更なる輸出規制情報及び関連リソースは、オンライン(www.bis.doc.gov)で利用できます。

 有用な用語:

自動輸出システム(AES)記録
輸出申告書と電子的に同等のもの。

産業安全保障局(BIS)
商務省の部局であって、"デュアルユース"品目に関する輸出規制の執行及び施行に対して責任を負っています。 BISは、輸出管理政策の作成、輸出許可の発行、違反者の起訴、EAAの反ボイコット条項の施行によって、輸出管理法(EAA)を執行しています。 BISは、国防産業基盤の強化、米国の国防企業の支援及び他国の輸出規制システムの開発の援助も行っています。

商務省の規制品リスト(CCL)邦訳
産業安全保障局の当局の主体性に基づいて輸出許可要求事項の対象となる品目のリスト。 商務省の規制品リスト(CCL)は、輸出管理規則(EAR)の§774のSupplement No.1で見つけられます。 [注:EAR99の品目はCCL上にはリストされません。]

国防機器取引管理部(DDTC)
国務省の機関であって、国防サービス及び国防(軍需品)物品の輸出を許可しています。

輸出規制分類番号(ECCN)邦訳
商務省の規制品リスト(CCL)上の品目の個々のカテゴリーは、輸出規制分類番号によって特定されます。

輸出管理規則(EAR)
連邦規則集(CFR)第15編の§730-774で示される規則であって、輸出管理法(EAA)及びその他の法令上の要求事項を施行するため商務省によって発行されているもの。 EARは、官報で公表される規則によって改正されます。

輸出許可不要(NLR)
輸出申告書に記入される記号であって、BISの輸出許可が不要であることを保証するもの。

海外資産管理局(OFAC)
財務省の部局であって、特定の禁輸国及び制裁規定を設けられた個人及び組織への輸出及びこれらとの取引に許可を与えます。

輸出申告書(SED)
米国の貿易統計を編集するために統計局により使用され、かつ、輸出管理規則を執行し施行する際に産業安全保障局により使用される文書。

簡略ネットワーク申請手順−再設計版(SNAP-R)
ウェブブラウザーを使ってインターネットから申請書を提出する方法。 SNAP-Rを使用するには、最初に企業認証番号(CIN)の発行のためBISに申請しなければなりません。