U.S. Export Control   米国の輸出規制

  米国の輸出規制 >>  BIS各種ガイダンス >>  商務省規制品リストの番号分類  

 商務省規制品リスト
(CCL)の番号分類

 商務省規制品リスト(CCL)
 の番号分類

 輸出規制分類番号(ECCN)
 (ECCN) ⇒

 Commerce Control List
 
Index (BIS) ⇒

 商務省規制品リスト
 (CCL) ⇒

 番号分類請求
 
ガイドライン ⇒

 一般に公開されている
 
番号分類情報 ⇒

 貨物管轄権 Commodity
 
Jurisdiction ⇒

 商務省規制品リスト
(CCL)の番号分類
リンク

 再輸出ガイドラインの
 刊行物 ⇒

 ECCNのパンフレット ⇒


  商務省規制品リスト(CCL)の番号分類

商務省規制品リストの番号分類 認可が輸出に必要とされるかどうかに関する決定は、取引における以下の基準によって判定されます: 1) その品目のECCNは、何ですか; 2) 仕向地は、どこですか; 3) 最終需要者は、だれですか;及び 4) 最終用途は、何ですか。 大多数の米国の商業ベースでの輸出には輸出許可を必要としませんが、このプロセスの第一段階はあなたの品目の正しい番号分類を決定することです。

あなたの品目が米国商務省の管轄下にある場合、続いて、あなたの品目が<商務省規制品リスト(CCL)で見出せる特定の 輸出規制分類番号(ECCN)を有しているか否かについて判定しなければなりません。 輸出管理規則(EAR)の対象品目であって、CCLでリストされないものは、EAR99に指定されることに留意しなさい。

あなたの製品の輸出規制分類番号(ECCN)を判定するのに3つの方法があります。

1. 供給元に行きなさい。

あなたが輸出を行う品目のメーカー、生産者又は開発者に、彼らが彼らの製品を番号分類したか否か及びそのECCNをあなたに提供できるか否かについて確認するため、連絡しなさい。 彼らが過去にその品目を輸出した場合、彼らがECCNを持つている可能性があります。 ECCNは時間とともに変わる可能性があることに留意しなさい、従って、確認するために、あなたが同意しているECCNをチェックしてください。

2. 自己番号分類

自己番号分類を実行するために、あなたには、あなたの品目の技術的理解がなければなりませんし、CCLの構造とフォーマットをよく知っている必要があります。 CCLは10のカテゴリーに分けられ、ECCNの最初の桁で表わされます。 10の各カテゴリーは、5つの製品グループに分けられ、ECCNの第2桁で表わされます。 一旦適切なカテゴリーと製品グループが特定されたなら、それに続く特定のECCNのうちの1つと、あなたの品目の特定の特性と機能を照合しなさい。

CCLを探査するのに、商務省規制品リストのIndexを利用することもできます。 CCLのIndexで、あなたの品目を捜すことから始めなさい。 可能性のあるECCNを見つけたなら、あなたの品目がそのECCNのパラメータに適合するか否かを判定する前に、CCLの当該ECCNのエントリーを最後まで読まなければなりません。 当該ECCNが、"Items"[品目]の標題の下にサブパラグラフまで細分化されたリストが記載されている場合、あなたの品目が当該ECCNのカテゴリーでリストされる技術仕様に合致することを判定するために、これらのサブパラグラフを最後まで読むことが重要です。 正しいECCNのエントリーを見つける前に、あなたは複数のECCNの説明をチェックすることが必要になる場合があります。

CCLを使用する方法に関する特定の指示事項について、EAR§738を読みなさい。 また、我々の商務省輸出規制入門書(番号分類のプロセスをステップバイステップで丹念に教える学習しやすいガイド)にアクセスすることもできます。

3. 産業安全保障局(BIS)の公式の番号分類の請求

簡略ネットワーク申請手順再設計版(SNAP-R)を介して、オンラインで貨物番号分類請求を提出しなさい。 オンラインでSNAP-Rシステムにアクセスし、あなたの請求を提出する前に、企業認証番号(CIN)を取得しなければなりません。

あなたの請求時にどんな情報を提供しなければならないかについての見識をより多く得るために、我々の 再輸出ガイドラインの刊行物にアクセスすることもできます。

4. 私の製品がリストされていない場合はどうですか?

あなたの品目についてCCLに対する慎重なチェックの後で、あなたの品目がどのECCNのパラメータにも適合しないことを確信したなら、当該品目が 他の機関によって規制されないことに留意のうえ、あなたの品目はEAR99として指定されることができます。 これが本当ならば、以下の基準のすべてが満たされる限り、あなたの品目は、いかなる輸出許可も不要であることを明示する許可例外NLRを用いて輸出することができます:

  当該品目が、制裁規定を設けられた仕向地に出荷されないこと。
  当該品目が、輸出権利剥奪者、制裁規定を設けられた団体、又は禁止された
  最終需要者に出荷されないこと。
  当該品目が、より高度の規制の対象となる特定の最終用途のために使用さ
  れないこと。

これらの輸出制限に関する詳細については、EAR §736、§742、§744及び§746を読みなさい。 さらにガイダンスを必要とするなら、アウトリーチ教育サービス部門(TEL:202-482-4811)又は西地区地方事務所(TEL:949-660-0144)に連絡することができます。 BISは口頭のアドバイス及びガイダンスを提供することができますが、電話で確定的な番号分類を与えることはできません。