番外編 その11! やっと実現、台北訪問記


2004年02月27日 (金) 


実は、去年の3月、台湾に行く予定を立てていたのが、なんと、前日に湾岸戦争が始まってしまい、泣く泣くキャンセルしたのであった。結局その後、SARSなんかもあったりしたのでキャンセルしたのは正解だったかも知れぬ。 
今回、そのリベンジということで台北に行くことにした。このHPでも書いているが、僕は Unitedのマイルをためていて、今回はこれを使うことにした。つまり、取りあえずかかるお金はホテル代のみなんである。 
午後2時くらいまで仕事して、早退して (こういう時フレックス勤務だと便利だなぁ) NRTに向かった。今回は夕方発、夜着の便なのである。ちなみに私、出張でStar Allianceの飛行機を利用したりもしていたので、UnitedはPremier会員になってしまっている。今回、Premier 会員だと、エコノミープラスなんて席に座らせてもらえるとか、列に並ばずに優先的に飛行機に乗り込む特権があるなんてことがあることが分かった。ちとだけ偉くなった気分 (^-^) 台北までは3時間程度であっという間に着いてしまった。空港から街に向かうのに、タクシーだと 1000元 (約1300円) バスだと100元 (約130円) やはりここは後者に挑戦せねばならぬ! というわけで、今回の宿泊先、フォーチュナホテルの近く、民権西路駅まで行くエバー航空のバスに乗り込んだ。 
地図に寄れば、2つめに止まるところが民権西路駅の筈だが、中国語の発音は◎△※??? で、場内アナウンスがさっぱり分からぬ。仕方ないので、隣に座っていた親切そうなおっちゃんに尋ねて "ここだよ" と教えてもらい、無事乗り過ごすことなく下車することが出来た。民権西路駅からフォーチュナホテルまで歩いて10分程度。途中セブンイレブンなんかもあるのは他のアジアの国と同じだなぁ。それにしても、東京はまだ少々肌寒かったのが、なんか蒸し暑いゾ! 。。。なんて思っているうちに、フォーチュナホテルに到着。フォーチュナホテルは、まぁ超デラックスという感じでもなかったけれど、便利な場所にあるし、僕にとっては必要にして十分。一泊8000円 (ちなみにHIS経由で申し込んだ) だし、こんなものであろう。 
checkinを済ませ、少し休んだ後、セブンイレブンに出撃、ミネラルウォーターなんぞをゲットしてきた。ちなみに、パックに入ったジャスミン茶 (cold) なんぞもあったので買ってみたが、なんと砂糖が入っていて、これはずいま〜 (泣) 部屋には日本語の観光ガイドなんかもあったりした。陽明山では今つつじのシーズンなんだそうである。 (と日本語でも書いてあった) すかさず、 "○球の○き方" と睨めっこして、陽明山ってどうやって行くのかしらんなんて調べたりしているうちに、急に眠気が襲ってきて (-_-)zzz モードに突入したのであった。


2004年02月28日 (土)


ホテルの傍にはスタバなんかもあったりしたので、ここで朝食ということにした。日本では夏限定のメニューだったマンゴフラペチーノがあったりして、うーむさすが南国! と感心してみたりして。
まずは中山北路二段をドンドン南下して、台北駅まで歩いてみることに。それにしても暑い。東京はまだ冬モードだったのにな〜。夏なんかに来てしまったらさぞかしムシムシ状態なことであろう。セブンイレブンだのモスバーガーだのもあったりして、なんだか風景は日本のそれに似ていたりもしている。
30分ほど歩いて、台北駅に到着! 台湾は、PCパラダイスであることでも有名だが、駅の近くにもPC屋さんがずらりと入ったビルなんかがあったりして、 (職業柄???) 覗かずにはいられなかった。
それから、駅前には新光タワーと言うのが入っているが、下は三越になっていて、まずはここを覗いてみることに。お茶売り場を見ていたら、店員さんが烏龍茶を試飲させてくれた。なかなかまいう〜♪だったので、まずはこれをゲッツ!
次に、タワー頂上まで行ってみた。まーサンシャイン60みたいな感じかな。天気が良く、視界良好でなかなか楽しめた。何故か、台湾のタレントらしき女性がカメラに囲まれており、誰なんだか名前を知らないけれど、撮り合えずデジカメでパチクリ! この女性、このHPにも載せておきます。一体誰なのかご存知の方おられましたらメールで教えてくださいませ。
台北駅の中に入ってみたりしているうちに、いい加減昼になってしまったので、ここらでランチタイムということに。新光タワーには、欣葉という、銀座にもあるし、台北にもあちこちあるレストランがあったので、ここに入ってみた。ウェイトレスのおばちゃん、しきりとランチセットみたいなのを薦めてくるのでこれにtry! 超まいう〜♪という程でもなかったけれど、まぁまぁかな。
その後は、更に歩いて西門町へ。途中、天仁名茶という店を覗いていると、ここでも烏龍茶の試飲を薦められてまたまたお茶をゲッツ! 日本で飲むそれよりは渋みがなくて美味しい気もするが、しかし値段はそんな安くないなぁ。
西門町は、その昔、日本人向けの遊郭なんかがあったところだそうだが、今は、言ってみれば原宿みたいなところかな。週末ということもあって、若者でごったがえしていた感じ。回転寿司ならぬ、回転飲茶なるものもあったりして、うーむ、話のタネにあそこを tryしてみても良かったかなぁ。。。と思ったりもした。
そうこうしているうちに夕方になったので、地下鉄に乗って士林の夜市に行ってみることにした。台北の地下鉄はできたのがまだ最近なのか、とても近代的で快適快適。台北のダウンタウンからちょっと外れたところに士林はあった。なんだかお祭りみたいな感じで、屋台からは美味しそうなんだか怪しいんだか分からないにおい。最近日本でブレーク中のインリンちゃんも好きだという臭豆腐も売っていたが、その余りに強烈なにおいに私チャレンジ精神が薄れてしまいました ^^; 結局tryしたのはフルーツジュースのみで、これはまいう〜♪であった。さすが南国、フルーツ天国!
お茶を買ったりもしていて結構荷物が増えてしまったので、一旦ホテルに戻り、夕食は、ホテルに程近い、海鮮餐庁というところで海鮮火鍋に挑戦。なかなか海の出汁が出ていて、まぁまぁまいう〜♪であった。しかし、台湾みたいに暑い国でどうして火鍋みたいなものがあるのか不思議だ。ちなみに、タイすきは、実は日本人のしゃぶしゃぶをタイの人がぱくったのが起源らしい。火鍋ももしかしてそうなのかな。
食事後は、長春路にある "京美マッサージ" というところに行ってみることにした。やはりアジアを旅する時には最後はマッサージでしょう! 入り口には志村けんや、飯島愛の写真も貼ってあったりして、それなりに由緒正しいところらしい。お値段は60分で \3000位。てもみんの1/2だが、それでも香港や中国に比べるとお高めかな。
で、肝心のマッサージであるが、もー痛いのなんのって!! 香港やタイのそれと違って、情け容赦なく悪いところはグリグリ! という感じであった。全身マッサージの時にはおばちゃんが背中に乗ってきて足でグリグリ! みたいな感じであった。
しかし、実はこの旅に出る前、少々腰痛っぽかったのがすっきり治ってしまった。良薬口に苦しではないけれど、効果あったのかしらん?


2004年02月29日 (日)


今日も朝はまずはスタバから始まった。
思うに、昨日は余り台湾っぽいデジカメ画像が撮れていなかった。そこで、今日は、地下鉄に乗って中正紀念堂というところに行ってみることにした。ガイドブックにも載っているけれど、ここは蒋介石を祭っている場所で公園みたいになっている。花もきれいに植えられていたり、出店も出ていたりして、天気も良かったし、しばしぼーっとして癒しの時間を過ごした。
なんだかのんびり過ごしているうちにあっという間にlunch timeに。なんとなく飲茶な気分だったので、ガイドブックとも相談して、地下鉄を乗り継ぎ、グロリアプリンスホテルの2階にある飲茶に行くことにした。
ここは、結構に有名な人も来るらしいが、日本円で\2000程度だったし、納得できるまいう〜♪だったし、合格点だったんじゃないかな。日曜だったせいか、家族連れが結構いたりもした。ちなみに、グロリアプリンスホテル自体はまともなホテルだが、林森北路は、夜にはぼったくりバーなんかが営業しているちとばかし怪しいところらしい。うーむ (-_-;
午後からは陽明山に行こうかなとも思ったけれど、MRT (地下鉄) でなくバスで行かねばならず、少々面倒くさい。それなら水場に行ってみようと思い、MRTに乗って "淡水" というところに行ってみることにした。
淡水まではMRTで1時間位かな。途中 "新投温泉" なんて駅もあったりして、大いに惹かれた。もし、また台湾に来ることがあったら、今度は温泉目当てでもいいかななんて思ったりして。 (ガイドブックに寄れば台湾の温泉は原則水着着用らしい)
淡水はちょっとお台場みたいな感じであった。水がある風景ってなんか安心する。しかし、台北に住んでいる人がちょっと週末に出かける場所なのか、もー人人人。。。てな感じであった。アジアの町って、どうしてちょっとした都会はどこ行っても人だらけなのであろう? アメリカに住んで以来、どうも人ごみはすっかり苦手になってしまったのである。出店なんかもあったりして、お祭り騒ぎ状態!
一日の経つのは早い。段々夕方になってきてしまった。最後に、もう一度台北ダウンタウンに戻って、頂好という、東京でいうと銀座みたいなところを歩いてみることにした。なぜここに行くことにしたかというと、そごうがあって、建物が中国っぽいとガイドブックに書いてあったのを見てみたいと思ったからなのであった。
夕食は、皇城老馬という四川の店で魚を大蒜と一緒に蒸したものを食べた。この店、ガイドには載っていなかったし、メニューも中国語のみだったけれど、なかなかまいう〜♪だったし、お値段お手頃で良かったです。
夕食後はネオンで輝く頂好の様子をデジカメパチクリなんぞして、ホテルに戻ってきた。明日の空港への足を確保すべく、コンジェルジェのおじさんに相談したところホテルバスがあるという。600元也なのでタクシーより安い。帰りはこれにしよう!
昨日、台湾マッサージは、効くは効くけれど、もーれつに痛い! ということが良く分かったので、今日はやめておいた 笑


2004年03月01日 (月)


例によって例のごとく、帰りの便は朝早いんである。10:30には空港を出るflightであったが、ホテル発のバスは8:00発とのこと。ちと早めに起きて、荷造りしてcheckout。
バスは、実は僕一人しか客がいなかったため、リムジンになってしまった。 "リムジン" とは言っても、普通の車。 (ちなみに、車種はボルボ君であった) ラッキー!
台北も結構な大都市。渋滞がひどかったせいか、空港が何だか遠く感じたが、何とか1時間程度で到着。特に空港では行列が出来ているという感じでもなく、さっさとcheckinできてしまった。
しかーし、空港で朝食を取ろうと思っていたのは当てが外れてしまった。なにせ殆ど店がないんである。うーむ。機内食までの辛抱かぁ。。。という感じであったが、DFSでお茶など買って過ごす。街中を探しても結局見つけられなかった "東方美人" をここで発見! すかさずgetした。帰りは約2時間40分で成田に到着。台北は何だか東京の4月下旬みたいな気候だったのが、なんと日本では雪が降っていた!!

かくして、私の20カ国目訪問は無事終了したのであった。しかし、故宮博物院は今回制覇しなかったな。やや不便なところにあるし、見るものが沢山だそうなので、今度は1日故宮で潰すつもりで来てもいいかも。
台湾の印象は、韓国よりは中国っぽいし、香港よりは日本っぽいという感じかな。ホント、時間的はすぐ行ってしまうという感じなので、いつか、また来ることもあるような気がする。さて、今年は何カ国制覇できるかしらん? 30カ国目を制覇するのはいつか???


[戻る]