2001年9月 [その1] [その2] [その3]


9月01日(土) 


さて、今日はRocky Mountain National Parkへの旅である。帰国する前にやっておきたかったことの一つ、それが国立公園tourである。尤も、国立公園に行くにはなかなかちょっと週末に飛行機で… という訳にはいかない。まず、飛行機で最寄の大都市まで行き、そこからレンタカーして何日かかけて辿り着く… というpatternでないといけない。何せ研究でも結構未だやることがあるので、そんな長い休みを今取ってしまう勇気はちとない。 
が、 "地球の歩き方" 等で調査した結果、Rocky Mountain National ParkだったらDenverから車で 1時間位で行けることが判明した。このため今回のtourを決意した次第なのである。 
宿泊している "Holiday Inn" の近くに "Corner Bakery" なるパン屋があった。tour mateさんに寄れば、この "Corner Bakery" はCAにもあってなかなか行けるのだとか。ここでbreakfastということにした。なかなかの美味、Subwayより美味しい気がした。日本の "Pompador" (spell合っています???) に匹敵する気がした。初めてアメリカに来た時、 "伸び伸びして過ごしやすい国だなぁ" と思ったものの、食べ物はまずい! と思った。それが大都市では段々質が向上している気がする。まぁC-Uみたいな田舎だとまだまだの気がするが。 "地球の歩き方" に寄れば、Rocky Mountain National Parkでは食料をgetするところがないのだとか。なのでlunchのためのsandwichもここで買ってしまうことにした。 
一路 Rocky Mountain National Parkへ。途中、Boulderという町を通過した。ここは "University of Colorado at Boulder" という有名な大学があるところである。段々岩山が見えてきたりして何か国立公園っぽい雰囲気になってきた。う〜む、わくわく!! 
1時間位運転して、入口の "Estes Park" に辿り着いた。色々面白そうな民芸品の店などもあって、時間があったらゆっくり眺めたかったのだが、いかんせん国立公園は広い! ので先を急ぐことにした。入口ではentrance feeを$15も取られてしまった! たっかいなぁ… 
話に寄ればElkのような動物もいるらしいが、そんなに目にはしなかった。標高が高くなるに従って周囲の景色が変わっていくのが面白い。 (木の種類が変化していくのである) 実は富士山の頂上なんかより遥かに高いところまで車で来てしまっているのだ! 山の天気は変わりやすいというのは本当みたいで、途中、向こうには晴れ間が覗いているのに雨が降ってきたりもした。先日Seattle でgetした "North Face" のウィンドブレーカーを持ってきて正解だったかも知れぬ。 
途中 "Forest Canyon Overlook" で車を止め、デジカメ撮影を試みた。が、雨が降ってきたし、寒いしで大変だった。tour mateさんは車の中で待っていて、僕だけが撮影を試みた。何を隠そう、僕は寒さには強いのである。暑いのは苦手だが。空も曇っていたし、うまく撮影出来たかなぁ。その後、更に進み、"Alpine Visitor Center" に辿り着いた。ここでは食料もちゃんと売っていた。 "Corner Bakery" で食料をgetしてきた我々は、寒さを凌ぐためにsoupだけを買ってここでlunch することにした。lunchに先立ち、山の頂上みたいなところまで歩いていってデジカメ撮影を試みた。さっきまで雨だったのが何故か晴れてきた。 "Visitor Center" では土産物関係も売っていた。僕は絵葉書をget。 
"Visitor Center" を後にして、公園のもう一つの出口にある "Grand Lake" を目指した。それにしてもNational Parkは広い。きっと冬には雪が積もって大変なんだろうなぁ。Grand Lakeから、来たのとは別のrouteでDenverに帰ることにした。行けども行けども山道で、時々町を通過したりしたが、町の入口には "Ski Resort" の看板が。そう言えば今回のUS滞在ではskiをしなかった。これまたちと心残りである。次回US生活する時には絶対ski関係のものを持ってこよう! 
ちょっと長いこと運転したのでtour mateさんともども若干疲れてしまっていた。またまた16th Ave. 沿いで夕食を取った。僕はglassに2杯wineを空け、ちょっといい気分。


9月02日(日)


昨日強行軍をしたので今朝は少しのんびりして、DenverのDowntownでlunchをしたり店を覗いたりした。ここにも最近お気に入りになりつつある "Banana Republic" を発見。なんかSeattleや Indianapolisより品揃えが良かったような。Chicagoにもあるので、帰国前に色々買い占めなければ。衣料品関係も日本よりアメリカの方が全然安いもんなぁ。
今回のtour mateさんは実はCA在住の友人だったのだが、CAにあちこちある "Jamba Juice" という drinkの店をDenverでも発見。tour mateさん曰く美味しいのだそうである。最近、ここアメリカでは "Smoothie" なるdrinkを良く目にする。要は100% fruitsのmix juiceで、純粋な液体でなく、ちょっと凍った状態でmixさせるのかドロッとした感じである。僕がChampaignで最近良く行く "Za's" にもある。なかなか美味なのである。日本にもあるのかな? どうやらbananaが入っているのがpointらしい。 ("Banana Repblic" の話題と合わせて "バナナ繋がり" ???) "Jamba Juice" はそのSmoothieの店である。 "地球の歩き方" でLos Angelesを見ると載っているが、その記述の通り、確かにfruit 100%で美味しい! のであるが、兎に角容器が巨大で、とても全部は飲みきれない! という感じであった。空港でtour mateさんとbye-byeした。僕みたいなマイペース人間と1週間も生活を共にして疲れなかったのかな。楽しんでいただけたのだろうか???
帰りの飛行機はNorthwestで、Minneapolisでtransitである。飛行機を待っている間ちょっと時間があったので絵葉書を買ったりもした。この1年で本当に絵葉書collectionが増えた気がする。 Midwayには夜の11時30分に着いた。ここでちょっとしたtroubleが発生。実はMidwayのEconomy Parking は空港からちょっと離れたところにあって、shuttleに乗らないといけないのである。また、結構広い駐車場で、自分の止めた近くまで行くshuttleに乗らなければならない。が、一昨日の日記にも書いた通り、行きでは危うく飛行機に乗り遅れそうだったので駐車してからdashで搭乗口まで向かったのであった。なので、自分がどこのEconomy Parkingに止めたのか覚えていなかった ^^; ヤマカンで、 "このshuttleに乗ればOKに違いない!" と乗り込んで、適当なところで降りて、大分さ迷い歩いたけれど、無事Golf君を見つけることが出来た。そう言えばアメリカではsupermarketの駐車場が広くて、買い物した後迷子になるなんてこと良くあるもんなぁ。
が、こんなことははっきり言って、その後に起こった大きなtroubleのpreludeに過ぎなかった。Midway からChampaignに向かう途中、I-294というInterstateを通るが、ここはtollwayである。即ち、料金所があって、それぞれで¢40ずつ払わないといけないところが2箇所ある。この2番目のtollwayで、ここを出ればI-57に乗り、あとはChampaignまで一直線! というところでなんと突然Golf君のengineがかからなくなってしまった!!!
不幸中の幸いだったのが、料金所だったので、後続の車の人の助けを借りて、手で車を押してもらって路肩に移動できたこと、また、料金所の近くだったのでpublic telephoneがあったことである。更にもう一つ不幸中の幸いだったのが、先日両親にTexasのmap&tour bookを送るため、6月にAAAの会員になっていたことである。もしなっていなかったらレッカーを呼ぶのにもどうしたら良いか分からないことになっていた。 "1年だし、携帯電話なんていらないや" と思っていたけれど、こんな事態が生じてしまった今、やはりアメリカ生活を送るに携帯電話もあった方が良いみたいである。
早速AAAのfree dialに電話をするが、気が動転してしまって、英語で自分の居場所を伝えたりするのがなかなかうまく出来ない。 "ちゃんと伝わっているかなぁ。居場所の説明がうまく伝わらなくていつまでもレッカーが来てくれなかったらどうしよう?" なんて不安になったりもした。こんなHPを作っていたりすると、 "会社から留学させてもらっているなんていい身分ですね〜" なんてmailもらったりすることもあるが、こんな風に、日本では体験しないようなtroubleだって経験するんだい! なんてふと思ったりもして。時既に深夜1時。時間が時間だけに余計心細い。帰国間近にしてすごい経験をしてしまった。普通AAAでレッカーを呼ぶとさっさと来るらしいが、深夜のせいか、2時間は来ないらしい。秋の気配が感じられて妙に涼しかったりもして余計に心細さが増してしまう。イライラしても仕方ないのでGolf君の中で仮眠を取ることにした。


9月03日(月) 


結局レッカー車がやってきたのは約束の時間を1時間程過ぎた朝の4時。車の中でうとうとしていたらやってきた。Champaignまでの長い道のりをレッカー移動することになった。 
僕はすっかりこのtroubleで落ち込んでしまっているし、眠くて疲れている状態なのに、レッカーのおにいちゃんはインド音楽のCDを付けてhandleを握りながら踊ったり、おっちゃんは "お前は Japaneseか? ブルース・リーは日本人か? あちょ〜っ!!" なんて話し掛けてきたりして妙に hight tension状態である。しかも、レッカーしているのに、I-57では70〜80mileも! 飛ばす飛ばす! 
Champaignに着いた頃は東の空がすっかり明るくなっていた。僕はAAAの会員になってはいたが、 feeが安い方の会員なので、5mile以上のレッカーはcoverされないのだという。飛んだ散財だ! しかしAAA会員になった時にはまさかレッカーされる日が来るなんて予想だにしなかったからなぁ。 
不幸は更に続く。今日はLabor Dayなので修理工場 (University Auto Park) も休み、修理に持っていけない。ならば旅の疲れを取るためにも少し眠るべきであるが、何だか寝付けない。と、Parklandで学生しているSさんから電話が掛かってきた。今semesterにC言語のclassを取り、明日締切のhomeworkがあるので教えて欲しいのだと言う。 "実は今日、車がないので…" と話したら、何とうちの近所まで歩いていらしてしまった! ちなみに平日だったらbusが運行している筈なのが、これまたLabor Dayで動いていなかったらしい。C言語だったら会社でも、ここUIでも毎日のように眺めているのでお手のモノである。Sさん曰く、 "今semesterのこの classが終わるまで佐藤さんChampaignに住んでいて宿題をやって下さいよ〜" だそうである ^^; う〜ん、僕も出来たらそうしたいところだが (笑) このSさん、1月の寒い時期にここC-Uに到着して、雪道をExtended StayからParkland Collegeまで歩いたのだという。C-Uみたいな町は車がないと生きていけないと僕なんか思っているのに、結構undergraduateの日本人で、車どころか免許も持っていない! という人をたまに見かけてびっくりしてしまうことがたまにある。尤も東京にいる時と違い、車ばかり乗っていると確実に運動不足になるので車なしで暫く生きてみるのも健康のためには良いかも知れぬ。 
夜になっても、眠いは眠いのだが寝付けない。 "癖になったらいけないなぁ" と思いつつ、アスピリンを1錠だけ飲んでしまった。間もなく眠気に襲われ (-_-)zzz の状態に陥った。


9月04日(火)


やっと今日、 "University Auto Park" に車を持っていくことが出来た。代車のrent a car (Corolla) も借りることが出来た。一安心である。後は早くGolf君が復活することを祈るばかりである。それにしても、どうしてこんな風に忙しい時に限ってtroubleが起こるのだろう。先日書いた "lucky/unlucky ±0の法則" のせいで、そろそろunluckyが束になって降ってくる巡り合わせなのかな? 帰国準備の忙しい次期にそんなことになったら嫌だなぁ。本当に海外生活も楽しいことばかりではないですね。


9月05日(水)


この日記を読んで下さっている方はまたまたお気づきの通り、10日分位まとめ書きをしております ^^; あれこれ忙しかったり、一昨日書いた通り車関係のtroubleもあったりしたのでご容赦下さいませ。
僕が更新をサボっている間にいつの間にか10000hit達成していますね! 一体どなたが10000count をgetなさったのでしょうか? 宜しければ該当者の方はmailでお知らせ下さい。いずれにせよ、こんな拙いHPでも多くの方に見ていただいてとても嬉しいです。
"University Auto Park" からTELがあり、Golf君は復活した模様である。ドイツ車であるGolf君は、ここアメリカでは外車に相当するため、時に "部品の取り寄せに1週間かかります" なんて言われることもあるのが、今回は早めに復活して本当に良かった。不幸中の幸い! 明日、朝1番にでも迎えに行かなければ。
実は、研究で今まで出したdataのうち一部に誤りが発覚してしまい、やり直していたりもする。車関係のtroubleもあったものの、最近ちょっと焦っていたのはこのことも関係していたのだ。今日、この件に関して、共同研究者であるインド人のPh.D CandidateのI氏とdiscussすることが出来た。I氏から "焦らずに一つ一つ確実に仕上げればいいじゃない" と言われてしまい、本当にそうだなと思った。何だか焦っていた自分が恥ずかしくなってしまった。アメリカで自分は、positive思考を学んだ筈だったのに、いつの間にかnegativeになっていた自分が情けない。まだまだ僕も甘いなぁ。


9月06日(木)


来週からまたまたEnglish Centerのclassが始まる。僕はもう9月末帰国なのでほんの3週間程度しか出られないが、それでも出席させてもらおうかなと思って申し込みに行った。これから帰国準備も含めてバタバタしそうだが、最後の最後まで、研究も、英語の勉強も、enjoyの部分も頑張りたいと思います!!!
研究室にいたら、何故か急に火災警報が鳴り出してびっくりしてしまった。特に火事で被害が出たりした訳ではなかった。なんだったのかしらん???
時に、Chemistryのポスドク、Nさんのお知り合いでBeckmanの3階にいるM先生という日本人の方が僕のいる部屋にやってきた。M先生は8月にUIにvisiting scholarの身分で来られて車を探しているのだとか。M先生に車を買っていただけるといいなぁ。これから8ヶ月間のご滞在なのだそうだ。先生がC-U生活を満喫されることを祈りたい。
アメリカでは "Kelly Blue Book" というHPがある。車種、年式、走行mile数を入力すると、 used carとしていくら位の価値があるのか教えてくれる。日本では中古車の売買をするのは大抵 dealerを通してであるが、ご存知の方も多いように、USでは個人売買も多い。なのでこの "Kelly Blue Book" のHPは重宝するのである。折角なのでこのHPの "リンク" にも載せておきましょう。
夜、これまたChemistryでポスドクをなさっているMさんと "Biaggi's" に行った。昨年Y氏から譲り受けた "Driver's License獲得の手引き" をMさんに渡すついでに、 "Biaggi's" の様子もデジカメに収めたかったのでお付き合いいただいた訳なのである。現在僕が使用しているCD ラジカセはこのMさんに引き取ってもらえそうな気配である。来週辺りmoving saleをmailing listに流さないといけないですな。
デジカメ画像と言えば、Coloradoで撮影したものもあったのであった。近日中に整理してupload しなければ。


9月07日(金)


9時の予約で、朝から髪を切りに出かけた。行ったのはもうこのHPでは何度も登場している "IPPATSU" である。しかし "IPPATSU" に行くのもこれが最後となることであろう。いつも僕を担当してくれた Korean AmericanのHair Stylistさんは "Kateさん" というのだそうだ。summer vacationで日本に行ってきたという話を色々聞かせてくれた。
段々帰国が近づいてきて "これが最後" という話もこの日記で増えてくることであろう…


9月08日(土)


アメリカでは、衣料品関係、皮関係、日本なんかより概して安いのはみなさまもご存知の通りである。ならば帰国に備えて買い占め活動をせねばならぬ。という訳で、今日はMarket Place MallとTuscola のoutletに出かけてきた。特に今回買い込んだのは靴である。 "Bass" とか、 "Hush Puppy" の靴なんて、日本のダイクマなんかで買う値段の半分なんじゃないかな。これで2,3年は靴には不自由しないことであろう。
旅行のデジカメ画像が増えてしまいがちだったので、C-Uの様子も少しデジカメ画像に収めた。Colorado のそれとともにこれまた近日中にupload出来ることでしょう。


9月09日(日)


ColoradoとBiaggi'sのデジカメをuploadしました。良かったらご覧下さいませ。昨日撮ったデジカメ画像も近日中に整理してupload致します。
朝方雷雨があって、気温は13℃位になったりもしている。秋の気配が感じられるようになってきた。


9月10日(月)


今日から3週間だけであるが、月水の10時〜12時まではまたまたEnglish CenterのConversation Classに出席することになった。3週間だけであるが自分の英語力のbrush upに励みたい!
夕方、M先生にGolf君を試乗してもらった。 "運転しやすいですね" と良い感触。買ってくださるといいなぁ。 "買ってくださる" と言えば、IJAのmailing listにとうとう "moving sale" の告知を出した。これまた順調に売れてくれると良いのだが。いずれにせよ、何だかいよいよ "帰国が近づいてきたなぁ" という感じになってきた。


[その2] [その3] [戻る]