2000年11月 [その1] [その2] [その3]


11月21日(火) 


午前中、日本からの "宿題" を自宅でこなし、FedEXで返送して午後から学校に行った。 
USA生活とは関係ないが、僕はなんでもかんでもMicrosoftを使うのもなんとなく…という理由から、 Becky! という電子mailソフトを使っている。Becky! がversion upしたの情報を得たので、早速down load した。使い勝手が若干向上している気がする。internetがあると、祖国から遠く離れていても何でも出来てしまって便利だなぁ。 



11月22日(水) 


今日はChicago Tourへ出かける日である。洗濯機 & 乾燥機のレンタル代は毎月25日にRent-A-Centerという近所の店に出向いて直接支払っているが、今月は旅行中で不在にするため早めに払うことにした。…等の雑用をあれこれやっているうちに家を出るのが午後になってしまった。 
車を運転して約2時間でChicagoの街に突入。O'hare Airportまでは10月に居候が来た時のお迎え、見送りで driveしたが、街の中心街を運転するのは今回これが初めてである。さすがに東京並に車が多いし、場所によっては渋滞している。車線も多いし結構緊張した。渋滞している高速から摩天楼を見た時には、ああっ! 大都会だ!! と思わず独り言を言ってしまった。ご存知の方も多いと思うが、ChicagoにはSears Towerとか、 John Hancock Centerなど、新宿にありそうな超高層ビルが軒を並べている。 
都会なので、one wayのところも多い。あれこれ迷子になりつつも、何とか予約していたBest Western River North Innに到着。Best Westernは大手Hotelチェーンだからちゃんとしていると想像したが、思ったよりボロい。まぁChicagoのど真ん中で、一泊$79で、しかもfree parkingなので文句は言えぬ。Hotelの近くには、 Rock'n Roll McDonald (実はChicagoはMac発祥の地であるというのを皆さん知ってましたか? 1950年にopen したのを記念して、プレスリー、ビートルズなどの50、60年代のrock歌手の写真等で店内がいっぱいで、なかなか楽しい) やHard Rock Cafe等の見所も沢山ある。 
まずはcheck inを済ませて食事に行った。どこへ行こうかと思ったが、Hotelの近くにある、 "Chicago Chop House" というsteak屋に行った。店は少々小さいが、雰囲気がとても良い。ともすればアメリカのsteakは硬くて噛み応えがあるものになりがちなのが、ここのsteakは日本のものみたいに柔らかい。但し、16ozとか、 24ozとか大きなsteakしかないので、(注: 16oz = 453.6g) お腹一杯になってしまうことを覚悟して行った方が良い。 
食事を済ませた後、腹ごなしに少し歩き回ることにした。 "Blue Chicago" という、Bluesのliveが聴ける名店もHotelのすぐ裏にあったのだが、8:00会場、9:00開演で僕が入ろうとした時には既に満員で入ることが出来ず、残念! まぁ明日来ればいいか…とも思ったのだが、張り紙を見ると、"Nov.23 closed due to Thanksgiving Holiday" と書いてあった。んん?? 
仕方ないのでVirgin Megastoreに行った。日本にあるVirginと一緒で、店の中には試聴機が沢山置いてあった。あれこれ視聴しているうちにLenny Kravitzにシビれてしまい、買ってしまった。J-waveのTOKIO Hot 100でたまに耳にしていた "Rock'n Roll is Dead" "Black Velveteen" 等の曲も収められたbest albumである。う〜ん、レニクラは渋いね! 
更に歩いていくとMagnificent MileにもBest Westernを発見! こちらは高級そうなHotelであった。確か internetで調べた時、値段がえらく違っていた記憶があったのだが、なるほど同じBest Westernでも色々あるのだなということが分かった。 



11月23日(木) 


今朝はとても天気が良い。先週雪が降ったのが嘘みたいである。まずは、朝食にRock'n Roll McDonaldに行った。 
ChicagoはMichigan湖畔の街である。湖と言っても、とても大きくて、反対側の岸が見えず、海みたいだ。 Navy Pierという、湖の近くまで歩いてみることにした。高層ビルが沢山並んでいるのは新宿みたいだが、湖の近くにあるのは何となく横浜みなとみらいみたいな感じがする。 
Magnificent Mileを歩いてみたところ、どうも今日は店が開く雰囲気がない。何故なのだろう…と思ったが、間もなく、今日はThanksgiving Holidayで、店やレストランの類は一切closedなことに気づいた。やられた!! John Hancock CenterのB1Fにあるチーズケーキ屋に行きたいとか、Magnificent MileにあるPoloやBrooks Brothersで買い物したいとか、Bluesを聴きたいというplanが今日は全部不可能なことが判明してしまった! 日本では11/23と言えば勤労感謝の日だが、アメリカでは感謝祭、日本もアメリカもこの日は感謝する日なのだなと妙に感心してしまったが、日本だったら、休日は商売かき入れ時なのが、アメリカではお店の人も休んで自宅でturkeyを食べて楽しんでいるらしい。 
しかたないので、気を取り直してまずはJohn Hancock Centerの展望台に行ってデジカメ写真を撮った。上手く撮れていると良いのだが。あとは、町中を歩き回ってデジカメ写真を撮った。本当にものの見事に全ての店がclosedで、やっているのはMacとsubway位のものである。 
Chicagoには、一統寿司というsushi barがあって美味しいらしいが、もしかしてopenしているかも知れないというはかない期待もあっけなく裏切られた。夕食はHard Rock Cafeで取るしかなかった。まぁ、色々歩き回って、Chicagoの街に何があるか分かったし、Champaignからは近いのでいつでも来られるから今回はそれで良しとしよう。 
明日こそ楽しむゾ!! という期待を胸に早めに就寝した。 



11月24日(金) 


昨日の雪辱を晴らすべく朝から行動開始! ちょっと気になったのが、Hotelのcheck outは12:00で、もしかしたらcheck out後も車を置いておいたら文句言われたら嫌だなと思った。まぁ黙っていればばれないであろう。Chicagoは東京と同じで、parkingするにも結構なお金を取られてしまう。まずは朝食代わりに、John HancockのB1Fの "Cheese Cake Factory" に行った。チーズケーキは、plainだのラズベリーソースだの色々な種類があって、しかも甘すぎることもなく、美味しかった! 日本人の口に合うと思う。尤も、今日はゆっくり食べてくつろいでいる場合ではないのである! 早々に食べ終えて、 Magnificent Mileに繰り出した。 
Magnificent Mileは、日本で言うと銀座みたいな感じだろうか。Burberry、Tiffany、Cartier、GAP、Eddie Bauer…等の有名ブランド店が軒を並べている。銀座と違うのは、値段である。特に今日はThanksgivinの大安売りで安い。そのせいか人も沢山いた。本当なら1日かけて全ての店を1軒1軒見て回りたかったけれど、今日は時間がないので見たいところに絞って回った。物欲の権化と化して (笑) 主に冬物衣料をgetした。もう冬物の服は今年は買わなくて良い感じである。Brooks Brothersは、日本でも横浜そごう等に行けばあるけれど、とても高くて手が出ない。それが、Chicagoでは、まぁThanksgivingだったというのもあるだろうが、紳士服のコナカ等といくらも違わない値段で、びっくりしてしまった。 
本当に銀座と同じ感じだなぁと思ったのは、Sonyビルまであるところである。ご存知の方も多いかも知れないが、アメリカではPlay Station2が発売になったばかりで、大勢の客がdemo機で楽しんでいた。 
すっかり満足状態になったので、昔 "ヤオハン" だった店に行ってみることにした。"ヤオハン" は今では "Mitsuwa" という名前になっており、Arlington Heightsという、Chicago郊外で、O'hare Airportからちょっと行ったところにある。"Mitsuwa" には、渋谷などにもある旭屋書店も入っていて日本語の本も手に入ってしまうし、シャンプーや洗顔フォームまで日本のものが置いてある。Arlington Heightsには日本人が沢山住んでいるのだろうか? 何か欲しくなるものがあったら買おうと思ったけれど、特に欲しいものはなかった。 Chicagoの人は日本の物なら何でも手に入ってしまうみたいだが、折角外国に来ているのに日本製品に囲まれて暮らすのも何だか寂しい気がする。でも、"山菜御飯のもと" は買えば良かったと後で後悔した。 
Nさんという、American Cultureのclassmateにばったり会ってしまった。奥様のrequestにより、Mitsuwaにちょくちょく来ているのだそうだ。旭屋書店で英会話の本も買っているのだとか。ううむ、アメリカに来て日本語で書いた英会話の本買う位だったら日本で勉強してくればいいのに (笑) 
夕食は、再び車を操って "一統寿司" へ。New YorkとかLos Angelsは海に近いせいか、結構美味しいsushi barも多いらしいが、Chicagoでこんな美味しいsushi barにありつけるとは思わなかった! 先日行った Las Vegasの "彩膳" より更に美味しい! 本当に、Chicagoにいる限りは、日本で送っているのとなんら変わらない生活が送れてしまうかも知れない。 
僕はこのアメリカ滞在が実は3度目で、Chicagoには今回も入れれば通算5回来たことになる。Chicagoの imageは、便利だけれど、世界のどこにでもありそうな、東京にも良く似た大都市で余り面白くないと思っていたが、今回はChampaignにずっといたせいか、面白いものも沢山見つけたし楽しめた気がする。 Chicagoの運転も今回の旅でかなり慣れた。まだ水族館は行っていないし、Bluesも聴き逃してしまっているので、また行こうと思う。これを読んで下さっている、僕の個人的知り合いで、遊びに来て下さるつもりの方は是非一緒にChicago回りましょう。 



11月25日(土) 


Chicagoの旅の疲れもちょっと残っていたが、今日はinternetの某掲示板でお友達になったIllinois在住の日本人達と鍋の企画をしていた日であった。しかし、メンバにCarbondaleというところにある、Southern Illinois Universityというところの学生さんがいて、所詮は同じIllinoisだし… と、日本の同じ県に住んでいるような感覚でいたのが、実は片道3時間かかるところで、2往復すると今日は12時間も運転してしまっていたことになって、鍋をするどころではなく、みんなで集まって "China Town Buffet" で食事してお開きになってしまった。いやぁ、アメリカは広い! と実感した。雨が降って道路がslippyだったので、余計に運転に時間がかかってしまったという不幸もあった。 
短い時間だったけれど、みなさんとお話出来て楽しかった。三菱自動車のセクハラ事件がアメリカで以前あったというのが話題になったけれど、実はそれはChampaignから車で20分位のところにあるBloomingtonであったのだということも今日初めて知った。しかし、結局鍋が出来なかったのでますます鍋が恋しくなってしまった! 鶏の水炊き食べたい! 石狩鍋食べたい! 



11月26日(日) 


あちこち出かけてちょっと疲れていたし、明日からまた学校に行って研究を頑張らなければならないので、今日は自宅でHPの更新なんぞしてのんびり過ごすことにした。 
髪が伸びていたので床屋に行った。10月に言及した "IPPATSU (一発)" に予約が入れてあって、ついにここで切ってもらえる経験が出来た。10月に行った "Shocking Hair" と違い、とても丁寧に切ってくれて日本の床屋みたいであった。切ってくれた小柄な女性も、ニコニコしながら色々な話をしてくれて楽しかった。最初彼女は日本人なのかと思っていたが、実はAmericanで、父上がKoreanなのだということが判明した。彼女の情報によれば、Japanese Restaurantが間もなくChampaignにopenするのだとか。是非challengeしてみようと思う。価格は$20だから日本円だと2000円といったところだろうか。決して高くなかったと思う。さすが Champaign-UrbanaでBest Hair Salonに選ばれただけのことはある!! アメリカに来る一つの懸念事項として、まともな床屋があるだろうか? というのがあったのだが (勿論Chicago勿論のような大都会に行けば日本人理容師もいるらしいが) この問題も解決してしまったことになる。いよいよアメリカの居心地が良くなってきてしまい、日本に帰りたくなくなってしまったらどうしよう?? 
久々にカレーを作ろうと思って材料を仕入れておいた。今晩はsalmonにしてしまったので明日はカレーを作ろう! 



11月27日(月) 


Las Vegas出張だのThanksgiving Vacationだの続いたが、今日から平常通りな日々がまた始まった。休みボケで余り頭が働かない。困ったものである。東京出張もあるし、今年もあと僅か、ラストスパートと思って頑張らねばならぬ!!! 
町は段々Christmas Modeになりつつある。いずれこの様子もデジカメに収めて公開致しましょう。尤も、きっとNew Yorkなどの大きな街の方がilluminationの充実度は高いんだろうなぁ。 
夜は予定通りカレーを作った。前回カレーを作った時は、supermarketで買った肉の量が多すぎてちょっと失敗だったので、今回はscallop (ホタテ) とshrimpのカレーにした。なかなか美味! 



11月28日(火) 


日本からいただいたmailで、キムタクと工藤静香が結婚するの情報を知らせていただきました。ありがとうございます。ファンの方は悲しいかも知れないけれど、良かったのではないでしょうか? ちょっと前まではアイドルタレントも、結婚すると俳優に転身してイメージチェンジするとか、引退するという人が多かった気がするが、最近では結婚後も変わらず芸能活動続けますという人が多いような気がする。人生長いんだし、長い間現役として活躍出来るようになってきているのは良い傾向だと思う。 
週2回、夕方に通っている英会話学校 (English Center) でのclassもThanksgiving Holidayが終わって再開された。conversation classで、今日の話題は休みにみんなどこか旅行に行きましたか? という話であった。 classmateの一人 (日本人の検察官、law schoolにて学んでいる) は、この寒い時期にNiagara Fallまで行ったという! 僕も最初Niagara & Torontoに行こうと思っていたが、寒いし道路はslippyだよ! と忠告受けたのと、出張から帰ってきたばかりだし日本からの宿題も片付けなければならないという事情があったので今回は近場のChicagoにしておいた。彼曰く、 "It was cold, but it was good!" だそうだ。CanadaにはワーキングホリデーVISAで日本人が沢山いるらしく、NiagaraにもTorontoにもJapanese restaurantが結構あってwaitressはみんな日本人だったとか。もっと暖かくなったらそのうち僕も行ってみようと思う。 
先生曰く、しかしどうして日本人はわざわざアメリカに来てまでJapanese foodを食べたがるんだ? だそうであるが、やはり日本人として、1日1度は米が食べたい気がするというものである。それに、中にはUrbana のSilver Creekのように大変美味しいアメリカ料理もあるが、概してアメリカ料理は味がしつこいので食べていて疲れてしまう。尤も、アメリカでも段々Japanese restaurantは増えているし、 (Champaignにも間もなく新たに1軒openするという話は一昨日書いた) 東洋食品店もあるし、supermarketに行けば米と豆腐、椎茸位だったら手に入るので、日本食が食べられなくて不自由だぁ! の感はそんなにない。 
日本食と言えば、BaytowneのI先生からmailが来て、今度 "Kamakura" (ChampaignにあるJapanese restaurant) に行きましょうだそうだ。I先生は "Kamakura" で、特上寿司$21に満足したそうで、今度はカツ丼に挑戦したいのだとか。金曜に行く約束をした。何だか最近食べる話ばかりですね。 
夜、apartmentに戻ったら、玄関に郵便物ありの紙が挟んであった。やっとregion-free DVD playerが到着したのか??? 



11月29日(水) 


朝、Baytowne Apartmentsの入り口のところで郵便物をpick upした。果たしてregion-free DVD player だった! ひょっとしてご存知ない方もおられるかも知れないが、DVDにはregin codeなるものが埋め込まれていて、例えばアメリカで買ったDVDを日本に持ち帰っても日本のDVD playerでは見ることが出来ない。 (今ではもう廃れつつあるVideoCDだったら見られる) なんでこんなことをするかというと、例えば、アメリカで公開された映画がDVDになっても、日本ではまだ劇場公開されていなかったとする。もし DVDにregion codeがなかったら、アメリカを旅行して日本未公開の映画のDVDを買ってきて観るというのは一種のフライング行為になる訳で、著作権上映画業界が困ってしまうことになるである。こういった問題を回避するためにregion codeが付加されているのだが、逆にアメリカと日本の両方で暮らす一般 userにとってはこれほど悲しいことはない。特にアメリカではDVD diskが日本に比べて安いし種類も多いのが、日本に持って帰って観られないなんて悲し過ぎる。よってregion-free playerを獲得した次第なのである。このplayer、極めて優れもので、ヨーロッパのdiskも観られてしまうらしい。でも本当はこんな player持っているのはillegalなのかなぁ。何か情報知っている人がおられたらmailで教えて下さい。 illegalなものをgetしたという記述をHPに残すのは良くないと思うので削除します。それ以前に、本当にアメリカのDVDも日本のDVDも映るかどうかcheckせねばならぬ。僕の個人的知り合いで、ヨーロッパに行かれる予定の方は、なんでもいいんでお土産にDVD disk買ってきて下さい! PALも本当に映るのかどうか checkしたいです。 
American Language and Cultureのclassでは、Halloweenに引き続き、12/9(Fri)にT先生の家に行って Christmas Partyをするらしい。 "お知らせ" にも書いた通り、僕は12/11-18まで仕事の関係で一時帰国するので、その前にChristmas Partyがあるので出られて良かったという感じである。またPot Luck Party かも知れない。前回煎餅を持っていったのでもう煎餅のstockはなくなってしまった。今度はどうしよう? 何かcookして持っていかないといけないかしらん? 
Las Vegas行ったりChicago行ったのが気分転換になったのか、月曜あたりは頭が働かない〜…なんて思っていたのが、少し学生さんに負けずに頑張らねば!!! と気合が入ってきてしまいちょっと遅くまで学校にいるようになってきてしまった。午前中はほとんどみんな研究室にいないのが (もしかして講義に出ているのかも知れないが) 昼近くになっておもむろに現れ、夜遅くまでみんな勉強に励むのは、日本の大学院と一緒だなという感じである。みんな一旦夜6:00〜8:00頃 (日によって違う) にいなくなるのが (夕食に家に帰っているらしい) 8:00〜10:00頃またやってきて再び勉強している。中には奥様と一緒に現れ、奥様がcomputerでgameしたりinternetしたりしている横で勉強している学生さんもいる。(注: アメリカの大学院は、Teaching Assistant、Research Assistantをやってお金をもらっている学生さんが多いし、一度社会人になってから大学に戻ってくる人もいるので結婚している人も多いのである。) みんな一体何時までいるのだろう? 僕も元々、会社にいる時は、午前中は頭が働かないので雑用ばかりやっていて、頭脳労働は午後からするという感じだったのでこの方が効率良いのかも知れない。 
この大学の良いところの一つは、町の治安がとても良く、少々夜遅くなっても全く身の危険を感じないで済むところである。Chicagoなどの大都市に比べれば娯楽も少ないし、勉強するには良い環境だと思う。 
golf courseは結構多いらしい。English Centerのclassmateで、日本人の検察官の方は、良くcourseを回っているそうだ。これまたご存知の方も多いと思うが、アメリカでgreenに出るのは日本に比べて信じられない位安く、golf好きの人にとってはもう天国みたいなところらしい。 (ちなみに僕は昔やって才能の片鱗も感じなかったので今ではやっていません。) 尤も、身銭を切ってdegree獲得に励んでいる学生さん達にとってはやはりgolfは贅沢な遊びらしく、私golfやってますという人は身の回りにいないみたいだ。 
以前も書いた通り、大学に毎日B5サイズのVAIO noteを持っていって使っている。このVAIO noteは個人の所有物でなくて、会社からの支給品である。 "Circuit City" という電気屋に行けば、VAIO noteは売っているが、アメリカで売っているのはA4サイズのものばかりで、B5の薄いVAIOを使っていると、研究室ではちょっとした人気者になってしまう。見せてくれとか触らせてくれとか、値段はいくらだとか言うのはまだ良いとして、日本に帰る時、VAIOは置いていってくれなんてこと言う困ったちゃんもいる。勿論American Jokeで言っている訳だが (笑) 



11月30日(木) 


11月も最後の日になってしまった。日本もかなり寒くなってきたことでしょう。C-Uは雪の降りが段々本格的になってきた。そろそろ積もるんじゃないかな。 
本当は明日I先生 (日本人、Baytowneの住人) と行くつもりだった "Kamakura" に今日の昼に行ってきてしまった。昨日も書いた通り、最近割と夕方位からノリが良くなってきているので、中途半端な時間で一休みするのは勿体無い気がしてきてしまったからである。I先生お勧めの "Matsu Deluxe" (寿司) に挑戦してみた。 (11月は3回も寿司に挑戦してしまっていた!) $20.5で、値段はChicagoの一統寿司と同じ位であるが、鮮度はやはり一統寿司の方が上かなぁという感じであった。尤も、先生おっしゃる通り、 menuにあるカツ丼には少々心惹かれるものがある。今度はカツ丼に挑戦しようと思う。 
Illini Union Bookstoreでは、今日、i-card (大学での身分証明証) を見せれば何でも25% offとのことだったので、覗いてみた。以前から欲しかったcrossのボールペン (Univ. of Illinoisの校章付き) を買った。 "お知らせ" にも書いている通り、12月には一時帰国の予定があるのだが、弟の誕生日が近いので何か買ってきてあげなさいの指令が実家から出ていたので、彼にはボールペンとシャーペンのsetを買った。 
English Centerのclassmateの一人 (日本人の検察官、実はこのclassには日本人検察官の方が2人いる) が、今日が最後のclassだというので、明日、YMCAにて彼のfarewell lunchをすることにした。YMCAの中にはタイ料理屋があるそうで、行くのは初めてである。なんかまた食べる方に話が転がってしまいましたね。きっと異国で暮らすに当たって、 "食" は大きな要素を占めているということなのでしょう。つまり、日本にいたら当たり前に食べられるものが食べられなかったり、逆に日本では余り食べられないものが食べられたりとか。


[その1] [その2] [戻る]