2001年7月 [その1] [その2] [その3]


7月01日(日)


それにしてもK氏は良く眠る。うーん、さすがに若いな。
10時ちょっと過ぎにはK氏と別れ、僕は再びMagnificent Mileへ。朝食代わりにJohn Hancock 地下の "Cheesecake Factory" に行ったけれど、前回来た時に比べるとちょっとしつこく感じられたかなぁ。基本的に甘党な僕であるが、僕を超える甘党でないと "Cheesecake Factory" のrepeaterにはなれないかも知れぬ。
折角bonusも出たし、Chicagoまで来ているのだから買い物に励んだ。買い込んだのは主に衣料品関係である。PoloなんかだったらTuscolaのoutletでも良い。ここではTuscolaでは買えないものを買うという感じである。
Chicagoを満喫した後、車を走らせてChampaignに着いたのが6時位。ここのところ美味しいものを食べ過ぎてしまったので、質素な食生活を送るため? AM-KOに食材を買い求めに行った。すると、 Parklandで学生をしているSさん、それにUIでChemistryのポスドクをしているNさんにも偶然会ってしまった。



7月02日(月)


この日記でかなり前の方に登場している、Missouri州に住んでいる母の知り合い、Tさんから小包が届いた。開けてみると、何とバウムクーヘンが10個も入っていた! こんなに沢山一人で一体どないせいと言うのだろう? ^^; 以前Missouriにお伺いしてもらってきた時、 "知り合いとすき焼きpartyをして、デザートに出したら受けが良かった" という話が伝わってしまっていたのかな? いずれにせよ、当分はこのバウムクーヘンをおすそ分け大作戦である。このHPをご覧になっているC-U在住の方で、バウムクーヘン欲しい方はその旨mailにてお知らせ下さい。先着 8〜9名様限定です。
6月にあちこち出かけてたまりにたまったデジカメ画像を整理してuploadしました。良かったらご覧下さい。



7月03日(火)


日本はとても暑いそうですね。日本の知人に出したmailに駄洒落を書いたら、 "今日も日本は暑かった、でもお陰でとても寒くなりました。ありがとう" という訳の分からない感謝をされてしまった ^^;
timelyというか何と言うか、English Centerのclassで、 "何かjokeを一つ英語で考えてきなさい" という宿題が出てしまっていた。今日classに出るまですっかり忘れていたのだが、即効で僕が考えたjokeを披露いたしましょう。日本のみなさま、さむ〜い気持ちになれること請け合いです (謎)
ある男が一日中beachで過ごし、真っ黒に日焼けした。夜、Hotelに帰ってドアマンが彼のために doorを開けてくれた。彼は言った。 "Thank you very much." ドアマンは答えた。 "You are well done."
...オチが分からなかった方、mail下されば解説しますよ (笑)



7月04日(水)


今日はIndependence Day。C-UではParadeなんかもあったみたいだが、僕は昼過ぎ頃から大学に出かけてちょっとsimulationを流していたりもした。
…と、夜9時位に急に外からドドーン! と爆弾の落ちるような音が… もしや花火??? 案の定、 Beckmanの目の前の芝生に出てみたら見事な花火が! デジカメ撮影を試みたが、花火の撮影は難しい。僕のデジカメはbutton押してからシャッター切れるまでちょっとdelayがあるし、 "あ、この花火おいしい!" と思って撮影するとその映像は取り逃してしまったりもするのだ。いやぁ、それにしても花火はいいもんですな。下手にデジカメに撮るよりは、自分の心の中に映像として残した方がきっと良い思い出になることであろう (なんて今日はきれいにまとめたりして)



7月05日(木)


隣の隣に座っている中国人の大学院生君、W氏がPh.Dを獲得したらしい。うーむ、素晴らしい。アメリカの大学でPh.Dを獲得するのは結構険しい道みたいである。まず、講義を受けて単位を揃え、Qualifying Examなる試験を受けなければならないらしい。UIだと、CSは口頭試問、ECEは筆記試験なのだそうだ。これに合格すると晴れてPh.D Candidateとなり、研究に専念する訳なのである。
W氏はいつも夕方6時位に瞬間いなくなるが、8時頃、奥様を引き連れて再び現れる。W氏が研究に励んでいる間、奥様はcomputerでgameしたり、Windows Media Playerを見たり、Internetで遊んだりしている。いつも一体何時に帰っているのだろう??? と思う位遅くまでいるみたいだ。ちなみに、全てのPh.Dの学生君達がW氏のように勤勉な訳ではないみたいで、休みにはしっかり旅行を楽しむ院生君達も結構いる。これぞまさにChinese Powerというものであろう。しかし、最近、野球でイチローが活躍したり、NYで開催されたホットドッグ早食い選手権で日本人が優勝したりして、Japanese Powerだってなかなか馬鹿に出来ないのだ。僕も頑張らねば!!



7月06日(金)


ちょっと今日は躁状態気味であった…と言っても、別に僕はジギル博士とハイド氏みたく2重人格の持ち主な訳ではないが、頭の中でideaがクルクル回っている感じなのであった。どちらかと言うと暑いと頭が働かない僕であるが、アメリカは日本に比べて空調が完備しているので体調がいいのかしらん?
夜、久々に映画を観た。観たのは "Tomb Raider" 、かっちょいい女主人公が暴れまくる actionもので、結構ロケにも凝っていて楽しめる作品だった。



7月07日(土)


週末は3週連続で出かけてしまったが今週はお休み。だらだら過ごしてしまっていた。が、ふと気づくと、5月に学会から帰ってきて急上昇していた筈のガソリン代が、今度は何故か急に安くなってしまっている。5月頃の2/3の単価なんじゃないかな。ガソリンが安いうちに車で遠出しておいた方がいいかしらん???
時に、 "Ice Wine" の由来について "ワインの達人" なる方からmailをいただいてしまった。ありがとうございます。要は氷点下になってから葡萄を収穫するというのがポイントらしい。貴腐ワインに属するもので、天候に寄っては全然収穫できないこともあるらしく、実はかなり高価なものなのだとか。確かにそう言えば、昔一度だけ飲んだ貴腐ワインに味が似ている感じだったな。一本CA$17、二本CA$30だったから、僕が買ったところはそんな高くなかった筈なのである。う〜ん、そうと知っていたら2本位買ってくれば良かった! こんなふうにHPを作っていると分からないことがあってもmailで教えていただけるのはいいなぁと思った次第である。



7月08日(日)


Illinois州もなんだか暑くなってきた。こんな日は映画館でも行って涼しく過ごすに限る! というわけで金曜日に引き続き行ってきてしまった。
ここのところ、 "AI観ましたか? 面白いですよ" と勧められることが多かったが、今日観たのは "Moulin Rouge"。場面がコロコロ変わったり、話の展開が早すぎたりしてちょっと観ていて疲れたかなぁ、という感じであった。ただ、 "ti-ki ti-ki ya-ya-ya- ..." という挿入歌 (テーマソング?) が何だか妙に耳に残ってしまった。CD売っていたら買おうかな。



7月09日(月)


昨日の日記に書いた歌のtitleがinternetで調べた結果判明してしまった。 "Lady Marmalade" なるtitleで、artistは "Christina Aguilena, Pink Mya & Lil'Kim" という人なのだそうだ。いやぁ、internetって調べ物するのは本当に便利ですな。



7月10日(火)


TさんからもらったバウムクーヘンをEnglish Centerに持っていったら結構みなさん気に入ったみたいで良く召し上がってくれた。うむ、何とか片付きそうかな?


[その2] [その3] [戻る]