2001年1月 [その1] [その2] [その3]


1月01日(月) 


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 
特にinternet上のvirtualな知り合いでなく、real worldで僕を知っている方々、今年は海外にいるを理由に不精して年賀状を出しませんでしたが、この場を借りてお詫びさせていただくと共に、新年のご挨拶とさせていただきます。この日記からも分かっていただける通り、元気に暮らしています。世紀も改まったことですし、また新たな心で研究に励みつつ米国生活を満喫したいと思っています。この留学をきっかけにして仕事上のstep upを実現しつつ、安らかな気持ちで毎日過ごせたらいいなぁ、というのが今年の抱負です。 
…といった挨拶はさておき、近所の電器屋は、New Year's Dayにも拘わらず、みんな営業をしていた。昨年日本に帰った時から買おうと思っていたVisor Prismを自分へのお年玉代わりに? 買ってしまった。新宿のヨドバシあたりでは品切れ状態だったのが、あっけなく買えてしまった。今年はPalmの世界もenjoy したいと思います。 
年末には旅行も楽しんだことだし、明日から平常通り頑張ろう! 



1月02日(火) 


今日から早速学校に行ってみた。M教授は8日まで学校に来ないと言うし、一緒に研究しているインド人の Ph.D Candidate I氏に至っては、31日まで来ないそうなので、きっと学校はがらんとしているのだろうなぁと思ったがさにあらず、中国系の学生さんは殆ど勢ぞろいしていた。隣の研究室のH教授 (台湾人) も来ていた。う〜む、おそるべしChina Power! きっとこのpowerが全世界のChinatownの勢いの源となっているのだろう。 
うちの会社のUS branchで R&D をやっている日本人にちょっと用事があって、暮れにmailを出しておいたのが、その返事も早速来ていてこれまた驚いた。みんな働き者だなぁ。 



1月03日(水) 


愛車Golf君のmufflerの具合がどうも良くないらしいので、 "Car-x" という、brake&mufflerの専門店に連れていった。部品取り寄せで、今日は結局修理してもらえなかった。アメリカには特に車検制度みたいなものがないし、中古車は何があるか分からないのでちゃんと面倒を見てやらないとやらぬ。Interstate運転していて火を吹いたりされても嫌だし。 
Golf君はなかなか可愛い奴だが、元々、僕は日本でSilvia君に乗っていて (このSilvia君は現在弟の所有と化している) 本当は、少し大きめで、静かな走りの車が好きなのである。apartmentのお隣りさん (アメリカ人) のAccordなんていいな〜 と思う。日本ではそんなにいいなぁと思わなかったAccordだが、アメリカのAccordは日本のそれと違ってstylishでかっちょいい。但し、値段も安くない。新車で買ったら BMW (日本で買うより安いみたいだが) なんかと殆ど同じ位の値段なのではないかなぁ。 加えて、アメリカでは、中古車でも状態が良ければそんなに安くはならないのである。 
実はGolf君を買う際、費用の一部を会社から仮払いしてもらっているという事情もあって、どうせ1年だし、今回は仮払い+α程度で買えるGolf君にしたのであった。が、もしまたアメリカ滞在の機会に恵まれることがあったら、今度は日本車に乗りたい!! 



1月04日(木) 


一時期、外は-20℃だ〜! 寒い〜! なんて言っていたけれど、ここのところちょっと暖かくなってきた気もする。依然路肩に雪が残っているものの、日中は0℃を越えているみたいだ。Illinoisの方が東京より寒くなるのも暖かくなるのも早いと聞いたことがあるが、このままどんどん春らしくなっていくのか? 或いはもう一度位ドカンと雪が降るのか??? 春のmid-westは、Tornado警報が鳴ることもあるものの、良い季節みたいなので、デジカメでも持って近所の公園の散歩でもしようかなと思っている。 
何だか\高$安になってきてしまっているみたいである。\で給料をもらって$で生活している僕としては悲しい。こんなことなら昨年ど〜ん! と\→$変換しておけば良かった。 



1月05日(金) 


"Division of Campus Recreation" なるところのmemberになった。ここのmemberになっておくと、大学内にあるsports施設が利用出来たり、outdoor tourに割引料金で参加出来たりする。Baytowne Apartmentsには poolもgymもあるが、家に戻ってくるのが11時過ぎたりしてgymはもうやっていなかったりするし、poolも indoorのものはない (Baytowneのoutdoor poolは今氷が張っている!!!) のでCampus Recに入ることにした。新年明けて、研究室に通うようになり、computerのprogramなんぞ眺めていると肩が凝る。肩凝り解消も兼ねて明日から早速水泳でもしようと思っている。 
CanoeやKayakの講習会やoutdoor tripもやっているらしい。以前からCanoeには興味があるので、そのうち挑戦してみようかとも考えている。しかし、素朴な疑問だが、CanoeとKayakってどう違うのだろう? ご存知の方おられましたらmail下さい。 
会員証を作るのに写真を撮ってもらったら、妙に写りが良くなってしまった。こんなHP開いていたりすると、たまにmailで "どうして作者の写真がないの〜?" と文句言われることがあり、しかし恥ずかしいので載せていない。この会員証をscannerで撮りこんでHPに載せようかしらんなんて思ったりして (笑) 
New Orleans旅行で撮ったHandyCamの動画をuploadしました。僕が持っているHandyCamは、SonyのPC-7という、 DV Camの中では初期modelのもので、現在世で売られているSonyのCamcoderみたいにカールツァイスレンズなんてものは搭載していない。そのせいか今一つ良い映像が撮れない…僕の撮影技術が低いのかな〜? まぁ天気も余り良くなかったし。Amtrakの車窓からの映像は今一つだったので蒸気船 "Nachez" からの映像を載せることにしました。良かったら見て下さい。目指すはbroadband対応型Home Pageなのである!!! 



1月06日(土) 


最近のお気に入りのTVは "TechTV" である。 (職業柄か?) 今、Las Vegasでは "CES 2001" (Consumer Electronics Showの略か?) なるConvensionが行われているそうで、その中継が "TechTV" で観られる。色々新しいデジタル機器が展示されているみたいで、僕が11月に行った "Comdex 2000" より何だか楽しそうではないか! こちらに行けば良かったかな? 以前、アメリカではbroadband networkがものすごく進んでいて、日本はこのままでいいの? なんて書いた気もするが、アメリカでは逆に、日本ではi-modeがすごいのに、どうしてアメリカではmobile networkが進化しないのか? いやいや、あんな小さい液晶で情報を見たってしょうがないんだなんてことをNokia、Motorolaのおじさん達が討論している。あながち日本がアメリカに遅れを取っているという訳でもないのだなという気がしてきた。それから、MicrosoftはXboxを発表したそうで、Bill Gatesは本気でPlaystation2と張り合う気なのか〜 という感想である。僕に言わせれば、 PS2だって初代PS程成功している訳ではないんだけれどなぁ… 
東洋食品店 "AM-KO" でキムチなんぞ買いこんできて食べてしまった。こちらで売っているキムチもやはりアメリカンサイズでやはり量が多い、が、味はhot&spicyでvery good! であった。 
昨日Campus Recの会員になったので、早速学校のpoolに行ってみた。IMPEというbuildingには、poolだけでなく、basketballのcourt、gymなど色々な施設が広い建物の中にある。沢山の人が運動していて、こういう施設が充実しているのは大きな大学のmeritだなと思った。Baytowneの運動施設はこじんまりしていて、しかも人が使っているのを滅多に見たことがない。混んでいて自分の番がなかなか回ってこないgymも嫌だけれど、誰もいないがらんとしたgymよりはそれなりに人がいてみんな頑張っているところの方が雰囲気的に入りやすい気がする。 
ただ、Locker Roomの鍵は自分で用意しなければならないのが、今日はそこまで頭が回らず準備していなかった。大変危険だと思ったが、今日だけ鍵無しで利用してしまった。帰りがけに "Walmart" に寄って早速鍵を買った。 
夜、実家から電話がかかってきて、祖母は何とかまだ持っているらしい。一安心。 



1月07日(日) 


なんだか最近、"あ〜 自分は今外国にいるなぁ〜" という実感が全然なかったりする。何故なのだろう? 今日も、外国で過ごす特別な週末という感じがなく、ごくごく普通に過ごした。恐らくこのHPを覗いて下さる方は、外国らしい "なにか" を感じたいと思っていらして下さっていると思うので、余り普通の日記になってしまうと申し訳ないなぁ。出来るだけまめに旅に出たり、町中のデジカメ写真を撮ってきますのでどうかみなさま見捨てないで下さいませ。今、町中は雪が中途半端に溶けていて、車のせいでちょっと黒ずんだりもしていて余りデジカメ向きの風景ではない。 
午前中はStingのDVDを観て過ごした。僕が初めてアメリカに来ている最中、Policeの "Every Breath You Take" が大ヒットしていた。当時MTV系の華やかなmusic videoが全盛の中、白黒の画面にsimpleな音で、しぶ〜いしぶ〜い演奏を聴いた時には本当、鳥肌が立ってしまった。しかし、最近の曲である "Dessert Rose" も渋い。最近の彼の楽曲にはAfricanの要素を取り入れているみたいだ。なんか、こう、ますます円熟味が増しているといった感じである。僕も10年20年経って、円熟味の増したしぶ〜い研究・開発を行うエンジニアになりたいなぁなどと思ったりして。 
昨日に引き続き、大学で水泳をした後、ここのところ自宅で米を炊いて食事することが多かったので、たまにはと思って近所の "Alexander Steak House" を偵察に行った。ここは、大学の身分証明書 (i-card) を持っている人は何割引! なんてことをやっていて、前から気になっていた。普通のSteakhouseでは、waitor 若しくはwaitressがやってきて、 "焼き加減はどうなさいますか?" なんてやるのが、ここではそういうことはない。何故なら、この店は勝手に冷蔵庫を開けて自分で食べたい肉を取りだし、自分で焼くからなのである。肉だけでなくtoastも、baked potatoも自分で焼く。サラダも勝手にsalad barに取りに行くsystemになっている。実にアメリカっぽくて楽しい! 暫くこちらに住んでいると、日本食恋しい〜 なんて思うものの、アメリカ、特にmid-westに遊びに来る人にとってはこういうstyleのrestaurantがアメリカを味わえて良いのでは? と思った次第である。今年は暖かくなったら居候に来たいとおっしゃって下さる知人が2,3人位いて、彼ら本当に来るかどうか分からないが、居候が来た暁に連れていくのに良い店をまた一軒発見した。 
話は違うが、僕は時計も結構好きで、とは言っても別にRolexの高いものを持っている訳でなく、せいぜい OmegaのSeamaster程度なのだが、以前から、10万円出して買うつもりはないけれど、誰かが5000円位で譲ってくれないかなぁと思っていたTag Heuerの時計があった。何とその時計を昨年、Yahoo! Auction (アメリカの) で見事$41.00で落札してしまっていたのである! モノを手にするまでは、Auctionなんて怪しいのでちゃんと届くかなぁ〜 と思ったのが、今日無事に受け取った。うっ、嬉しい!! 最近第2次デジカメ欲しい欲しい病にかかっており、目当てのデジカメもAuctionで狙っているのがこちらの方は競争率高くて難しそうである。時計は古くても、それが価値になることあるけれど、デジカメはやはり最新の機種の方が機能も優れているし人気があるのは当然かも知れない。 



1月08日(月) 


久々に近所の映画館 "Beverly Cinema" に行ってみた。DVD player買ってしまったし、Satellite TVもあるので最近はそれ程映画館行きたいの欲求はないのだが、やはり音も絵もきれいだし、何よりうちから近くて、平日の夜10時位に始まる回に行けばがらがらに空いているのが良い。観たのは Bruce Willisが出てくる "Unbreakable"。action系の展開を期待していたのだが、どちらかというとstoryが少々込み入っている感じで、結末は何だか良く分からなかった。日本で字幕付きで観たら少しは分かったのかなぁ… 



1月09日(火) 


Golf君復活! mufflerがおかしいというのは、ApartmentのGate Houseのおじちゃんに教えてもらうまでは自分では気付きもしなかったという程度で、普通に運転していておかしいなと思ったことは実は全くないのであるが、しかし、やはりおかしいところがあるまま遠出driveするのは恐ろしい。一安心である。これで、Chicago なりIndianapoliceなりに1日かけて行ってこようprojectも安心して実行出来るというものである。 
車の中ではFM放送 "Lite Rock" を付けっぱなしにしている。いつもうちに帰る時間帯、視聴者がDJと電話で話して、 "あなたは今、誰のことを思っていますか?" "〜のことを思っています。…" "そうですか。あなたにぴったりの曲を私が選んでさしあげましょう" といった展開で曲が始まるという番組がやっている。 "〜" の部分は、配偶者だったり、boy/girl friendだったり、家族だったりする訳だが、今日、放送を聴いていて、新しいboy friendが出来たんだけれど、彼はworkaholicでなかなか会えなくて… とlistenerが言ったところ、 DJは、workaholicな彼は、出世してお金持ちにはなるかも知れないけれど、幸せにはなれないのよ! あなたそれでもいいの? と言った。日本だと、結婚式で、最後に新郎が、本日の佳き日をきっかけとして、仕事にますます精進したいと思いますなんて決意表明するのをふと思い出してしまって、この考え方の違いは国民性の違いなのか、はたまた日本の結婚式は "建前" で、DJの言うことが "本音" なのか??? と興味深く思ってしまった。 



1月10日(水) 


日本のSonyに、 "HandyCamの調子が悪いんですけれど、今アメリカにいて、どこに修理をお願いしたら良いでしょう?" とFAXを入れておいたら、アメリカのSonyからmailが来て、 "我々のモットーはcustomer satisfactionにある。あなたは今アメリカのどこにいるのか? 最寄のmaintenance centerをお知らせするので教えて欲しい" なる丁重なmailが来た。早速返事を送ったところ、ものの数分で "ここに製品と、症状を書いた紙を送って欲しい" という返事が再び返ってきた。ううん、何という手際の良さ! 日本だと、顧客の問い合わせに即答するのは当たり前の話だが、この日記でも再三書いている通り、アメリカの会社は手際が悪く何日も待たされることしばしばで、とても感動してしまった。 
夜、ちょっとした話の展開で、Parkland Collegeという、Champaignにある学校に今semesterから入ったSさんという方を案内するのに車で町中をくるくる走り回ってしまった。Sさんは僕のHPを見てEXTENDED STAYAMERICAにしばらく宿泊なさっていたのだとか。このHPに書いた情報を実際活用していただいて何となく嬉しかった。この日記の最初の方にもある通り、僕も着いたばかりの頃は、Champaign-Urbanaを歩き回ったり車で走り回ったりして、ふーん、ここにこんなものがあるのか… と新鮮な気分だったが、何だか今ではすっかり見なれた光景になってしまい、ここがHometownという気がしてきた。Sさんもいずれそうなることであろう。


[その2] [その3] [戻る]