2001年2月 [その1] [その2] [その3]


2月11日(日)


今日はまたまた天気が良い。I-74をIndiana方面に向かってdriveした。デジカメ持参のdriveにしなかったのが悔やまれるところである! デジカメと言えば、今まで本体付属の8MBのCompact Frashしか持っていなかったのが、この度64MBのCF cardを買ってしまった。これで旅に出てもmemoryの残りを気にしないでデジカメ撮影を楽しむことが出来そうである。
折角アメリカにいるのだし、雪も消えて天気も良くなってきたので週末1泊2日driveの旅に行きたい気がしてきてしまった。今まで行ったことのない州に行ってみたい…と考えると行き先はMichigan、Iowa、Wisconsin あたりだろうか。Michiganは、そのうちNiagaraに行こうと思っていてその通り道になりそうだし、行くとしたらMilwaukeeあたりかななんて思っているのだが、しかしIowaには何か面白いspotはあるのだろうか? 映画 "マディソン郡の橋" の舞台になったMadissonがあるのだということ位しか知らない。もしかしてMadissonに行っても橋位しか見るものはないのかなぁ。何かIowaに関してご存知の方はmailにて情報下さい。
ちなみに、ご存知の方も多いかと思いますが、MilwaukeeにはMillerのビール工場があります。日本酒とwineに比べ、beerの美味しさが今一つ分からない僕ですが (単に味覚がおこちゃまなのだろうか???) 話の種にそのうち工場見学 & 品質検査? してきたいと思います。HPには当然その話を書く予定、デジカメ写真もupload する予定なので請うご期待!
話は違うが、Contact Lensesの保存&洗浄液を買った。$2.97/bottleである。余りに安すぎる!!! 帰国前には Lenseとともに大量に買い占めて帰ろうと思う。僕の知人で保存液欲しい! の希望の方は、僕の帰国が近づいて来た頃にmail下さればお土産に空輸しますよ。


 2月12日(月)


先週書こうと思っていて書き忘れていたネタ。ご存知の方も多いかと思うが、USの大学院にはTA (Teaching Assistant) だのRA (Research Assistant) だのという制度があって、要は教授の講義や研究をstaffとして手伝うことでいくらかのsalaryをもらうというものである。噂に寄れば、結構な$で、奥さん一人くらいだったら養っていけるらしいが、先週の "Daily Illini" に、専攻によって大学院生の年収が幾ら位であるか載っていた。興味深いdataなので紹介する。(注: 最近やることが増えてきてしまっているため、数字を並べることで日記の手抜きをしている…訳ではありません ^^;

Pharmacy ... $65,018
Computer Engineering ... $50,221
Computer Science ... $49,112
Mechanical Engineering ... $45,952
Management information systems ... $44,215
Physics ... $42,455
Mathmatics ... $41,761
Accountancy ... $37,402
Chemistry ... $35,942
Advertising ... $33,682
Writing/Editing ...$32,570
History ... $31,599
Architecture ... $31,209
English language and letters ... $29,108
Psycology ... $28,811
Liberal arts and sciences ... $27,372
News reporting ... $23,452
Social work ... $22,528

専攻によって$が異なるのが違うのはまぁ予想がついていたが、3倍も格差があるなんで驚きである。Computer Scienceが1番だと予想していたものの、Pharmacyが1位というのは何となく納得できる。日本でも、薬関係の株は手堅いと言われているしなぁ。我々のElectrical & Computer Engineeringもきっと上位にrankしているに違いない。
これを見る限り、USでは日本より食料品などがはるかに安いという事実も考慮すれば、Engineering専攻で、上手くTA/RAを取れれば日本の並なサラリーマン程度の生活は送れそうである。僕はさすがにもう学生する根性はないが、若い方はtryしてみては如何でしょう?
夜、うちに帰る途中また警察に捕まってしまった -_-; 制限時速30mileのところを40mileで走っていたからなのだそうだ。また罰金$75也を払わなければならない。くやしい! 捕まったのは前回と同じくBradley Ave. であった。Bradleyは危険地域である!



2月13日(火)


明日はSt. Valentine's Dayである。日本では女性が意中の男性にchocolateを渡す日ということになっているみたいだが、USでは、性別年齢に関わらず愛する人にpresentを渡す日になっているらしい。 (正しい情報をご存知の方おられましたらmail下さい) 尤も、supermarketに行くと、日本と同様にハート型のchocolateが山積みされている。男が女の子にハート型のchocolateを渡すなんてちょっと気色悪い感じがするので、やはりこれは女性が男性にpresentするものなのであろう。よく、日本人はstereotypeで、商業主義の chocolate makerに踊らされて義理チョコなんてものまで浸透しているなんて自己批判する日本人もいるが、僕に言わせれば結構アメリカ人だって商業主義に踊らされている気がする。
ちなみに、僕の父は日本の某女子大で先生をしていて (もうすぐ退官だと思うが) この時期は特に卒業の危ない学生さんからモテモテみたいで、沢山chocolateを貰ってくる。White Dayにはcandyでなくて単位を配りまくっている…かどうかは定かでないが (笑) アメリカの大学でもそんなゴマすりする学生さんっているのかしらん?
話は違うが、午前中English CenterのReading/Writing classに出席した後、昼食を取ろうとしたら、class mateの韓国人、P氏が "一緒にlunchを取って良いか?" というのでOKということにした。彼はAccountingを勉強している大学院生なのだそうである。なんだかアメリカにいるとどんどん韓国人の知り合いが増えていくなぁ。ご存知の方もおられると思うが、日本で "佐藤さん" "鈴木さん" が普及している以上に、韓国では "朴さん" が多い。実はこの日記に出てくる韓国人で "P氏" というのは100% "朴さん" だったりする。
大学で撮影したデジカメ画像を加えました。 "リス君" の画像が少々重いかもしれませんが良かったらご覧下さい。



2月14日(水)


最近なんだか眠い〜…の一言に尽きる。やるべきことがちっとも片付かないからかなぁ。東京にいる間は残業しがちな日々だったのが、今の生活は結構それに近いものがあるかも知れない。救いは、"痛勤時間" がないことだろうか? (この当て字、納得してくれます???)
Assembly Hallの話はこの日記でも再三しているが、元Eaglesのメンバ、Don Henleyが3月に来ると言う。 Assembly Hallに来るmusicianは、どちらかと言うと往年のstarという感じなのかと思っていたが、Don Henleyは今でもバリバリに活躍する現役musicianと言って良いと思う。ticketはUIUC discountを使えば $34.00なのだそうだ。東京に彼が来たとして、$34.00でticketが手に入ることはまずありえないだろう。是非行かねば!! しかしconcertは平日なので、やることを片付けてから行かないと…



2月15日(木)


お世話になっているBeckman Instituteの5階にはcameraが付いていて、このcameraからの映像がinternet で見えるようになっている。この度、その映像をこのHPにlinkしました。映像にひょっとしたら僕らしき人が写るかも知れません…たとえ写ったとしても小さすぎて分からないでしょうが。accessすると日本は夜なのにこちらが昼なのが分かったりして面白いと思います。良かったらご覧下さいませ!



2月16日(金)


夜、またまた近所の映画館に足を運んだ。 (実際には車で行ったので、 "足を運んだ" という表現は正しくないかなぁ…) 今日観たのは "Cast Away"、Tom Hanksの渋〜い演技の光る作品だった。映画が始まった時には、Tom Hanksなんか太ったかなと思ったのが、実はこれが役作りの一環で、storyが終わる頃には元に戻っていたのがちょっと驚きだった。なんで痩せたかと言うと…storyを語ってしまうとこれからご覧になる方の興味が半減してしまっては申し訳ないので語るのはやめておきます。
ちょっと遡った話になってしまうが、 "Oracle" という会社をご存知の方多いと思う。TVでnewsを見ていたら、Clinton元大統領がOracleの取締役になるとかならないとか。少しびっくりした。



2月17日(土)


この日記で書いていた通り、祖母が危篤状態だった。mailで励ましのお言葉をいただいたみなさまありがとうございます。実家からの電話では "なんか暫く大丈夫みたい" とのことだったが、今日弟から電話があって息を引き取ったとのこと。危篤状態の祖母の面倒を見続ける両親も大変だと思っていたが、もう僕が日本に帰っても会えることはないのだ。出国前、家族全員で食事したのが最後ということになってしまった。
思えば、まだ僕が高校生だった頃、うちの家族は1年間Missouriで暮らしていたのが、僕だけは受験の関係もあって1年間祖父母と日本で暮らしていたのであった。 (夏休みだけはこちらに来ていたが) 僕はどちらかというと放っていてもらいたい体質なのに対し、祖母は何でも先回りして物を言うtypeだったので正直言ってちょっと苦手だったところもあった。そのため余り必ずしも可愛い孫ではなかったかも知れない。もっと孝行しておけば良かったかなぁ。ここ1〜2年、いいこと悪いことが本当に次々と押し寄せてきている。もっと平和に穏やかに暮らせたらいいのに…と思うのだが。
天気が良ければMilwaukeeまで週末drive旅行に行こうと思っていたのが、weather forecastでは雪なんて話もあったりして、やめておいたら、今日は晴天! う〜っ、行けば良かった!! 今週はやること多くて疲れ気味だったし、ゆっくり休めたらまぁいいか。 来週の天気に期待することにしよう。"Schnucks" という、 Urbanaにあるsupermarketに行って材料買いこんでハヤシライスを作ったりした。 "Schnucks" は近所の "Meijers" より品揃えが良いが値段はちょっと高めであった。



2月18日(日)


良く考えてみれば、この時期、日本はお受験のseasonですね。
久しぶりにMarket Place Mallに行ってみた。 "Spring Sale" の文字があちらこちらに見えた。もう春なんだな〜、この留学も、秋、冬と過ごして、あと、春、夏を過ごせば終わってしまうんだな〜、残りの時間を大切にして、研究成果を上げつつも見たい物をもれなく見て、やりたいことをもれなくやっておかなければ! という気になってきてしまった。
実家も色々大変みたいである。告別式には出席できないけれど、日本に帰ったらお墓参りに行かなければ…



2月19日(月)


学会に投稿する論文を書いた。 "書いた" と言っても、日本語のものは既に社内発表用に書いてあったし、 1000 word abstractも出してあったので、論文作成は楽チンで、1日で書いてしまった。日本で沢山 simulationのdataを取ってあったのが、実は渡米直前に仕事用のPCのHDDをcrashさせてしまい、一部資料を残して殆どdataが消えてしまっていたので、大学でまたsimulationやり直さないといけないかな〜と思っていたのだが、何とか手持ちの材料で書き上げてしまった。しかし、例によって "a" "the" の使い方におかしいところがあるに違いない!
1月のSan Joseで登場した同僚の若者君、T氏の論文では僕がこれから投稿する論文が参考文献になっているのだが、香港の大学のPh.Dの方から、投稿前なのにmailをもらっていて "あなたの論文読んでみたい" なのだそうだ。これがきっかけで共同研究なんてことになって香港に仕事に行けないかしらん? …とそうそう上手くは行かないと思うが (笑)
今まで、社外秘な仕事が多く、学会発表をなかなかさせてもらえず、発表はもう憧れに近いものがあったのだが、いざ投稿となって、余り緊張感もないし、こんな安直でいいのだろうか? と思ったりもしている。この論文は既にもう過去の研究だし、今大学でやっている研究は別物なので、大学の研究も頑張らねば!!



2月20日(火)


やっとWindows2000 (日本語版) をgetした! (研究用) これで、暮れに買ってあったDellのDesktop PCに installして使うことが出来る。
今semester、火曜と木曜はEnglish Centerに通っている。午前中はReading/Writingのclassに出席し、夜はConverasationのclassに出席している。夜のclassの担当は、前semesterと同じくJ先生なのだが、今日はJ先生が風邪でdown! classが流れてしまった。日本では風邪流行っているみたいだが、ここIllinois でも流行っているのかしらん???


[その1] [その3] [戻る]