2001年2月 [その1] [その2] [その3]


2月01日(木)


夜、English Centerのconversation classに出席して、年末年始はみんな何していたの? なる話になった。僕は、この日記にもある通り、New Orleansに行って、デジカメ写真を撮りまくったという話をしたのだが、先生及びclassmateがデジカメ画像見てみたいのでURL教えてくれという展開になってしまった。ご覧の通りこのHPは "Sorry! Japanese Only" なのだが、取り敢えずデジカメ画像のpageだけでも bi-lingualにしないといけないかなぁという気がしてきた。という訳で、近日中、英語版のpageも作ります。但し、日記は今まで通り日本語onlyにするつもりです。悪しからず。
一つだけ問題があって、原則、日記に登場している人物にこのHPの存在は知らせないようにしているのだが、このconversation classには、日本で検察官をしているS氏がいる。classでURLを公開すると彼に日記を読まれてしまうではないか。ううむ、どうしよう???
"Daily Illini" (大学内のあちこちに置いてある無料の新聞) に寄れば、今日の山羊座 (Capricorn) は Love運絶好調につき、仕事を早めに切り上げて帰宅するようになのだそうだ。そんな気配は全くなさそうだったが (笑) 占いを信じることにして?? 早めに帰宅した。 (注: 勉強するのに疲れたので早めに帰る口実にした訳では決してありません (笑) )



2月02日(金)


昨日に引き続き占いの話。USに住んでいたことのある人なら、 "fortune cookie" という単語を聞くと、懐かしい! と思うかも知れない。要はクッキーを割ると中におみくじみたいな紙が入っていて、色々な messageが書いてあるというものである。こちらのChinese restaurantに行くと良く食後に出てくる。最近はいい加減に作っているのか、一つのクッキーの中に何枚も紙が入っている場合もある。
今日、自炊するのがちょっと面倒だったので、例によって近所の "Chinatown Buffet" に行き、これまた例によって最後にfortune cookieが出てきたのだが、4枚も紙が入っていて、

"Good things are being said about you."
"You have great physical powers and an iron constitution."
"You will pass a difficult test that will make you happier."
"You have an ability to sense and know higher truth."

なのだそうだ。ここまで来ると、う〜ん、本当かよ? と言いたくなってしまう。



2月03日(土)


髪が伸びて鬱陶しいの状態になってしまっていたのが、久々に床屋に行くことが出来た。以前も書いた、 Champaignにある "一発 (IPPATSU)" というところに行った。本当はSan Joseに行く前、或いは帰ってきた次の日に行きたかったのが、予約がいっぱいで1週間も待たねばならないということになってしまったのであった。Champaign-Urbanaでbest barbarに選ばれただけあって人気が高いのか???
前回は、韓国系の女性理容師さんに切ってもらったが、今日は金髪女性理容師さんであった。USでは東洋人の cutは苦手な理容師さんが多いの噂を聞いていたので、果たして彼女が僕の頭をちゃんとcut出来るか? の不安もあったが、さすがC-U地区でNo.1の床屋だけあって、ちゃんと満足の行くように切ってくれた。韓国系の女性理容師さんは色々話しながらやってくれて、髪を切りながらも英会話の勉強が出来て良い! と思ったが、金髪女性理容師さんは黙々と切るtype、同じ店でも違うtypeの理容師さんがいるのだなということが分かった。
しかし、店員さんも、ownerも日本ゆかりの人はいないのに、どうして店名が日本語なのであろう???



2月04日(日)


ふと思い出したのだが、日本は確か昨日か今日、節分だったのではないだろうか? アメリカにいても、Chicago などの大きな町に行けば日本人societyは発達しているし、日本人で集まって豆まきなんてやっていそうだが、僕の場合、そこまで日本人societyに漬かって生活している訳ではないので、特に豆まきはしなかった。大都市に住んでおられる日本人のお子様で、月〜金は現地の学校に通い、土曜日には日本人学校に通って帰国後の受験にも困らないようにしている人達もいるが、土曜の1日で日本の1週間分の勉強をするのに、宿題が鬼のように出るそうで、本当に大変らしい。
近所のsupermarket "Meijers" の中を歩いていたら、実は "Ethnic Foods" のコーナーがあって、国宝ローズ (米) があるのを発見! 今まで米は "Am-ko" (Champaignにある東洋食品店) に買いに行っていたのが、何のことはない、近所のsupermarketでも美味しい米が手に入るのではないか!
これまた近所を車で走っていたら、 "Chevys" を発見! "Chevys" は、San Joseにて、日本の同僚S氏に教えてもらった、なかなかいけるMexican restaurantである。C-Uに来て5ヶ月以上経つが、まだまだたまに小さな発見をして新鮮な気分を味わうことがある。



2月05日(月)


英語版のpageを作ってしまった。と言っても、見られるのはMPEG movieとデジカメ画像だけだが。深夜寝ぼけながら30分位で作ったので変な英語を書いていないかとても心配である。おかしなところを発見した方はご一報下されば幸いです。
最近やることが急増しつつあり、ちょっと疲れ気味のため、mailをいただいてもurgentでないものには余り返事を書いていません。mail下さっているみなさん本当にごめんなさい。



2月06日(火)


Chicago郊外で発砲事件があったらしい。解雇されたのを逆恨みしての犯行だったとか。みなさまご存知の通り、USの現在の経済状態は余り良くない。TVを見ていると、Amazon.comで大規模なリストラがあるなんて類のnewsはしょっちゅうやっている。
日本の知人から "佐藤君はアメリカのどこにいるの?" と尋ねられて、 "Illinois州です" とか、 "Champaign ってところで大学はUrbanaにあります" なんて答えても、 "どこ、それ?" なるresponseが返ってくることもしばしばなので、最近は "Chicagoから車で2時間位行ったところです" と答えることにしている。但し、この発砲事件があった場所とChampaign-Urbanaは全く違うところです、念の為。この町は住人の殆どが大学関係者で治安が良いせいなのか、はたまた僕の運が良いのか、Champaign-Urbanaで恐ろしい目にあったことは今のところない。
それよりも、これからの季節、恐ろしいのはTornadoである。聞けばTornadoで死亡する確率は、飛行機が墜落して死亡する確率より低いらしいが、警報が鳴るとちょっとビビッてしまう。実は、今日、初めてTornado警報を聞いた。少し春らしくなってきたし、いよいよTornadoの季節か? と身構えてしまったものの、毎月第一火曜日の10時には、試験で警報を鳴らすのだそうだ。Champaign-Urbanaに来て5ヶ月以上経つのに、全然知らなかった!



2月07日(水)


今回USに来るまでは、海外出張なんて全然なかったし、Mileageにもご縁がなかった。この留学中に、日記にも書いている通り、何度かbusiness tripで飛行機に乗っている。これからprivate tripで乗る予定もある。 Mileageってどんな感じで貯まるのかな〜? と思っていたのが、最近JALから手紙が来て大体こんな感じだというのが分かった。(値は片道分)

Chicago-Tokyo : 4400mile
Chicago-Las Vegas : 1060mile
Chicago-San Jose : 1280mile

で、今のところ僕の合計mileは20000mile強なのだそうだ。Flightだけでなく、JAL card (VISA) を使っても Mileageが積算するらしい。
日本からの国際線のround tripのticketに換えようとするなら、economy classで、15000mileでSeoul、20000 mileで中国/香港、40000mileでAustralia、50000mileで北米、55000mileでEuropeなのだそうだ。ううん、 Europeは遠いなぁ、なんて思ったりして。
ちなみになんでJALのMileageに入っているかというと、こちらで自動車保険に入るのに、日本語で仲介してくれるserviceがあって、そのserviceを受けるにはJAL cardを作る必要があり、すると自動的にMileage card も付いてきてしまうのであった。JALとAmerican Airlinesは提携しているため、僕はいつもAAで旅しているという訳なのである。



2月08日(木)


以前はlunchには、良く "Yen-Ching" というChineseのbuffetに行っていた。Beckmanからも近いし、$5.99で drink込みだし、結構日本人好みの味付けなので一時期はお気に入りであった。しかし、所詮はアメリカの中華で、しょっちゅう行っているとやはりちょっと油がしつこいかなという感じがしてきてしまっている。それに、昼からbuffetに行くなんて質量増大の元である! 
そこで、最近は、昨年English Centerのclassmateと一緒に行ったYMCAの中にあるThai cuisineのファーストフードに行くことにしている。menuは焼きそばとfried rice、タイカレー位しかないし、平日昼にしか営業していないのだが、人気があるらしく結構混んでいる。値段も安いし量も程々なので良い。
YMCAは、研究室のあるBeckmanからだと10分位歩く。ちょっと遠いが逆に気晴らしになって良い。最近天気が良いので、YMCAに行く途中に大学の様子をデジカメで収めようと思っていたのが、今日いくつかデジカメ画像を撮った。上手く撮れているかどうか分からないが、念願だったリス君の撮影もついにした。この大学の中ではリス君だのウサギ君だのがが歩き回っていて大変可愛い。デジカメを向けて怖がって逃げられると困るのでソロリソロリと近づいていったところ、なんとリス君はポーズを取ってくれたのであった。ウサギ君は神経質だからこういう訳にはいかないだろうなぁ。ちゃんと写っているようだったら勿論HPにて公開致します。Olympusの2100UZみたいな10倍zoomのデジカメがあれば鳥とかリスの撮影が楽に出来て楽しいかもしれないと思う今日この頃!



2月09日(金)


天気の良い日が続いていると思っていたら今日は雨で肌寒い。雪はもうなさそうだが、天気が冴えないと何となく気分も冴えないなぁ…



2月10日(土)


Champaign-Urbanaのあちこちで無料で配られている新聞の一つ、 "Octopus" でお勧めの映画 "Crouching Tiger, Hidden Dragon" を夜観に行った。供給元がSony Picturesで、SPEは、今後全て日米同時封切にする宣言をしているので日本でも既に上映されているかも知れない。所謂 Marshal Artsものとのことだったが、人間がそんな動き出来るわけない! と言いたくなるようなシーンもあって、忍者モノか、Science Fictionの世界だなぁなんて思ったりもした。中国語の映画で、字幕が英語であった。外国語の映画を、外国語の字幕で見るというちょっと奇妙な体験もしてしまった。結構楽しめる作品です。
Baytowneの近所にある映画館 "Beverly Cinema" は夜の部がとても空いていて、うまくすると客が自分一人なんてこともあり、経営成り立つのかな〜なんて心配になることもあるが、今日は結構沢山のお客さんが来ていた。 


[その2] [その3] [戻る]