2000年12月 [その1] [その2] [その3]


12月18日(月)


東京へのbusiness tripを終え、Champaignに戻ってまいりました。寒い寒いIllinoisに住みなれてしまうと、東京の冬なんて本当、春みたいに暖かだなと思ってしまった。特に、Champaignを出発した時には Chicagoは雪だったものの、Champaignは雨だったのが、戻ってきたらすっかり雪化粧していたため、余計にそう思ったのかも知れない。道路も思っていたよりslippyになっている。運転が怖いなぁ。
東京では友達に会ったりもしたかったのが、僕自身も、友達も結構忙しく、結局同僚と色々話をして、実家に寄った程度で終わってしまった。同じ部署の若者君達からは、 "早く帰ってきて下さい〜" なんて言ってもらえて、こんな自分でも必要としてくれている人達が日本にはいるのだなぁと思い少々嬉しくなってしまった。これまた僕の知り合いはご存知だと思うが、会社では僕はR&Dに関わっており、学生時代と同じようなstyleで仕事させてもらっているが、Univ. of Illinoisではたまに先生と相談する程度でどちらかと言うと一人で研究することが多いものの、会社ではやはり自分は組織の中の一人なのだなと実感させられる。多くの優秀な同僚と一緒に仕事させてもらっていることは本当に幸せだと思う。
僕もPalm OS搭載の端末を手に入れようと、今回の旅でCLIEを買う予定であった。 (アメリカではカラー液晶のCLIEがまだ販売していない) しかし、ヨドバシ等で実物を見たところ、カラー液晶のものに関しては、個人的にVisor Prismが最も良い気がした。Visorだったらアメリカでgetすれば良いと思ったので買わなかった。懸念事項として、USで買ったPalmを日本語化するにはどうしたらいいのだろう? ということがあるが、これからあちこちWebを見て研究したいと思う。何かご存知の方おられましたらmail下さい。その他、温泉の素なんぞも買ってきてしまった。温泉が恋しくなった時にはこれを風呂に入れてはいることにしようと思う。日本のDVD Diskも色々買おうと考えていたが、何だか洋画コンテンツのものばかりで、これならわざわざ日本で買うこともないなと思った次第である。以前書いた通りregion-free DVD playerを買ってあるので、test用に2枚ほどdiskを買った。
日本には、来年9月までもう戻らない予定であったが、来年4月にSeoulで学会発表をした後、仕事上の口実が作れればひょっとして日本にも寄るかも知れない。まぁ、それ以前に学会に投稿してあるpaper がacceptされる必要があるが。それと、Champaignに戻ってきた折、実家に連絡して知ったのだが、祖母がちょっと危ないらしい。身内に不幸があるとなると、やはり日本に帰らざるを得ないであろう。これを読んでいる私の知人で、都合が合いそうなら今度こそみなさんお目にかかりましょう。
気がつくと、このHPへのaccess数が1700を超えている! これは年内2000hit達成出来るかしらん?



12月19日(火)


飛行機の中で沢山寝たにも関わらず、今日は時差ボケが取れなくて大変であった。こんな日に事故を起こしてしまっては恐ろしいので、ソロリソロリと運転した。
夜、Champaignの "Biaggi" というItalian Restaurantに行ってきた。以前書いた通り、English Center の英会話classの最終講義として夕食会を兼ねて行ってきた。J先生に花束を進呈したり、デジカメで記念撮影をしたりして楽しかった。店の雰囲気も良く、料理もなかなかだった。値段もreasonableであった。ただspagettiはちょっと量が多かったかなぁ。日本から居候の方々が見えた時にお連れする店が一軒増えた。研究室では一人で論文読んだりsimulationしたりすることが多く、そんなに周りと話すことがないので、英語classに行くと色々な話が出来て楽しい。



12月20日(水)


"雪まみれのBaytowne" の画像を追加しました。良かったらご覧下さい。
こちらに来てとうとう4ヶ月が過ぎた。降り返ってみると本当に色々なことがあった気がするが、まだ C-U生活は1/3も終わっていない。まだまだこれから色々なことがあるに違いない。
昨日、English CenterのJ先生から、classの最後と言うことで、一人一人手紙をもらった。あなたの英語はここが優れているとか、ここを直すともっと良くなるといったことが、A4いっぱいに書いてあって結構感動であった。ちなみに、僕の弱点は、f/hの発音がちょっと弱くて、聞いている人が confusingになり兼ねないこと、過去のことを話すのに、最初は過去形で話しているのが時々現在形になってしまうことなのだそうである。ここまで詳細にcheckしてもらっていたのだな、さすがプロ! と感心した。この手紙、typeし直してHPにも載せようかしらん?
Handspringにmailを出して、USで買ったPalm端末を日本語にするには? という情報を仕入れた。どうやら可能らしいので、いずれPrismを手に入れて実行したいと思う。
研究室は、姿の見えない学生さんの姿もちらほら。一緒に研究させてもらっているインド人のI氏は明日から故郷に6週間帰ってしまうのだという。元々暑い国の人だから、寒さにはやはり耐えられないのか?? 彼がいなくなる前に色々研究に関して有意義なdiscussionが出来て良かった。
帰りにちょっと寄り道して近所の電器屋を2,3軒覗いてみたが、Visor Prismは品切れ状態であった。ううむ、USでもPrismは人気なのか?
夜、ついにregion-free DVD playerを観た。まずは日本から買ってきたdiskを観てみた。僕は別に優香ファンという訳では決してないのだが (^^;;; 研究室で隣に座っている台湾人のおにいちゃんrequest の酒井法子DVDは日本で探し回ってもなかったし、先述の通り、日本で売っているDVDは洋画コンテンツのものばかりで日本独自のものと言えばアイドルもの位で、暫く日本にいない間に知らないアイドルが沢山出てきてしまったみたいで知っているのは優香だけだったので彼女のdiskを買ってきてしまっていた。衛星放送の絵に慣れてしまうと、画像がとてもsharp & clearな気がする。一応僕も画像処理が専門だが、最近では超低レートのnoiseバキバキな絵を見なれてしまっているせいか、DVDの画像は本当に感動ものであった。多分、同じDVDでも、元々アナログVTR用のコンテンツだったものをDVDに焼き直したものと、元からDVDで作ったものではきっと解像感が違うと思う。今度はUSのdiskでtryせねばならぬ。Baytowneの知人であるI先生は、DVDにregion codeがあることを知らないで "Matrix" を買ってきてしまっていて、これを僕に下さるそうなのでcontactしてgetせねば!!



12月21日(木)


日本にいる祖母の状態が良くないらしい。会社に問い合わせたところ、祖父母の不幸に際して旅費は出ないようなので、実家の両親は帰ってこないでも良いと言っているが…どうしよう? ただ、もう 2日しか持たないかもと言われていた割には、何とか持ちこたえている様である。祖父は僕が大学1年の時、入院して手術したと思ったらあっという間に逝ってしまったが、祖母は再三手術しているにも拘わらず、本当に長生きしている。女性のほうが生命力があるのだろうか?
…なんだか暗い話題になってしまったが、話変わって、M教授も今日が今年最後の日とのことであったので、今年中に彼にsimulation結果を見せて打ち合わせをした。彼はBelgiumで、元はフランス語が母国語なので "Bon annee!" ("良いお年を!" の意。spell違っていると思った方はmail下さい) と告げたら結構感動してくれたみたいである。何を隠そう、僕は大学時代フランス語を選択していたのであった…とは言っても、大して真面目に勉強していた訳ではないが (^^;
この日記の8月のところ (ううん、何だかはるか昔の気がするなぁ) で、自動車の登録をした話を書き、当時Hotel住まいだったので、大学宛に郵便物が届くようにしたが、その後、大学宛の郵便物が結構なくなっているという話を書いた。しかし、car registration formは登録後3ヶ月以上も経ってちゃんと届いた! いやぁ〜 一安心! これがないと車を売ることが出来ないのである!!



12月22日(金)


今日で年内に学校に行くのは最後の人も多いみたいである。会社から "研究用PCを買っても良い" の許可が出ていたので、DellのPCを買っておいたのが、大学に届いていたのでpick upした。日本語版 Windows 2000をinstallして使用する予定である。アメリカでも、日本語版のsoftwareがinternet経由で買えるところがいくつかあり、その中の一つの、 "AsiaSoft" なるところで日本語版Win2000を注文してある。品切れでちょっと待たされるみたいだが、来年1月には届くらしい。



12月23日(土)


時差ボケと寒さのため、ちょっと体力がなくなってきていた感じだったので、家でTVなんぞ観てのんびり過ごした。TVは、イングランドサッカー (Premier League) だの、 "Karate Kid" 等がやっていて結構楽しめた。Satellite TVはいいなぁ。日本でもBSデジタル放送が始まっているが、コンテンツはどんなものなのだろう?



12月24日(日)


今日はChristmas Eveですが、日本の皆さん如何お過ごしでしょうか?
うちの近くはshopping center等充実しているせいか、結構渋滞していた。僕はChicagoに行こうかとも思っていたが、道がまだ凍っている感じだったので止めておいた。特に大きなeventもなく、ごくごく普通の日曜日を過ごした。
うちの会社は、社内での留学選考に合格した後、一年間TOEFLのscoreをupさせたり、自分で自分の行き先探したり…といったことをするのが普通であるが、Univ. of Illinoisだけは、donationがあるため、 3月の選考に合格したら8月から旅立ち! という急展開になってしまう。去年の今頃は、まだ留学選考に応募すらしておらず、こうして今異国の地で過ごすなんてなんてことは想像もつかなかった。来年の今頃、僕はどこで何をしているのだろう…
このHPも2000hitが見えてきた。2000番目の訪問者になった方はmail下さいませ。



12月25日(月)


Thanksgivingの時もそうであったが、アメリカはHolidayになるといっせいに店が閉まってしまう。今日は漸く時差ボケも取れてきたし、雪も溶けて天気が良くなってきたのであれこれ用事を済ませようと思っていたのが、うちの近くの24時間営業のsupermarket (Meijer) まで休みになっていた。唯一営業していたのが、 "Chinatown Buffet" で、Chemistry専攻のN氏にばったり会ってしまい、今日はここ位しか営業していませんね〜という話になってしまった。彼とはたまにChampaign-Urbanaのrestaurantでばったり会ってしまうが、しかしなんでいつも僕が帰る頃に店に現れるのだろう? 同じ時間に入店すれば一緒に食事出来るのに (笑)
ところで、大分前の話になるが、10月にMissouriまでdriveした際、Interstate (高速道路) での様子を HandyCamを回して撮っておいたのを、MPEGに圧縮してHPに載せてみた。本当はきれいに紅葉していたのだが、天気が悪かったので今一つぱっとしないビデオになってしまっているが、アメリカでdriveするのはこんな感じですという雰囲気でだけでも味わっていただければ嬉しいです。アナログ回線だとちょっと重いかも知れません。 "面白い" "もっとfile sizeを小さくして欲しい" "tagはこういう風にした方が…" などなどご意見をmailで頂戴いただけるとこれまた嬉しいです。好評なら第2段、第3段もuploadしようと思っています。
時差の関係 (Champaignは日本より15時間遅い) で、日本では既に一つ歳を取ってしまった僕であるが、 "お知らせ" に書いておいたら何人かの方からBirthday Mail頂きました。大変嬉しいです。どうも有難う。



12月26日(火)


例によって、出かける前だが、準備もしないでHP作成の油売りに精を出している (笑) まぁ今回はprivate tripだし、国内旅行なので忘れ物をしても何とかなるであろう。車でなくAmtrakの旅なので、PCも持っていかないことにした。
昨日動画を自分のHPにuploadしたついでに、Windows Media Player 7.0をinstallしてみた。僕のPCは、会社支給のものも、個人所有のものも最新ではないので、7.0は入っていなかったのである。動かしてみてこれはすごい! と思った。何がすごいって、まず、アメリカにいても、Media Playerさえあれば、FM東京やJ-waveまで聴けてしまう点がすごい。以前にも書いた通り、うちはCATVのinternet常時接続サービスに加入しているので、BGM代わりに日本のラジオを聞くことも可能である。今、車の中などでは "Light Rock" というFM放送が気に入っていてつけっぱなしにしているが、日本に帰った後、アメリカが懐かしくなったら Windows Media Playerで "Light Rock" を聴けばよいのである。勿論、通常の放送と、internet放送ではコンテンツが違うであろうが、それでも聴けてしまうだけですごいと思う。
加えて、block noiseが入るが、古内東子のinterviewなどのビデオも見られてしまう。PCとAV機器が段々近づいているのを感じる。PCがAV機器を飲み込むのか、AV機器がPCを飲み込むのか、ここ数年が勝負だと思う。AV業界にいる我々も頑張らねば! …と言いつつも最近はPC向けのアプリ開発をする同僚も増えてきている。softwareに支配される時代になってきたのである。
話変わって、English Centerでも話題になっていた、 "Hinode" という、新たにChampaignにopenした Japanese Restaurantにchallengeしてきた。openは12/21だったそうで、本当に開店して間もないといった感じである。店内は明るくて綺麗だった…が、味は大したことなかった。Champaign-Urbanaには他に "Miko" "Kamakura" という2軒のJapanese Restaurantがあるが、僕的には、"Miko" "Hinode" "Kamakura" の順である気がした。それにしても、こんな大学しかないような町に日本料理店がopenしてしまうなんて、結構アメリカでは日本食がブームなのであろうか?
ちょっとだけ学校に寄った後、Market Place Mallに行ってみた。日本ではChristmasが終わるとさっさと decorationを片付けてしまうのが、アメリカではAfter Christmas Saleなるものをやっていて、まだ Christmasの飾り付けがそのまま残されていた。ここでEnglish Centerの韓国人のclassmate、K氏に会ってしまい、 "Hinode" は期待した程ではありませんよ〜 という話をした。
さて、このdocumentをuploadしたら荷物準備にかかります。2000hit達成したみたいで、2000年の自分の誕生日に2000hit達成したなんて、何だか来年はいいことあるような気がしてきてしまった!


[その1] [その3] [戻る]