ひび回文。

 ひび回文とは、ひびの忙しさの間隙を縫って創っている回文です。余談なんだよシリーズにくらべると工夫がたりませんが、まあ継続の一つのカタチというコトで。
 あと、詰まらないことなんですが、見栄を張ってるというか何というか、私が創る回文には「清濁を同じ」とは認めていません。しかし、くっつきの「っ」、いわゆる拗音などは止む無く「つ」と同等に扱っている場合があります。
 重たくなったので2002年からのだけにしました。
 それでは――単に羅列しているだけなので安っぽいというか凄みが無いですが、それぞれが主役だというつもりで読んで戴ければ幸いです――どうぞ。

わたしゃ強いたら課題なんか解んない。だから退社したわ。
 わたしゃ強いたくないからかイラつくし南無三さ、むなしくツライから甲斐無く退社したわ。
よー、嫁や夫婦やめよーよ。
誰か彼か、友の元カレかカレだ。
けだるい「はとぽっぽ」とは、♪ぽっぽっぽ、♪はとぽっぽ、と入るだけ。
鰻を刑事と、貝や鰍やイカとかで補う。
電気ウナギを電源化にしたので、使い急いていたからか、 大抵生活での足しに還元で補う(金で)。
花壇なんだか段なんだか。
ワルいテストも友と捨ているわ。
字も伸び伸びの文字。
ためつすがめつ見詰め、ガス詰めた。
ためつすがめつ手にとって、ゴテゴテッと煮て詰め、ガス詰めた。
夜 寝る日も、昼 寝る日も、昼寝るよ。
ダンスやバレエまでいかんサンバの晩餐会で舞えれば休んだ。
ダンスやバレエを終えれば休んだ。
解説家が担う世の常の熱の様な荷が勝つ成果。
解説も保つ執事が、実、質も保つ成果。
解説が腕で穿つ成果。
渇いた硫黄も、もう老いた岩か。
地震対策地方功労候補地区最短指示。+
飛ぶ回路より、よぎる剣より鎧かぶと。
試す凄いイイ和からカワイイ囲碁すすめた。
成した質、幾多の卓逸した品。
キセル居て威圧、空いている席。
寝かす薪をくべるべく起きますかね。
四回関与。
詐欺師か? 腐敗した死を何気に治した施為は不可思議さ。
くすまない痒い愉快なマスク。+
彼らとサトリとサトラレか。
抱いたみたい罪が しばしば しがみついたみたいだ。
四つ葉 泣いたみたい罪が、しばしば しがみついたみたいな罰よ。
神主も、しぬイカも 仔猫も 飼い主も、しぬんか?
しぬ部下のしぬ意図や、雇い主の株主。*
しぬ部下のしぬ意図や魂ないし思惟な遺志、また、雇い主の株主。+
導師も悼む煙たいモルグ。
牙さえ墜落したし暗い杖さばき。
牙さえついた神子みたい杖さばき。
李の野も模す桃の野も燃す。a
互い違いがち鋳型。
此処と此処と此処と此処。
石の者も物々しい。
まあとにかく蟹と海女。
B接待達成日。a
薬風フリスク。
タイに老パンサーが居たからか大河に貝が居たし、大概カニが居たからか タイガー サンパウロに居た。+
大河に貝が居た。にわかに川に大概カニが居た。*
大抵連れがな、にわかに川に流れ着いていた。
特許しでかしたの確かでしょ、きっと。
軽く舞い、イデアも寸話もワンスモアで言いまくるか。
「ネタの実」や「悩める芽」や「悩みの種」。
根も兼ねた農夫蒔いた今風の種かもね。
解りつつも倒れ掛けたのみの身の丈、彼を保つ吊革。
解りつつも倒れ墜つオレを保つ吊革。
規制改訂難問先見定例会懸案経過異例点検専門内偵解析。+
規制改訂難問先見定型累計点検専門内偵解析。+
規制改悪蔓延新案厳選原案深淵幕間解析。+
カレーとかスペクタクルみたいだし、ミモザわざわざ揉みしだいたミルク焚くペスカトーレか。+
カレーとかスペシャル椰子ペスカトーレか。
カレーとかスペクタクルだし、だるく焚くペスカトーレか。
カレーとかスペクタクル抜きでも出来、温く焚くペスカトーレか。
カレーとかスペイン製さ、野菜繊維ペスカトーレか。
ま!あの子ワル!手っ取り早いだの何だのと、人の旦那のダイヤ針盗ってるわ!このアマ!+
寄るとさ、手っ取り早いだの何だのと、人の旦那のダイヤ張り把手さ盗るよ。*
裏はオゼゼを払う。
例:手を伸ばして芝のお手入れ。a
この、屈む隊の眠たい顔と、スライムのゲノムイラストを描いた胸の痛む画家の子。
蚊が居るわたしの眠たい顔と、スライムのゲノムイラストを描いた胸の下悪い画家。
不甲斐無くヨタれた良く無い画布。
規制改正嘆願体制会席。*
鐘の鳴りかオカリナの鳴りかオカリナの音か。
大解説全問悶絶正解だ!!
課のなのか他のなのか。
管理区チンチクリンか。
書かないなら濁点なんて取るまでで、丸と点なんて下らない仲か。
グー。晩はハンバーグ。
ねちらねちら垂乳根拉致ね。
駄犬等くたばらないならばタクランケだ。
高層拘束用右翼装甲倉庫。
如何せん予期せぬ咳4000回。
嘘や、模範的な詩かおかしな機転は燃やそう。
嘘や模範回答や疎い勘は燃やそう。
ネタでもう、慟哭や打つ自棄や、呟く行動も出たね。
そっちのけの窒素。
硬い薫る足にイニシアルを書いたか。
桜かカトレアかアレとか唐草。
都会な廓も悪くないかと。
石も残りはやはり好もしい。
耐え難し掟で敵を従えた。
事故も有り得る側こそ怖がるエリアも固持。
コネのやり方知らないから飼い慣らした借り家の猫。
捏ねたエサのやり方知らないから飼え。前々から飼い慣らした借り家の冴えた猫。
低い鉄板手をテンパッていく日。
うろたえながらムラムラが萎えたろう。
幾回も同じクジによる搾取しくさる世に忸怩な思いか悔い。
 2002年より古い作品は此処
今後ともよろしく。意見、感想は kawahar@qa2.so-net.ne.jpまで。
(C) Copyright 1988-2002 by kawahar. All rights reserved.

(Last Modefy. 194)

visitor count = 知りません。(2000/08/28)