許可の取り方

1.たくさんのペーパーワークをする覚悟をする。
    
書類はすべて2通づつあるので、カーボン紙を用意しておくと便利。

2.
所轄の警察署の生活安全課で「初心者講習」の申し込みをする。
    
必要なもの(ライカ版写真2枚、印鑑、受講料6800円)
    写真は合計6枚必要です。最初に6枚撮っておきましょう。
    このときに講習で使う教科書がもらえる。
    警察署へ行くときは印鑑を必ず持っていく癖をつけておこう。

3.
指定された日に警察本部へ行き、「初心者講習」を受ける。
    
講習の最後に筆記試験があり、受かれば「講習終了証」がもらえる。
    講習は朝から夕方までほぼ1日仕事です。

4.
「講習終了証」をもって所轄へ行き、「射撃教習資格認定」の申請をする。
必要なもの(住民票、戸籍抄本、ライカ版写真2枚、印鑑、申請料7900円、診断書)
住民票、戸籍抄本は銃砲所持許可申請にも必要なので、2通づつ取っておこう。
この申請をした時点で審査が入る。(銃を撃たせて大丈夫な人か簡単な身辺調査がおこなわれる)

5.
「射撃教習資格認定」が下りたら所轄から連絡がある。
    
所轄へ行き、認定証を受け取る。
    このとき「火薬譲受許可」を申請する。印鑑必要
     (その場で射撃教習で使う弾を買うのに必要な「火薬譲受許可証」を発行してくれる)

6.
銃砲店に行き、「射撃教習」の申し込みをする。
    
必要なもの(「射撃教習資格認定証」と「火薬譲受許可証」)
    教習料、皿代、弾代、銃のレンタル代、その他含めてだいたい38000円ほど。

7.
指定された日に指定された射撃場で「射撃教習」を受ける。
教習の最後に実技試験がある。銃を安全に扱え、25枚中、2枚以上のクレーを撃ち落せば合格。
「射撃教習」に受かれば「射撃教習終了証」がもらえる。
この時点で手元に「講習終了証」と「射撃教習終了証」があることになり、「猟銃空気銃所持許可」の申請ができる状態になる。

8.
銃砲店に行き、銃を買う。
    
必要なもの(「射撃教習終了証」とお金!)
    この時点ではまだ銃を受け渡してもらえない。

9.
所轄に行き、「猟銃空気銃所持許可」の申請をする。
必要なもの(「講習終了証」、「射撃教習終了証」、住民票、戸籍抄本、ライカ版写真2枚、印鑑、申請料9000円それから診断書)

10.
許可が下りたら所轄から連絡がある。
    
所轄へ行き、「猟銃空気銃所持許可証」を受け取る。

11.
許可証をもって銃砲店へ行き、銃を受け取る。
    
まだ終わりじゃないぞ!!

12.
銃をもって所轄へ行き、現物を確認してもらう。
    
銃を受け取って2週間以内に行かなければいけない。
    この確認をもって諸手続きは終了する。
    このとき「火薬譲受許可証」をもらっておく。



いろいろややこしいことを書きましたが、
要は、

≪筆記試験≫⇒≪実技試験≫⇒≪銃所持≫

です。

※最終確認は各自で所轄に問い合わせてください。


各種申請用紙(京都府警仕様)はこちらからDLできます(京都府警のウェブページです)

※他府県の方は各府県警にお問い合わせください。