費用について
(02年8月現在)

 クレー射撃はとかくお金がかかるスポーツだというイメージが強いですが、自分の財力に合ったペースで撃つことによって調整することが可能です。競技ではなく、趣味で楽しむ程度なら普通のサラリーマンや学生でも十分に余裕をもってできます。

≪許可を取るための費用≫

 初心者講習: 6800円
 射撃教習資格認定申請: 7900円
 火薬譲受許可申請: 2400円
 射撃教習: 約35000円
 弾代(100発): 約3000円
 銃砲所持許可申請: 9000円

  合計: 約61300円


≪クレー射撃の費用≫

 射撃場により料金は異なります。京都府射撃場の例を見てみましょう。

   射撃場使用料: 520円
   皿代: 50円(1枚)
   弾代: 約30円(1発)

 4ラウンド(100枚)を撃った場合、8500円ほどかかる計算です。ただし、京都府クレー射撃協会の会員には優遇措置があるため、7300円ほどになります。各都道府県協会や射撃場で特別会員割引を行っているところが多いです。地元の協会または射撃場にお問い合わせください。

≪協会関係費用≫

 京都府クレー射撃協会の例
   入会費: 5000円
   年会費: 10000円


 別に協会に入らなくてもクレー射撃を楽しむことはできます。ただ、割引制度のことを考えると協会に入ったほうがお得かも。

≪銃にかかる費用≫

 もう、ピンキリです。5万円ぐらいから300万円ぐらいまで多様です。一般に競技をしている人が使っているのは新銃で60万円、中古で30万円からといったところでしょうか。上を見たらキリがありません。




 兵庫の某国体選手が使用している金象眼入りの高級銃。約750万円。セルシオが買えるぞ!!


 こちらは滋賀の某国体選手が使用している銃。36万円。左の銃とでは勝負にならないかというと、点数ではそんなことはないから、射撃はやめられない。

以上が大体の目安です。
上記金額については変更される可能性がありますので各自で確認ください。