NEW ALBUM「虹の雨が...」2008/11/1発売。MOON STONE LABEL MSL-006 \2.000

音楽みたいな まぶしい夜は まぶたの裏に 銀河描いて 流線形の船に乗って
光の海 渡るのさ 悲しい夢に 目覚めた君の空に たとえば虹の雨でも降らせよう


myspacenにて2曲試聴できます

order→


photo: 松林勇治

    鎌田ひろゆき 虹の雨が…

    1. アウトレット
    2. 2月のうた
    3. 春につくった唄
    4. 白線流し2
    5. Foolish Days
    6. 今日が遠い夏の終わりに
    7. 虹の雨が…
    8. 冬の空

    All Songs Written By Hiroyuki Kamata
    All Songs Arranged By Tenshi Maruyama
    Except M-7 Arranged By Kamata Band


アウトレット
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
Weissenborn. Cho. Programming. 円山天使

2月のうた
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
Vocal. pocopen
E,Guitar. 西脇一弘
Programming. 円山天使

春につくった唄
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
A,Guitar. E,Guitar. 12strings Guitar.
Cho. Programming. 円山天使

白線流し2
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
Piano. 山川ちかこ
A,Guitar. Programming. 円山天使

Foolish Days
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
A,Guitar. Programming. 円山天使

今日が遠い夏の終わりに
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
A,Guitar. Lap Steel Guitar.  円山天使

虹の雨が…
Vocal. A,Guitar. Bass. 鎌田ひろゆき
Vocal. さねよしいさ子
E,Guitar. 宍戸幸司
Drums. 松橋道伸

冬の空
Vocal. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
Programming. 円山天使


producted: 鎌田ひろゆき
recorded & mixed by: 円山天使
recorded & mixed at: KAMATA studio Bathroom studio
M-7 recorded & mixed by: 夏秋文尚
M-7 recorded & mixed at: subterranean studio
mastered by: 上田隆志
mastered at: Hi-station studio

photograph: 松林勇治
design: 花井伸充

special thanks: Yairi Guitar Heavy Gauge ももこ



アルバム「虹の雨が…」へのコメントです!

焦燥も絶望も洗い流してしまうと、人は憧憬に戻るんだな。
そこに鎌田は、虹の雨を見たのかもしれない。

小山卓治

ドアを開けると、よく知っている彼と、まだ知らなかった彼が温かく迎えてくれた!
彼は自分の使った魔法を知ることはないだろう。
その音に触れた時、はじめてキャロル.キングを聴いたあの頃が
よみがえったりしている人が、この世界のどこかにいることを。
……それは私ですが……

さかな ポコペン

ある雨の午後、
鎌田さんの新譜が届いた。
いろんな街を旅して育ってきた歌、
これから旅していく歌、
その一つ一つが丁寧に彩られた
モノクロームの景色。
それは白と黒だけじゃなく、
いくつもの色を何度も何度も
丁寧に塗り重ねられた穏やかな世界。
最高に素敵なアルバムをありがとう!

近藤智洋(GHEEE, ex.PEALOUT)

唄はいつも情景を伴っている。
そして合わせ鏡のように情景の傍らに在った心を写している。
忘れられない想いが歌う、色褪せることのない景色。
たくさんの人の耳に届くといいなと思います。

さかな 西脇一弘

日々の暮らしの中で生まれる
事件とまでも行かない様々な出来事。
歌は、はかない存在では在るけれど
ひとが一瞬みせる感情を唄い伝えている。
鎌田ひろゆき君の歌声が
僕の身体を包み込む時
見知らぬ男女達が暮す街が見える。

吉祥寺MANDA-LA2 中野直志

こんにちわ。下北沢にあるライブバー440(four forty)の店長、行天です。
もう5年くらい前になりますか、、、私にとって最初の鎌田さんのライブ、渋い弾き語りを440で見せていただいて、その後「次のライブは、宍戸さん、松橋さんと一緒に出ます」と聞いて、私は「かつれい、、、」と、ちょっと頭の中で混乱していたのですが、そんな心配?はよそに、以降も定期的にバンドや弾き語りで出演していただいています。
そんな中、今回の新譜が届きました。おそるおそる聞いてみたところ、安心しました(笑)。
私の勝手な想像ではありますが、鎌田さんというその人のルーツ、のような音や風景がこのアルバムとなって今、完成したのではないかと思っているのです。

始まりの詩に出てくる「僕が電話をかけている場所」。私の好きなレイモンド.カバーの短編集。
この星の、上から見下ろす景色は限りある大地。人と人、点と点、線が平面になって、立体になって、見下ろしていた場所から近付いてゆくごとに、形となって見えてくる「ソレ」をいろんな角度から眺めて、歌に、メロディにした鎌田さんの「ソレ」は鎌田さん本人だった、と。
短編集を一冊読み終えたような印象でした。鎌田さんは、前進も後退もねじ曲げる事なく、「そこにいる自分」を表現できる人なんだなぁって、思ったんです。
聞き終わった後、
私自身の好きだったフォークや、ブルース、カントリーをもう一度聞きたくなりました。
自己回帰。
長くなりましたが、ここらで筆を置きます。
音楽に媚びず進む鎌田ひろゆきさんへ。

下北沢440(four forty) 行天裕子

発売おめでとうございます。
僕の家で二人で焼酎を飲みながら、仮mixの音源を聴かせてもらった夜がなんか懐かしいです。
「ええやろ?! ええやろ?!」の連発でかなり疲れましたが(笑)本当に「えぇ」です。
バンザ〜イ!!

成瀬昭



2008年4月12日 名古屋TOKUZOでのライブの模様を映像化しました!
Live DVD-R  ¥1.000


    鎌田ひろゆき Live at NAGAYA TOKUZO
2008/4/12

      1. ラフスケッチ
      2. 2月のうた
      3. ハーネス
      4. 序章
      5. その空の真下
      6. 月
      アンコールセッション
       walking down to the street

      Vo. A,Guitar. 鎌田ひろゆき
      Cajon. ふじやまともや(Cajon)
      Guest. 鈴木祐樹