イッシュー・マネジメントについて


アメリカには、1970 年代以降、「イッシュー・マネジメント」(Social Issues in Management)という概念で象徴的に語られる、企業と社会の関係を問いなおそうという流れがある。「ビジネスと社会」(Business and Society)というタイトルで出版されているテキストは、ラフに言えば、この流れの産物である。

但し、それらの多くは、「ステイクホルダー・アプローチ」というサブタイトルを付けていることからわかるように、内容的には、「ステイクホルダー・マネジメント」である、解される。