書評採録

  欧米の雑誌の「書評欄」で取りあげられた文献を紹介します

加筆修正日:02/08/15



New !

<書評の対象となった文献>

Ciulla,J.B., The Working Life, Random House,2000.

<評者>

Bowie.N.E. (ミネソタ大学所属)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly,12-3,2002

<簡単なコメント>

激しいマネジメント批判を展開しているシウラが労働の意味を問い直している。サブタイトルは「現代の仕事の約束と裏切り」となっている。



New !

<書評の対象となった文献>

Gini.A. My Job My Life. Work and the Creation of the Modern Indivicual,Routledge.2001.

<評者>

Dienhart,J.W. (Seattle 大学所属。ビジネス倫理学会の元会長)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly,12-3,2002

<簡単なコメント>

良い仕事とは、悪い仕事とは、仕事の将来は・・・・・・。




<書評の対象となった文献>

Keeley,M., A Social Theory of Organizations,University of Notre Dame Press,1988.

<評者>

Herman,S.W. (「倫理と社会」のPh.D.を取得。1991年当時、Concordia大学で、宗教倫理とビジネス倫理を教えていた)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly,1-1,1991

<簡単なコメント>

哲学と組織理論の「架け橋」となる試み、との評価。




<書評の対象となった文献>

Carroll,A.& Buchholtz,A .K.,Business & Society : Ethics and Stakeholder Management , 4th Edition, South-Western College Publishing, 2000

<評者>

Maxwell,P. (オ−ストラリアのCurtin技術大学所属)

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics ,5-1, 2001

<簡単なコメント>

ステイクホルダ−の観点から、企業の社会的及び倫理的責任に焦点を合わせて、執筆されたテキスト。本来は、学部の上級生向けであるが、使い方によっては、大学院レベルでも使える。また本書はアメリカ・ベ−スのテキストであるが、非アメリカ諸国でも十分に利用可能である、と評価が下されている。





<書評の対象となった文献>

Werhane,P.and Singer, A., Business Ethics in Theory and Practice, Kluwer, 1999.

<評者>

Snook,I.

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics ,5-2,2001

<簡単なコメント>

対象となった文献は1997年に、ニュ−ジ−ランドのカンタベリー大学で開催されたビジネスエシック・スシンポジウムをベ−スとして編まれたもの。特徴の1つとして、ニュ−ジ−ランドやアジアの研究者が多数参加していることがあげられる。また、ビジネス倫理を幅広い観点から取り上げていることが「長所」の1つとして指摘されている。例えば、所有と飢餓の倫理が取り上げられている。




<書評の対象となった文献>

Herman,S.,Durable Goods:A Covenantal Ethics for Management and Employees,University of Notre Dame Press,1997,

<評者>

McInerney,T. (ニュ−ヨ−クのソ−シャル・アカウンタビリティ・インタ−ナショナルのプログラム・マネジャ−)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly,11-1, 2001

<簡単なコメント>

マネジメントと従業員の対立を、聖書に依拠した契約(biblical covenant)概念をベ−スとしたキリスト教的倫理に基づいて「解消」させようとする果敢な興味深いアプロ−チが展開されているが、結局は「失敗」に終わったのではないか、と論評されている




<書評の対象となった文献>

Bowie,N. E., Buiness Ethics : A Kantian Perspective, Blackwell,1999

<評者>

Ciulla,J. B., (リッチモンド大学所属)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly,11-1, 2001

<簡単なコメント>

カント主義者となることは容易なことではなく、ある意味で、オプティミズムとならざるを得ないのか。最後に、評者は、「Bowieはオプティミズムであることを弁明する必要はない。ビジネス・エシックスの学者はオプティミストであるべきなのである。ロ−カル及びグロ−バル・コミュニティにおいてビジネスを人間にとってより良いものにすることがこの職業にとって大切なこと(whole point)である」、と述べている。




<書評の対象となった文献>

Donaldson,T. ana Dunfee,T .W.Ties That Bind : Approach Business Ethics,Harvard Business School Press, 1999.

<評者>

Fort,T.L. (ミシガン大学ビジネススク−ル所属)

<書評が掲載された雑誌>

Journal of Business Ethics,28-4, 2000

<簡単なコメント>

ハイパ−規範を中心に、統合社会契約論の意義が論じられている。必読の価値有り。





<書評の対象となった文献>

Werhane, P. and Freeman, R. (eds.),The Blackwell Encyclopedic Dictionary of Business Ethics, Blackwell, 1997.

<評者>

Gerde,V. (ニュ−メキシコ大学所属)
Swanson,D.(カンサス州立大学所属)

<書評が掲載された雑誌>

Business & Society, 39-2, 2000

<簡単なコメント>

ビジネス・エシックスが単に主流派哲学だけでなく、経営学、経営学教育、経営実践の主流の一角を占めはじめたことを示す「指標」となる文献。評者は、CD-ROM等の媒体を使って、より幅広い人々が利用できるようになることを希望している。





<書評の対象となった文献>

French,P. A., Nesteruk,J., Risser,D.T., Abbarno,J.A., Corporation in the Moral Community, Harcourt Brace Javanovich,1992

<評者>

Bowie,N.E. (ロンドン・ヒジネススク−ル)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 4-4, 1994

<簡単なコメント>

フレンチの「コ−ポレ−ト・モラル・エ−ジェンシ−・セオリ−」を簡潔に要約展開している点と、他のテキストでは論じられていない問題を学際的にかつ標準的なテキストの視点とは異なる観点から論じている点で、推薦に値すると、評されている




<書評の対象となった文献>

Petrick,J.A. and Quinn,J.F., Management Ethics : Integrity at Work, Sage, 1997

<評者>

Hedges,P.M.

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics , 3-4, 1999

<簡単なコメント>

倫理的マネジメントに必要な概念や理論を提供するだけでなく、それらの概念を実践やケ−ススタディに適用する機会を考えさせるという意味で、、幅広い学生を対象としたマネジメント教育に最適の文献である、との評価が与えられている




<書評の対象となった文献>

Petrick,J.A. and Quinn,J.F., Management Ethics : Integrity at Work, Sage, 1997

<評者>

Koehn, D. (St.Thomas大学所属)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 9-4, 1999

<簡単なコメント>

倫理と経営者能力をリンクさせることを目的として執筆された、通常のテキストとは趣を異にするテキスト。例えば、倫理理論が論じられているが、その趣旨は、理論的ニュアンスを解明したり特定の理論を全般的に批判することではなく、それらの理論が経営者能力をいかに高めるのかあるいは低下させるのかを検討することにある。




<書評の対象となった文献>

Hartman, E.M., Organizational Ethics and the Good Life, Oxford University Press,1996

<評者>

Bowie,N. (ロンドンビジネススク−ル所属。)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 9-4, 1999

<簡単なコメント>

規範的アプロ−チと実証主義的規範的アプロ−チの「対立」が言われ、その「統合」の必要性が望まれてきたが、現実にはそのような試みは遅々として進まなかった。本書は、倫理学とマネジメント研究(特に、戦略論・組織論)の統合を意図した「貴重な」作品として、評価されている。著者は、 功利主義的な意味ではなく、組織メンバ−の自己実現に貢献するという意味で good なものを提供するのが倫理的組織である、と主張。




<書評の対象となった文献>

Fritzsche, D., Business Ethics : A Global and Managerial Perspective , McGraw-Hill, 1997

<評者>

Gibson, K. (USAの Marquette大学所属。)

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics , 3-2, 1999

<簡単なコメント>

賄賂、差別、等々の問題に、これまでの類書が取り上げなかった視点から、すなわち、法律の役割、法とモラリティの関連、から解説したテキストとしと評価されている。但し、哲学者には受けないだろう、と評されている。



<書評の対象となった文献>

Cuilla,J.B., Ethics : The Heart of Leadership, Praeger, 1998

<評者>

Gibson, K. (USAの Marquette大学所属。)

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics , 3-2, 1999

<簡単なコメント>

今後のリ−ダ−シップ研究は、内在的にあるいは暗黙の前提として、倫理的な基盤を有するべきだ、と主張して、また同時にこれまでの研究で無視されてきた問題を取り上げたことで、リ−ダ−シップに関する現代の研究に「論争」を巻き起こす書として評価されている。



<書評の対象となった文献>

Maclagan, P., Management and Morality, SAGE, 1998

<評者>

Dickie, L. (オ−ストラリアの Curtin 技術大学ビジネススク−ル所属。)

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics , 3-2, 1999

<簡単なコメント>

組織的・個人的行動の倫理的次元を包括的に概観した書として有名。組織倫理に対するこれまでの伝統的な理論的アプロ−チに「挑戦」した(alternative)、実践的なアプロ−チの文献として位置づけられている。



<書評の対象となった文献>

Reichheld, F.F., The Loyalty Effect, Harvard Business School Press, 1996

<評者>

Haughey,J.F. (Loyola 大学所属。宗教倫理学専攻)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 7-4, 1997

<簡単なコメント>

この本がビジネスの世界で「流行」すれば、社会は大きな利益を得るだろう、と評されている。



<書評の対象となった文献>

Ross,J.C., Leadership for Twenty-First Century, PragerPress, 1993

<評者>

Gini, A..(Business Ethics Quarterly の編集長)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 5-1, 1995

<簡単なコメント>

ビジネス倫理学の立場からリ−ダ−シップを研究する場合、無視できない文献である、と高く評価されている。



<書評の対象となった文献>

Hausman,D.M. and McPherson,M.S., Economic Analysis and Moral Philosophy, Cambridge University Press,1996.

<評者>

Birebaum,J.(ヴァ−ジニア大学所属。)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 9-2, 1999

<簡単なコメント>

いままで等閑視されがちだった経済理論の規範的ル−ツの解明に取り組み、一定の成果をあげている、と評価されている。


<書評の対象となった文献>

Novak, M., Business as a Calling, Free Press, 1995

<評者>

Introcaso, D, M.(現在コンサルタントとして活躍。アメリカ史で Ph.D.を取得)

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 8-3, 1998


<書評の対象となった文献>

Novak, M., Business as a Calling, Free Press, 1995

<評者>

Andrews, W. H. (Steton大学所属)

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics , 2-2, 1998

<簡単なコメント>

社会の改善に貢献したいと願っている経営学専攻の学生に対して何を教えるべきか、と自問自答してきた評者が注目している文献。宗教倫理学的観点が一貫している点でも特異な「作品」である。


<書評の対象となった文献>

Richard L.Lippke, Radical Business Ethics ,Rowman and Littlefield Publishers ,1995

<評者>

Borkowski, S.C.

<書評が掲載された雑誌>

Teaching Business Ethics , 2-1, 1998

<簡単なコメント>

評者は著者の平等主義的パ−スペクティブが発達した資本主義国の基本的構造を「批判的」に検討する「武器」になりうる、と肯定的に評価している


<書評の対象となった文献>

Peter A. French, Corporate Ethics, Harcourt Brace College Publishers,1995

<評者>

Frank D. Jensen

<書評が掲載された雑誌>

Journal of Business Ethics, 17-12, 1998

<簡単なコメント>

評者によれば、あまりにも哲学的であった見地と非理論的立場の「溝」を埋めてくれる一冊


<書評の対象となった文献>

Roderick Kramer & Tom Tyler (eds.), Trust in Organizations:Frontiers of Theory and Rearch, Sage,1996

<評者>

John Darley

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 8-2, 1998

<簡単なコメント>

我が国でも、F.FUKUYAMAの著作の翻訳で「信頼」に関心が高まってきているが、これは1994年にスタンフォド大学で開催されたconferenceの報告を公刊したモノであり、今後このテ−マの文献が増加すると思われる。


<書評の対象となった文献>

Richard L.Lippke, Radical Business Ethics ,Rowman and Littlefield Publishers ,1995

<評者>

Sam O. Imbo

<書評が掲載された雑誌>

Business & Professional Ethics Journal, 15-4, 1996

<簡単なコメント>

Radicalの意味が気になる文献


<書評の対象となった文献>

Alex C.Michalos, A Pragmatic Approach to Business Ethics, Sage,1995

<評者>

Bill Shaw

<書評が掲載された雑誌>

Business Ethics Quarterly, 7-3, 1996

<簡単なコメント>

評者によれば、首尾一貫してプラグマチックな見地からビジネス倫理の主要な諸問題を検討したほとんど唯一の文献


<書評の対象となった文献>

Larue T. Hosmer, The Ethics of Management, Richard D. Irwin,1987

<評者>

Lisa H. Newton

<書評が掲載された雑誌>

Journal of Business Ethics, 7-12, 1988

<簡単なコメント>

哲学ではなく、MBAコ−スの学生を対象にして執筆されたモノ