■ひょうたん島大漂流記 伊藤 悟=著 飛鳥新社=刊 1429円+税

 
■本書の解説

 この一冊で『ひょっこりひょうたん島』のすべてがわかります。5年間放映された間の全ストーリー、全登場キャラクターはもちろん、番組を飾ったすてきな歌20曲の歌詞までわかります(当時の社会年表もついていて世相との比較もできます!)。その上、『ひょうたん島』を創った作家・人形劇団・声優・音楽担当者・ディレクターのインタビュー、さらには、島にまつわるフォークロア(なぜ動くかなどの7つの謎)まで、もりだくさん。この本を読めば、あなたは『ひょうたん島』の魅力のとりこになり、みんなに伝えたくなる、楽しいムック本です。

 

■井上ひさしさんの推薦文

 5年間、1日も欠かさずテレビの前に座って、「ひょっこりひょうたん島」のすべてをノートに書き取り、その後もひょうたん島の登場人物の一人といってもよいような人生を送っている人が、この本を書いた伊藤悟さんである。ひとりの人間の生き方を変えてしまうような物語を書いていたとは知らなかったが、しかし、考えてみれば作者にとってこれほどうれしいことはない。伊藤さん、ありがとう。共作者の山元護久さんも、生きていたらきっと同じことを言っただろう。

 

【ひょうたん島大漂流記 目次】

 ●巻頭口絵
 ひょうたん島・漂流写真史
(含・ひょうたん島・商品カタログ)
 序にかえて
 わかりやすい、ひょうたん島地図
 ひょうたん島・スタア名鑑
  第1部 □メインキャラクター編
  博士 チャッピ テケ ダンプ キッド ライオン サンデー先生 ダンディ トラヒゲ ガバチョ
  第2部 □サブキャラクター編
  魔女リカ トンカチーフ ムマモメム プリン しゅう長 コンチキ ブル元帥 ガラクータ
 ひょうたん島を創った人たち --今だから、語ろう--
  井上ひさし
  須田輸太郎+片岡昌
  宇野誠一郎
  雪正一
 ひょうたん島・漂流録
  伊藤悟メモによる1224回の航海記録をすべて再現!!
 ひょうたん島・七不思議
  どうして動くのか?
  着岸・離岸の方法は?
  子どもたちの親は?
  島民はどうやって生計を立てているか?
  なぜ日本語を話すか?
  なぜ女性キャラクターが少ないか?
  なぜこれほど印象的か?
 ひょうたん島・評判記 1964→1969
  ひょうたん島に関するニュースコレクション
 ひょうたん島の再放送を実現する会全記録
  --8年前行われた上映運動のあらまし
  主宰者・井上豊インタビュー
  NHK川原会長にあてた要望書公開
 ひょうたん島・ソングブック
  --ものみな、歌ではじまる--
  5年間まんべんなく歌われた歌、ベスト18(ひょうたん島テーマソング)
 ひょうたん島・幻の最終回(シナリオ全掲載)
  --ひょうたん島の最終回を覚えているだろうか?--
 あとがき
 【巻末付録1】全話タイトル辞典
 【巻末付録2】制作スタッフ一覧
        著者プロフィール


■「ひょうたん島大漂流記」のご注文方法
メール・電話・ファックス・いずれかの方法で、伊藤が主宰する「すこたんソーシャルサービス」までお申し込みいただければ、冊子小包にて即日発送いたします。料金は同封の郵便振替用紙でお支払いください。
TEL・FAX 047-432-7085(すこたんソーシャルサービス)
e-mail info@sukotan.com

Amazon.co.jp からも購入できます


 
ひょうたん島の本&CDへ戻る
HOMEへ戻る