伊藤悟の

 LAST UPDATE 2010/08/10

ひょうたん島 キャラクター
大漂流記1
大漂流記2
BOOKS

人形劇ガイド ひょっこりひょうたん島 2003

ひょうたん島から明日が見える

ひょうたん島大漂流記
ひょっこりひょうたん島熱中ノート
CD
ひょっこりひょうたん島ヒットソングコレクション
 
伊藤悟の「ひょうたん島大漂流記」へようこそ!
丸い地球の水平線に何かがきっと待っている 21世紀のキーワード「共生」をひょっこりひょうたん島から!

 
お知らせ 2010/08/10 up

ひょっこりひょうたん島の劇人形作家=片岡昌さんの展覧会:片岡昌展「超次元アートと『ひょうたん島』」が、池田20世紀美術館(静岡県伊東市)で開かれています。

▼期間2010年7月1日(木)〜10月5日(火)
▼場所池田20世紀美術館(静岡県伊東市)
▼開館時間:9:00〜17:00/休館日:7、8月無し 9月毎週水曜日
▼入場料:一般900円、高校生700円、小中学生500円
▽主催:(財)池田20世紀美術館、片岡昌アーカイブ・プロジェクト
▽後援:伊東市・伊東市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送、伊豆新聞社
▽協力:人形劇団ひとみ座
『ひょっこりひょうたん島』:(C)井上ひさし/山元護久・ひとみ座・NEP キャラクターデザイン 片岡昌
写真:アフリカン・マザー/2004年/作家蔵
■会期中、人形を操作できるワークショップやアーティストトーク、ギャラリートークを予定しています。日程など詳しい情報は「片岡昌さんの公式サイト」をご覧ください。

 
 
弔辞
 2010年4月9日夜、『ひょっこりひょうたん島』の作者のひとりである、井上ひさしさんが、肺ガンのために、75歳で亡くなられました。謹んで哀悼の意を表したいと思います。
 井上ひさしさんは、「手鎖心中」「吉里吉里人」といった小説や「父と暮せば」「人間合格」「夢の裂け目」などの戯曲はもちろん「井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法」といった著作など、もうここには書ききれないくらいの財産を残してくださいました。
 でも私たち『ひょうたん島』ファンにとってはとりわけ、私たちにこれまでずっと夢と希望を与え続けてくれた『ひょっこりひょうたん島』を書いていただいたことを決して忘れることはできません。
 誰にも思いつけそうもない奇想天外な展開、愉快で深いセリフ回しの数々、いろ〜んな人がいろ〜んな生き方をしていていいんだよと語りかけてくれるようなキャラクターたち……どれも、私たちに楽しい時間を与えてくれました。そしてそればかりではなく、私たちはそこから、生きる力さえ引き出すことができました。
 私も、自分らしく生きることや「共生」について『ひょうたん島』から教わり、苦しいことや悲しいことがあっても、「泣くのはイヤだ笑っちゃおう」とばかりに、「ひょうたん島スピリット」で切り抜けてきました。
 そして、私たちが「ひょうたん島スピリット」を持って、この混迷の世の中に光を見出すべく生きていくことこそが、井上ひさしさんへの追悼になると信じます。
 改めてお礼をします。井上ひさしさん、本当にすばらしい作品をありがとうございました。
キャラクターグッズ
キャラクターグッズ?
ユージン
DVD
海賊の巻/魔女リカの巻
アラビアンナイトの巻
グレートマジョリタンの巻/ドクター・ストップの巻/人間レコードの巻
ファンクラブ
ひょっこりひょうたん島ファンクラブ
伊藤悟 WORKS
 
 

46年前の1964年4月6日に、オリジナル版『ひょっこりひょうたん島』の第1回が放送されました。

◆『ひょっこりひょうたん島』は、まだまだ「漂流」を続け、今年もたくさんの展開があるでしょう。
みんなで応援を続けましょう!

 
ひょっこりひょうたん島/更新情報

【10/05/07】5月9日(日曜)午後1時35分から80分、NHK総合テレビ『NHKアーカイブス』で、「ひょっこりひょうたん島 井上ひさしの世界」と題して、『ひょっこりひょうたん島』が久しぶりにテレビの画面に登場します。「魔女リカの巻」は、地上波では初めて、という画期的なプログラムです。ぜひご覧ください。詳細は「こちら」からどうぞ。
▼ゲスト:須田輪太郎さん(人形劇作家・ひとみ座)、萩尾みどりさん(女優)
▼キャスター:桜井洋子アナウンサー
▼放送内容
ひょっこりひょうたん島「火事 2」
(1966年6月14日放送)
ひょっこりひょうたん島「魔女リカの巻 4」
(1996年5月2日放送)
NHKアーカイブスより、井上ひさしさんのインタビュー
(2003年6月8日放送)

【10/05/07】 4月9日に亡くなられた、『ひょうたん島』の作者のひとり、井上ひさしさんへの弔辞と、5月9日に放送される、NHK総合テレビ『NHKアーカイブス』「ひょっこりひょうたん島 井上ひさしの世界」のご紹介をアップしました。
【08/07/17】[東京新聞 2008年7月8日 朝刊]「1964-69年放送の NHK人形劇 『ひょうたん島』の5年間を記録」という記事をアップしました。【ひょうたん島ニュース】をご覧ください。
【08/07/17】7月1日から、8月31日まで神奈川県横浜市の「放送ライブラリー」で企画展示「ひょうたん島がやってきた〜人気人形劇の素顔〜」が行われています。8月21日には、ひとみ座の人形劇「ひょっこりひょうたん島・泣いたトラヒゲの巻」「復刻版・ひょうたん島バラエティー」が2回上演され、8月23日には、博士の声を担当した中山千夏さん、「ひょうたん島」の人形を作った片岡昌さん、「ひょうたん島」の原案を考えた武井博さんによる公開セミナー「ひょっこりひょうたん島の魅力を語る」が行われます(司会=伊藤悟)。ぜひおでかけください。詳しくは【ひょうたん島ニュース】をご覧ください。
【08/07/17】伊藤悟が静岡県沼津市から、「ひょっこりひょうたん島資料館プロジェクト」を進めていることで、第18期「燦々(さんさん)ぬまづ大使」に任命され(任期2年、再任)、沼津に関する情報発信元として活動することになりました。詳しくは、【ひょうたん島ニュース】をご覧ください。
【08/03/14】■3月16日(日)14時から、沼津市立図書館4階視聴覚ホールで伊藤悟の講演会があります。タイトルは「沼津は私の『ひょうたん島』」。燦々ぬまづ大使を約2年つとめて知った沼津の魅力と『ひょっこりひょうたん島』による街おこしの可能性について語ります。『ひょうたん島』のマル秘資料もお眼にかけます。[沼津市立図書館のサイトは「こちら」から、問い合わせは055-952-1234です]
【07/12/26】「i-mode で『ひょうたん島』を遊ぼう!」に10〜12月分の情報を追加しました。『ひょうたん島』のキャラクターにスポットを当てて、それぞれの「きわめつけ」画像が配信されています。ダンプ、プリン、ムマモメム、キッド、海賊4人組です。また、クリスマス用特別フレーム画像もあります。更新が諸事情のため遅くなって大変申し訳ありませんでした。
【07/10/15】「i-mode で『ひょうたん島』を遊ぼう!」に9月分の情報を追加しました。『ひょうたん島』のキャラクターにスポットを当てて、それぞれの「きわめつけ」画像が配信されています。9月は、サンデー先生、博士、チャッピ、テケです。
【07/09/11】「i-mode で『ひょうたん島』を遊ぼう!」に8月分の情報を追加しました。『ひょうたん島』のキャラクターにスポットを当てて、それぞれの「きわめつけ」画像が配信されています。8月は、ガバチョ、ダンディ、トラヒゲ、ライオンです。
【07/09/03】[毎日新聞 2007年8月13日 夕刊]「特集ワイド あいたくて 07夏 昭和の主人公たち ドン・ガバチョ ひょっこりひょうたん島」という記事をアップしました。熊倉和夫さん、中山千夏さん、伊藤悟のインタビューなども掲載されています。【ひょうたん島ニュース】をご覧ください。
【07/08/27】[静岡新聞 7月24日]「ひょっこりひょうたん島 生みの親 人形制作秘話を披露」&[静岡新聞 7月22日]「鬼太郎、トラヒゲがお出迎え 片岡昌さんの人形展始まる」という二つの記事をアップしました。【ひょうたん島ニュース】をご覧ください。
【07/07/31】「i-mode で『ひょうたん島』を遊ぼう!」に7月分の情報を追加しました。「海賊の巻」は夏休みで、いろいろな交流に活用できる「フレーム画像」が大特集されています。
【07/07/14】7月21日から、静岡県沼津市で『ひょうたん島』の人形デザインを手がけた、片岡昌さんの人形展「沼津御用邸記念公園・夏休み特別企画 片岡昌人形展〜ひょっこりひょうたん島の世界ほか〜」が開かれます。7月22日には、片岡昌さんと伊藤悟のトークライブも開催されます。ぜひおでかけください。詳しくは【ひょうたん島ニュース】をご覧ください。
【07/06/29】「i-mode で『ひょうたん島』を遊ぼう!」に5月後半と6月分の情報を追加しました。「海賊の巻」をちょっとお休みして、島民たちはエジプトへ出かけたようですよ。
※更新情報のバックナンバーは【更新履歴】をご覧ください。
 
ひょっこりひょうたん島/コンテンツ
ドン・ガバチョ ひょうたん島へようこそ!
博士 ひょうたん島ニュース
サンデー先生 ひょうたん島キャラクターグッズ
ライオン ひょうたん島データランド
ダンディ ひょうたん島の本&CD
ダンプ 伊藤悟とひょっこりひょうたん島
テケ ひょうたん日記
トラヒゲ ひょうたんリンク
伊藤悟 伊藤悟のプロフィール
E-mail
 since 2003.2.23. 
 お便りはこちらへ ito_hyoutanjima@excite.co.jp ホームページの感想・質問など、どしどしお寄せください!  

(C) 井上ひさし/山元護久・ひとみ座・NEP21 キャラクターデザイン:片岡昌

このサイトの画像および文章の無断転用を禁じます