電車でGO(暴走特急編)


JR宝塚線の大事故以来、電車の運行が予定時刻より遅れても、
「回復運転」をすることが無くなったように思う。

事故以前は、運行が遅れると列車のスピードは速くなったものだ。


事故を境にして変化があったものはもう一つある。
駆け込み乗車があった際にそれを注意する車内放送だ。

発車予定時間になりホームにベルが鳴り響くとともにドアが閉まりかけるが、
駆け込んで来た人がドアに挟まりそうになりながら車内に滑り込む。

大抵は、「駆け込み乗車は危険ですのでおやめ下さい」
といった内容のアナウンスが、ゆっくりと動き出した車内で流される、アレだ。


怪我人を出さずに安全に運行することは鉄道会社にとっては大切なことだし、
乗客にしても怪我をするのは本意ではあるまい。

しかし駆け込み乗車は無くならない。
何故だろう。

よく考えてみると、あまり危険ではないような気がしてきた。

ホームと線路の間に落差があるので走って転んで転落、という危険、
これはまだ電車が動き出していないので転落する可能性は少ない。

次に、閉まりかけたドアに身体を挟まれて大怪我という危険、
私自身挟まれたことがあるが、あまり痛くは無かった。

車内に乗り込むことができず、服の一部がドアに挟まれ、
そのまま電車が発車したために引きずられてしまう危険。

これは痛そうだ。

痛そうだが、車掌が最後尾からホームを監視しているのは、
この危険を防止するためと言っても過言では無いように感じる。

身体を挟まれた人がいればドアを開けてくれるのと同様に、
ホームで車体に密着してジタバタしている人に車掌が気付けば、
電車がそのまま発車することはまず無いだろう。

とすると、駆け込み乗車という行為はあまり危険ではない様に思える。


私がそんな考えを持ち始めたのは、きっかけがある。
宝塚線の事故が起きる以前の出来事だ。

朝、いつものように二日酔の状態で電車に乗り込み発車を待っていると、
これもいつものように駆け込み乗車があったようだ。

閉まりかけたドアがもう一度開き、暫く間を置いて再び閉まった。
動き出した電車の中で、アナウンスが流れる。

「発車間際の駆け込み乗車は、大変危険であるばかりではなく、
 列車の運行に影響を及ぼすことがありますので、お止め下さい」

ああ、これが本音なのだな、と感じた。

「駆け込み乗車をする乗客の危険」と「列車の運行への影響」、
この文章を読んでどちらが重要視されているように感じるだろうか。

駆け込み乗車をされるとドアの開閉に時間がかかり、
結果的にダイヤを守ることが出来なくなってしまう。

それが積み重なれば拷問のような日勤教育が待っている。
だから、駆け込み乗車はやめてくれ。


宝塚線の大惨事以降、このようなアナウンスを聞いたことはない。


競争によりスピードを追い求め続けた結果のあの事件は、
今の日本を象徴しているのではないだろうか。


生産効率を第一に肉骨粉を飼料としたことにより発生したBSE。
コストダウンの末に構造計算を偽装されたマンション。
企業の成長に執りつかれて逮捕された会社社長。


人間の欲望に限りが無いのと同様に、現代社会の競争には限度が無い。

その競争の渦に飲み込まれ、膨らみ続けた欲望は、
空気を詰め込みすぎた風船のように、ある日突然「パン」と破裂する運命にある。


日常生活に例えて言えば、酒に酔ってカレーの味付けをするようなものだ。


目の前には大きな寸胴鍋の中でカレーが良い匂いを漂わせている。
だが、もっと深みのある味を、香りを出したい。

タバスコ、ソース、何種類ものスパイスを投入し煮込み続ける。
隠し味にインスタントコーヒーもひと匙。

家族が寝静まった深夜、一人フラフラしながらカレーを煮込み続けた後、
満足がいったのかコンロの火を止め寝床に潜り込む。


翌朝、ひと足先に起きた家人に「カレーに何をした」と叩き起こされる。

「現代の競争社会がすべての元凶であって…」
「責任取って全部あなたが食べなさい」
「…ハイ」




教訓1:食べ物を粗末にしないこと
教訓2:酔っ払ってカレー鍋の前に立つのは危険
教訓3:駆け込み乗車はやめよう






目次へ