当山の縁起

 旧記を案じるに、中古、大日堂盛行庵と称し、醍醐三宝院の流派に属する真言密教の精舎として大住にその名を印しておりました。寛永15年(1638年)11月3日、当地岡村の澤井家の縁を引く喜見院日便上人〈京都本國寺の名僧で、奈良油阪蓮長寺中興開山〉が、その出身地岡村に、洛中の名刹曇華院宮や、三宝院門跡から寺領の分与を受け、本國寺第17世・鷲峰院日桓大僧正直筆の御本尊を頂き、日蓮宗法華寺を建立されました。後の寛政11年(1799年)の鐘楼堂再建の棟札には、曇華院宮・三宝院宮・旗本天野氏・澤井氏はじめ、村内外の氏名が連なっております。
 明治維新の鳥羽伏見の戦いの際には、曇華院宮が澤井家に避難され、当山に宮方の霊牌を安置して日々供養され、その所領を下賜されました。しかし大戦中の弱体化や農地解放に伴い、縮小を余儀なくされました。よって、平成3年(1991年)には、開山日便上人第350遠忌を迎え、37世功徳院日薩上人が本堂庫裡の再建を成就されました。また、平成14年(2002年)には、日蓮聖人立教開宗750年を迎え、38世現住職日梵は、境内地庭園整備・本堂庫裡空調整備を成就。檀徒も増加の一途をたどり、にわかに活気づいております。

交通案内 
    
    JR学研都市線 大住駅下車徒歩10分
    
    近鉄京都線
   新田辺駅から 
               京阪バス八幡行き 岡村バス停下車すぐ

    自 動 車    京奈和自動車道 田辺北IC近く

                       地図の中心の十印が法華寺です

近隣市町村 

八幡市・城陽市・宇治市・久御山町・井手町・精華町・宇治田原町・和束町・木津川市・枚方市