は今回更新ページ

 トップ ページへ

 妙高連峰最新情報

 山の画像を背景に

 山からひとこと

★ 火打山の植生復元

★ こんな物を作りました

★ 蟹江健一寄贈図書
 ナ ダ レ
スノーモービル乗り入れ禁止区域

築 田 博 略歴

1973年9月から2003年11月まで高谷池ヒュッテに管理人として入る。昭文社「山と高原の地図 ・妙高山 戸隠 雨飾山」調査・執筆

要望等がありましたら下記のアドレスへ連絡ください。

tukuda-h▲cd5.so-net.ne.jp

送信されるときは▲をアットマークに変えて送信ください。

 ナ  ダ  レ 

前山のナダレ

2006年1月28日に前山でナダレが発生し負傷者が出ました。下の写真は29日に撮影した現場です。尾根の南側で雪崩が起きています。この無立木の三角斜面は過去にもたびたび雪崩が発生しているところです。新雪時は南側ばかりでなく正面の急斜面、チャンピオンスキー場側の北斜面も雪崩の起きるところです。新雪時は十分注意してください。

1月28日の前山ナダレ現場

2006年1月28日の前山のナダレ現場

前山のナダレ図

前山のナダレ図 

赤の網掛けは2006年1月28日のナダレ  青の網掛けは特に注意するところ

ルートは赤線

  三田原山のナダレ

 三田原山はリフトを降りて最初の沢を渡るところから三田原山の南斜面に出るまでが要注意です。この沢は過去に大きななだれが発生しており沢を越えリフト側の平坦地までデブリが達している時があります。大量の降雪があり気温の低い時が要注意です。また新雪が降り弱層が出来た時も注意が必要です。

最初の沢

リフトを降りて最初の沢

正面右の鞍部からの沢と左の沢からのナダレに注意 撮影地点までデブリが来る

最初の沢を渡った対岸斜面を斜上する時も注意が必要

特に尾根に出る手前が最も危険

三田原山への最初の谷

青の網掛けがナダレの危険地帯 赤線はルート