火打山の風」は妙高連峰の最新情報をお届けします。山岳情報の参考にご活用ください

火打山の風 トップページ
カウンター
2019年3月21日

No.672

  • 里では雪が少なかったようですが、妙高の山では積雪量は平年並みです。春スキーが十分楽しめます。

  • 20日は天気も良く、気温も上がりそうなので一人で三田原山に。最上部のリフト降りると7〜8名が出発するところ。今日はみんなの後をのんびりとついて行く。三田原山稜線から池の峰を滑ろうか、頑張って涸沢を滑ろうかと思案しながら登る。稜線近くになり池の峰の斜面を見たら昨日のシュプール跡が多数 深く刻まれている。ここを滑るのは面白くない。涸沢なら人が入っていないと判断して涸沢下降点へ向かう。予想に反して涸沢ルートもシュプールだらけ。こんなはずでは無かったのに。雪は新雪がここ数日の天気でややザラメ状に変わり、表面がちょっと緩んだ滑りやすい状態。涸沢の中も腐れ雪になっておらず快適。笹ヶ峰に降りてから池の峰までの登り返しはこのルート最大の難点。スキー場に出てからのストップ雪が今回一番の悪雪だった。

3月20日 リフトを降りて最初の沢を渡る

3月20日 三田原山の登り 先行者が行きます

3月20日 高妻山と乙妻山

乙妻山の斜面も良さそうです

3月20日 三田原山稜線から見下ろす妙高火口原

3月20日 涸沢ルート下降点から三田原山山頂を見る

3月20日 三田原山稜線から見る金山・焼山・火打山

3月20日 金山の斜面 良さそうです