は今回更新ページ

 トップ ページへ

 妙高連峰最新情報

 山の画像を背景に

 山からひとこと

★ 火打山の植生復元

★ こんな物を作りました

★ 蟹江健一寄贈図書
 ナ ダ レ
スノーモービル乗り入れ禁止区域

築 田 博 略歴

1973年9月から2003年11月まで高谷池ヒュッテに管理人として入る。昭文社「山と高原の地図 ・妙高山 戸隠 雨飾山」調査・執筆

要望等がありましたら下記のアドレスへ連絡ください。

tukuda-h▲cd5.so-net.ne.jp

送信されるときは▲をアットマークに変えて送信ください。

火打山の風」は妙高連峰の最新情報をお届けします。山岳情報の参考にご活用ください

火打山の風 トップページ
カウンター
2017年12月6日

No.640

  • 天気が悪く、山に行けない間に本格的な雪になりました。スキーが出来るようになる合間に温泉へ。

  • 11月26日夜に家を出て奈良の長谷寺へ27日早朝着。一昨年に行った時は本堂外舞台が修理中で立ち入れず、今回はこの外舞台に立つためです。ついでに迫力ある朝の勤行にも参加します。しかし、この日の朝勤行は檀家の方の法要でいつもほどの迫力がなくで残念。長谷寺の後は和歌山県九度山の道の駅で富有柿を購入。ここの柿は安くて美味しい。ついでに近くの女人高野の慈尊院を参拝。このお寺は弘法大師 空海 の母が晩年過ごしたところ。ここから高野山に登って奥の院の参道を歩きました。ここも一昨年に来たのですが、この参道は半部しか歩いておらず、心残りでした。宿泊は龍神温泉の上御殿。ここは紀州の殿様が泊まるために建てられた宿とか。殿様の泊まった御成の間に泊まりました。

  • 28日は熊野本宮大社に車を置いてバスで熊野古道 中辺路の発心門王子に向かい、ここから本宮まで2時間ほど熊野古道を歩いた。泊まりは湯の峰温泉。ここのつぼ湯に入るのが今回の目的でしたが、順番待ちの時間がもったいなかったので断念しました。

  • 29日は十津川を遡って再び奈良に出ます。十津川沿いの道、谷が深く、なかなか改良されません。奈良の橿原に昼に着いて宿に車を置いてから電車で飛鳥駅へ。ここから鬼の雪隠、橘寺、石舞台、岡寺、飛鳥寺、甘樫丘と約四時間 途中から雨の中を歩いた。

  • 30日は朝食の後橿原神宮に参拝して一路家を目指しました。途中、中津川で下道の降りたのですが、栗きんとんを買えずに残念でした。

11月27日 長谷寺と言えばやっぱりこの階段

11月27日 今回外舞台にも立つことができた

11月27日 高野山 奥の院参道

11月27日 高野龍神ハイウエイのごまさん展望台から見る和歌山と奈良の県境山脈

全山が杉と檜の植林です すごい

11月27日 泊まりは龍神温泉 上御殿

11月27日 お殿様の泊まる部屋は上段の間

11月28日 熊野本宮大社に参拝

11月28日 中辺路 熊野古道

11月28日 こんなのどかな所も通る

11月28日 今回入りたかった湯の峰温泉のつぼ湯