初心者の初心者による初心者のための信用取引は
自分自身も初心者である管理人が、日々学んだ事を綴っていくサイトです。


信用取引って何?



いきなりですが信用取引ってなんでしょう?

一応このサイトは「初心者の・・・」と銘打っているので、
とりあえず信用取引ってなんなの?
というところから話を始めたいと思います。

まず、通常の株取引を「現物取引」と呼びます。

現金で株を買い、取引を行います。

当然ながら、必要なだけの現金を持っていなければ取引はできません。

それに対して信用取引とは、簡単に言えば
借金をして株の取引を行うのです。

借金とありますが実際にはお金だけでなく、
株を借りて売ったあとに買い戻す
「空売り」という取引も可能です。

信用取引を使えば、自己資金の3倍強の額を運用する事が可能になります。

株の損益は何%上がったとか下がったとかで判断するものですから、
運用資金が多いほど利益も損も大きくなってきます。

借金なんかして大丈夫なの?と思う方もいらっしゃるでしょう。
もちろんそれなりのリスクが存在します。

現物のみで取引をしていた場合、
万が一自分が株式を保有している会社が倒産した場合でも、
現在持っている資金を失うだけでマイナスになる事はありません。

ですが、信用取引を行っていた場合、自己資金以上の取引が出来てしまうため、
保有銘柄が倒産した場合、借金を負う可能性があります。


よく信用取引は危険だと言われるのはこの為です。

しかし、リスクが上がる反面、リターンも増えてきます。

何より、空売りという現物取引のみでは不可能な取引も存在するため、
うまく使えば、チャンスを増す事も出来るでしょう。


TOPへ