初心者の初心者による初心者のための信用取引は
自分自身も初心者である管理人が、日々学んだ事を綴っていくサイトです。


委託保証金とは



委託保証金というのは、いわゆる担保です。

この委託保証金を担保にして証券会社がお金や株を貸してくれるのです。
最低保障金(委託保証金の最低額)は30万円、
最低保証金(委託保証金率の最低)が30%と定められています。

簡単に言うと、信用取引には最低で30万円の資金が必要だという事です。

証券会社によっては最低保障金額や最低保証金率が
もう少し高かったりするところもあります。

委託保証金は証券会社に預けてある現金を割り当てる場合と
保有している現物株等を割り当てる場合があります。

これを代用有価証券といいます。
現物株以外でも、国債、投資信託等も代用有価証券として扱えます。

代用有価証券には掛け目(かけめ)というものがあり、
これを元に代用有価証券としての価値が決まります。

たとえば、
掛け目80%で
時価100万円の現物株を持っていた場合

100万 × 80% = 80万円
80万円が代用有価証券としての価値になります。

ちなみに代用有価証券になっている株の株価が下がると
委託保証金としての価値も下がってしまいます。

先程の例で言うと、
100万円の株価が90万円になった場合、
90万 × 80% = 72万円
になります。

逆に株価があがれば、当然委託保証金としての価値も上がります。

委託保証金の価値の増減によって追証が発生してしまう場合もあるので、
十分に注意が必要です。


TOPへ