VF−01M(S)シャーマン
博麗霊夢専用ストライクバルキリー

バンダイ(旧イマイ) 1/100
VF−1Sスーパーバトロイドバルキリー他使用

 たまにはコンテストとか雑誌投稿とか関係なく好き勝手気ままにアホなモノを作ろうというコンセプトで作ったバルキリー。
 といいつつ例大祭で展示する気マンマンだったり。

 事の発端はニコニコ動画で「東方キャラがロボットに乗ったら?」的な動画がちょくちょくあったのでそれを見て(「スーパー東方大戦」でタグ検索するとあります)、自分でも色々と考えた所「霊夢の使う武器ってバルキリーと似てね?」と思った為。

 ホントはハセガワので作ればもっと(無駄に)カッコイイ物が作れたんでしょうが、探した時にたまたま見つからなかった事と、ちょうど手頃な大きさのコレを偶然見つけた事が重なった為に旧イマイのキットをチョイス。

 ポリパーツが皆無で色々と不便ですが意外にプロポーションがいいので関節の後ハメ加工やポリパーツ化、市販パーツによるディテールアップだけでけっこうイケる・・・はずだったんですがねぇ。

 後ろ姿。

 本来翼は閉じているのですがミサイルやら反応弾を装備させる関係で広げる必要がでてきたのでこの部分だけアリイのガウォークから拝借しています。
 バカな作品のクセに無駄に手が込んでます。ここまでやったらマトモにフォッカー機か輝機作れよと言いたくなりますがそれは野暮ってモンですよ。常識に囚われてはいけないのです。

 ちなみに陰陽玉やギザギザ模様はキューズQさん所の霊夢デカールを仕様しています。ぶっちゃけキットよりデカールのが高いでス。

 あとブースターや脚のスーパーパックのバーニアは市販パーツです。ウェーブやコトブキヤの。いつもお世話になってます。

 バストアップ。

 首まわりも市販パーツで申し訳無い程度にディテールアップ。首自体もモールドを埋めたバーニア。

 顔は縦に細長い印象があったので中央に1ミリプラ板を挟んで幅増し。さらにアゴを削って短くしてます。
 額の赤くて丸いのは市販のリベット。キットだとシールで再現するため真っ平らですがやっぱここはひと手間加えて立体的に。
 カメラアイは付属のホイルシールでキラッ☆

 それにしてもギザギザ入るだけで一気に霊夢っぽくなるから不思議。

2連ビームキャノン「妖怪バスター」
 紫色のビームが出る。











「パスウェイジョンニードルガンポッド」
 針を高速で射出する。
 ちなみに横に書かれている文字は「HAKREI.S」。
 Hakurei Shrine 意味はまんま「博麗神社」。市販のドライデカール(インスタントレタリング)で再現。

反応弾「夢想封印」
 ぶっちゃけ小型の核弾頭。河童が授けた核のミラクルパワー。
 5ミリプラ棒と市販パーツでフルスクラッチ。ついでに通常ミサイルコンテナもプラ材で製作。

 コイツのせいで余計な手間が増えたのですがやっぱり霊夢といえば夢想封印という事で。

誘導装備「ホーミングアミュレットミサイル」
 お札が板野サーカスで豪快にカッ飛んでく。

 背面のビームキャノンをマイクロミサイルポッド兼ブースターに交換する事でスーパーバルキリーにもなれる・・・というかもともとこういう仕様。バンダイが再販する際にストライクバルキリーのパーツを加えたとか・・・でしたっけ?

 スーパーバルキリー背面。

 本来バーニアは二つしか付いてなくてスーパーがストライクのどちらかしか組めないようになってますが、バーニア接続部分を後ハメ加工して取り外しできるようにすれば好きなときに交換できます。

全弾発射「夢想天生」 テーレッテー

 出来るだけ自然に正面にガンポッドを構えられるように肩の関節を引き出し式にしてます。ついでに上腕、前腕共に2ミリ延長。おかげで妙に腕が長くなってしまいましたが気にしない。

 だいたいサフ吹き直前。

 実はメッキバージョンだったのでメッキを剥がす作業からスタート。よってこんな色。

 体の中の黄色いのは関節軸を差し込む為の受けとか、内部のポリパーツを固定しているポリパテ。

 肩、ヒジ、ヒザの関節は完全に挟み込み式なので後ハメ加工。

 上で書くの忘れてましたがガンポッドもアリイのガウォークから。キットよりも若干大きめ。
 手はコトブキヤのノーマルハンドA。

 背面ウィング部分。

 アリイのガウォークのパーツをそれっぽく加工。バーニア下の網目はコトブキヤのメッシュプレート。まわりを細切りにしたプラ板で囲んでます。

 ウィング接続部分で折れたり割れたり、可動式にするつもりがゆるゆるになって結局固定したりと今回一番のクセ物。

 ちなみに広げた状態だと肩パーツに干渉するので胴体の背中の面に2ミリプラ板貼って隙間を空けている・・・ハズですがやっぱり干渉します。何もしないよりマシですが。

 デカールの大きさが合わなかったのでブースター部分の陰陽玉は手書き。手順はこんなカンジ

1・まず全体を白く塗り、元になる円の半径の半分の半径の円をマスキングテープからくり抜き、写真左上のように貼る。

2・黒くする部分のテープを剥がす。

3・黒く塗ったらテープを剥がして、はみ出た黒を白で塗りつぶして境界面を整える。ついでに下半分の黒い円の中心に白い点をつける。

4・さらに黒いマジックで境界面をキレイに塗って、上半分の黒い点もつける。

 サークルカッターだと小さすぎて使えないのでディバイダー(両方が針になってるコンパスみたいな物)でくり抜いたのでテープの切り口がかなり汚いです。

 星母録れいむと一緒に。これでまた例大祭の賑やかしが一つ増えました。

 といってもコレ書いてる現在、サークル当選したかどうか分かってませんがね。落ちてたらお笑いですわ。