霊烏路 空

登場作品 東方地霊殿
       東方非想天則

 東方弾幕漢女(おとめ)シリーズ第4弾(勝手に命名)、地霊殿6ボスにして非想天則でまさかのプレイヤーキャラ昇格を果たした「おくう」こと霊烏路空です。ちなみに「れいうじ うつほ」と読みます。読めるか。

 ご覧の通りのスゴイ格好で実に立体栄えするデザインですね。そのせいかほぼ同時期でいろんな人がフィギュア化させてたり。ざっと確認しただけで4人はいましたから恐らくもっと居るでしょう。それだけ人気があるって事ですね。

 非想天則だとどこぞの聖帝やらガンダムみたいな動き、やたら高い火力、長身かつスタイルも良い立ち絵なのに一部で「チルノより酷い」とまで言われる程のバカっぷり(誰が呼んだか残念な美人)等など色々と話題が尽きなかったり。

 今回は地霊殿での原作絵、非想天則での立ち絵やドット絵を参考にしつつ自分なりの解釈を加えて製作してみました。よって人によってはイメージと異なる部分があるかも。

 後ろ。

 結構気合入れて羽を作りましたがほとんどマントで隠れちゃったり。

 髪型ですが普通にロングへアーにしましたが後になって霊夢みたいに部分的にポニーテールにしていると解釈してる人も結構多くてその辺差が出ますね。

 あと後ろ髪が原作だと体と羽の間に来てますがどうにも不自然に思えたので全部マントの後ろへ持っていきました。

 顔アップ。

 以前日記に載せた時と表情変更。とにかく明るく!と思いましたが塗ってみたら案外そうでも無かったり。

 ムネもデカイですがそれ以上に赤い眼も
デカイ。

 バスターライフル・・・もとい「第三の足」こと制御棒。神奈子に続きまたしてもビーム発射口。

 懐かしのドラクエバトルエンピツの装備品キャップに色々と加工を加えた物。棒の付け根に付いてる記号みたいなのは原作絵やらその他イラストを参考にしてそれっぽく。なんの記号なんでしょうねコレ?

 融合の足。

 非想天則のドット絵から「金属製のブーツ的な何か」かと思いましたが、こんなちゃんとした形じゃなくてもっとゴツゴツした、まさに金属の塊みたいなのが正解っぽい。

 分解の足。

 これも非想天則の、常にグルグル回ってる電子?を再現・・・したつもり。


 それにしてもスゴイ色に写っちゃったな。

 マントの裏地。宇宙っぽく。

 ちょっとアングルずらして撮影したもの。

 むしろこっちの方が良くないか?目線変えてこの向きをメインアングルにしてもいいかも。

 というワケで目線変えてみた写真と差し替えてみましたがどうでしょう?



 余談ですが一応地霊殿はイージーですがクリアしました。残機&ボム使いきってまさにギリギリの状態で。公式おバカと言われても実力はホンモノですね・・・というか、地霊殿ムズいのとワタシがヘタなのもありますが。