特別企画

 ガンダムエクシア製作日記(塗装編)

 さていよいよ最終段階、塗装作業に入りますが、その前に全てのパーツを中性洗剤(もしくは石鹸)で洗っておきます。手アカやペーパーの削りカスでいっぱいですから。いらない歯ブラシ等を使ってガシガシと念入りに。

塗装する

 まず塗料ビンを開けたら濃度のチェック。ドロドロしすぎていると塗りにくい上に筆ムラができやすいので、うすめ液で少しずつ薄めていきます。筆でかき混ぜると筆の寿命が縮むので別の棒で混ぜましょう。余分なランナーに試し塗りしながら調整するとよろしいかと。一度に薄めすぎると色が乗らなくなるので注意(未だによくやります)。濃度がちょうどよくなったらリターダーマイルドをほんのちょっと混ぜて(←ここ重要)塗料の準備は完了。
 ちなみに、普通はビンから塗料皿に移すのが基本ですが、めんどいのでワタシはビンから直に使ってます。

 で、コレは足の部分の塗装。まずは塗料が乗りにくいエッジ部分(尖ってる所)に細く色を乗せていきます。



 反対の足や別の部分も同じように塗ってるうちに乾くので、そうしたら全面を塗ります。幅の広い筆で一気に。細い筆で広い面をちょこちょこ塗ろうものならそれこそ筆ムラの素です。大胆かつ繊細にササッと。
 まず1回目は完全に発色させるのではなく、一通り塗料がついてればいいというレベルで。下地が透けるのはしょうがない事です。コレが乾いたら2回目を塗ります。完全に発色させるのはここから。写真は2回目の塗装が終わった段階。まだ微妙に透けているのでもう一回塗ります。

 また、塗ってる間にも塗料の溶剤分がどんどん揮発して濃くなっていくのでこまめに濃度調整しましょう。

(何度も言うけどワタシ流)

 胴体部分を一通り塗った所。グレーや青といった、濃い色は下地に影響されにくいので発色しやすいのですが、下地が青といった濃い色に赤のような鮮やかな色を塗る場合は、赤を塗る前に白を塗っておくとキレイに発色してくれます。胸のダクト等の黄色は下が白じゃないとまず発色しないでしょう(とにかく黄色の発色のしにくさはハンパじゃないです)。上から塗る時にあまり強く筆でこすると下に塗った白が溶けてくるので要注意。

 それと、乾燥中のパーツは色を塗らない部分(はめ込みピンやポリパーツ)を洗濯バサミで挟んで立てておいたり(倒れて危険だからやめとけってよく言われますが)、、両面テープを巻きつけた割り箸等にくっつけてどこかに立てておくなりして余計な所にくっつけないように。

スミ入れをする

 まだ塗ってない所もありますが、とりあえず全身塗って組んでみた状態。色の境目がハッキリしてなくてイマイチなカンジ。全体の形状も分かり辛いです。

 今からやるスミ入れは、スジ掘りや凹んでる部分に暗い色を塗って際立たせたり、ワタシみたいなマスキング無しの筆塗り派にとっては色と色との境界線をハッキリさせて見栄えをよくする為に行う作業です。

 塗装しない場合でもこの「スミ入れ」だけでもやっておくと仕上がりが全然違ってきますよ。

 今回はガンダムマーカーの極細タイプとふき取りタイプでやってますが薄めたエナメル塗料でやるのが一般的なうえにそっちのがラクだとか。そうだったのか・・・。

 さっきの胴体の写真に、凹んだ部分(逆エッジ)の色の境界線にガンダムマーカーでスミ入れをした所。線が思ったより太くなったのは予想外でしたが(使い込んでたからか?)これで色の境界線がハッキリしました。波打ってた境界線をマーカーの直線で隠したというワケ。もっと細い線なら自然な仕上がりになるのですが。横っ腹の赤に青がまだはみ出てますが、あとで塗りつぶせばOK。

 さらにスジ掘りや同じ色の逆エッジに、今度はふき取りタイプのガンダムマーカーでスミ入れした状態(胸周りの白い部分)。ペン先が筆ペンになっていて、細い溝も塗りやすくなっています。スミ入れしたい部分をおおまかになぞった後、乾く前にぼかしペンやエナメル溶剤を含ませた綿棒やティッシュで余分な部分をふき取っていきます。

 そもそもスミ入れは「その色より一段階暗くした色」でやるもので(白ならばグレーでとか)、「なんでも黒でやるのはクドい!」とよく言われますが正直好みの問題です。ワタシはハッキリくっきりさせたいので黒でやっちゃってます。でも今回の場合は極細ペンの線が太くなっちゃってちょっとクドくなっちゃったカモ。

トップコートで最後の仕上げ

 塗り残してた部分も全部塗り、スミ入れも全て完了。コレで完成〜といきたいところですが、使った塗料によってツヤが違っていたり妙にテカテカしているので、全身のツヤを揃えたり、表面を保護する目的でトップコートを吹きます。写真じゃよく分かりませんが、実物をみるとこの時点ではかなりテカテカです。

 ちなみに肩のマークは電撃ホビーマガジンに付いてた付録のシール。別のキットでも同じ事が言えますが、こういったシールやデカールを貼る時は余白をできるだけ少なくした方が仕上がりがキレイになります。よく切れるデザインナイフで丁寧に切り出しましょう。

 大体ワタシが好んで使うのは「ツヤ消し」。仕上がりがシブくなりますし、なにより筆塗りによってできる塗料の凸凹に反射する光が抑えられるので筆ムラが目立たなくなります。

 パーツごとバラして吹けば確実ですが、ワタシは組み立てた状態でそのまま吹いちゃいます。

 缶スプレーを吹く時に注意したいのが、一度に厚く吹き過ぎない事。吹き始めと吹き終わりは対象にかからないようにして、左から右へ(逆でもいいけど)腕を動かして少しずつ吹きつけるカンジで。

 ツヤ消しはあまり吹きすぎると吹いた部分が白く濁って今までの苦労がパーになっちゃいますので焦らず少しずつ、様子を見ながら作業しましょう。

 クリアーコートが完全に完成したらようやく完成ッ!お疲れさん!!

どうせならカッコよく飾れ!

 せっかく苦労して完成させたプラモですから、ビシッとカッコよく飾ってやりたいのが人の情。

 たまーに見るのが、せっかくキレイに仕上がってるのにポージングが左の写真みたくグダグダになってて台無しーってのがありますので、蛇足かもしれませんがワタシが心がけてる「飾り方」なんかもついでに紹介。

 逆を言うと、ちょっとばかしヘタでもポージング次第でカッコよく見えちゃったりもするわけで。

 またも登場この写真。ただ「立たせる」だけでもちょいと手を加えるだけで印象は随分違ってきます。

・脚〜腰にかけて
 脚全体は肩幅ぐらいに開き、足首は両方しっかりと地面につけて「大地を踏みしめている」イメージで。
 ヒザは少し曲げ気味にして、腰を少々前へ突き出し「S字立ち」を意識して。

・胸〜腕・肩
 雄雄しく凛々しく胸を張って。人もプラモも胸張ってりゃ少しはマシに見えてくるもんです。
 腕も少し開き気味にして、ヒジもちょっと曲げて力を溜めているかの如く。肩も上に上げていかり肩に。

・首
 普通に立たせるのならアゴを引いたほうがキリリとしてカッコイイです。変に上向いたり傾いたりしてるとなんかだらしない印象が。「ちょっと気だるいのがカッコイイ」なんてのは勘違いしてる中学2年生だけで十分です。
 写真の斜めのアングルから首だけ正面も向いてカメラ目線にするのもグー。

 武器を手にする時、それは敵と戦う時。

 武器を構える時は正面に敵がいることをイメージして、相手を正面から見据えるかの如く。大切なのは想像力。

 まぁ、単に武器持ってカッコつけてるだけでも十分絵になりますがね。この辺のポージングはその人その人のセンスで決まります。

 エクシアじゃないですけど、HGや1/100には銃もついてますのでついでに紹介。
 銃を構える時もやはり敵の存在をイメージして。銃口と目線を合わせると雰囲気出ます。

最後に・・・

 今回思いつきでやってみたこの企画、皆さんいかがでしたか?初心者向けの企画のはずが結構難しい事やっちゃったり、日記なのかエラそうなハウトゥ記事なのか微妙なカンジになっちゃいましたが、少しは参考になったでしょうか。コレを見て自分もプラモ作ってみたいなーって気になってくれればこれ至上の喜びですわ。
 イキナリ全身塗装とは言わずに、まずはキレイにパーツを切り出して素組みしてみるとか、少しずつ進んでいきましょう。失敗も当然あるでしょうが、今回の企画中ですらワタシもちょこちょことしくじったりしてますので、失敗は次へのステップだと前向きに捉えてどんどんチャレンジしていってくださいな。

ガンダムエクシア完成ギャラリーへ